【まとめ】時間貧乏とは?!まずは時間を作るところからはじめよう!!

8338社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

【まとめ】時間貧乏とは?!まずは時間を作るところからはじめよう!!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

毎日、お仕事で「忙しい日々」を過ごしている人は多いと思います。

「忙しい日々」に、問題がなければ良いのですが、多くの人は「焦りを感じる状態」や「追い込まれている状態」となり、それでも「時間が足りない」と感じるのではないでしょうか。

そして、そこから生まれるのが、「見落とし」や「作業漏れ」などの「失敗」です。

「焦りを感じる状態」や「追い込まれている状態」は、「落ち着いていれば起こらない失敗」が、起きてしまう原因となります。

「失敗」を防ぐ為にも、「焦りを感じる状態」や「追い込まれている状態」とならない工夫が必要があります。

「焦りを感じる状態」や「追い込まれている状態」とならない様にする為には、「余裕を持つ事」が必要となります。

「余裕を持つ」為には、「知識や技術を身につける事」が一般的となっています。

「知識や技術を身につける事」により、「作業効率が向上」し、「作業時間の短縮」となるからです。

しかし、忙しい日々の中で、「知識や技術を身につける事ができるのか?」と言われると、現実的とは言えません。

「忙しい日々」「焦りを感じる状態」「追い込まれている状態」は、そもそも「時間が足りない状態」となっています。

この「時間の足りない状態」を、「時間貧乏」と呼びます。

まずは、「時間貧乏」から脱出し、「余裕を持てる時間を獲得する」必要があります。

ちなみに、今回の投稿は「まとめ記事」となっています。

具体的な解決方法などについては、「過去の投稿」をご参照ください。

時間貧乏とは?

「時間貧乏」とは、「時間がない状態」の事です。

アレもコレもと、「やりたい事」や「やらなくてはいけない事」があるのですが、「時間がなくて、できない状態」です。

また、この状態が続くと、気持ちに余裕がなくなり、「追いつめられる感覚」となります。

これは、精神衛生上、「非常に良くない状態」です。

そして、「考える力」や「判断力」を鈍らせてしまう為、「失敗」につながる事となります。

「時間がある事」は、そのまま「余裕が生まれる」事となります。

「自分の精神の安定の為」にも、「失敗を回避する為」にも、「時間貧乏」とならない努力が必要となります。

自分で解決できる事

自分で努力して、「時間貧乏」から抜け出す方法となります。

この場合、「計画を立てる力」や「計画通りに行う事」など、「自分で自分の管理・調整」を行うようにします。

「自分自身の管理・調整」を行う事により「時間」を作り、「時間貧乏」の解消を目指します。

関連投稿

「自分で解決できる事」は、自分で動く必要があるので、難しいと感じるかも知れません。

しかし、影響は「自分自身のみ」となる為、気軽に行う事ができます。

まずは「やってみる事」が大切です。

自分で解決できない事

お仕事では、「自分で解決する事が難しい」場面が多いと思います。

お仕事は、基本的に「与えられる物」となっています。

この「与えられる物」が、「難しい物」「大量の物」など、「自分の能力を超えた作業」の場合、「時間貧乏」となる可能性が、高くなります。

この場合、「時間貧乏」を解消するにあたり、自分だけで、何とかしようとせず、「上司・管理者・同僚」を頼る事も、検討する必要があります。

関連投稿


そもそも、「そのお仕事が、本当に必要なのか?」という事は、実際に作業をしている人でないと、分かりません。

「目的や理由が不明な作業」「他の作業との重複」など、お仕事自体を整理する事も重要となります。

当然、自分だけでは判断をする事が出来ない為、「上司・管理者・同僚」の協力を得ながら、整理をして、「全体のお仕事の量を減らす」事により、「時間を得る」事ができます。

「時間を得る」事で、徐々に「時間貧乏」から抜け出していく事ができます。

たまには休息を取りましょう

「時間貧乏」となった時、一番不安なのが「肉体と精神の状態」となります。

確かに、自己管理の問題なのかも知れませんが、「時間貧乏」となっている状態は、「強制労働をおこなっているのと同じ状態」と考えてください。

したがって、いつも以上に「肉体と精神の状態」に気を配るべきです。

関連投稿

適度な休息は、「時間貧乏」による「失敗」を防ぐ効果があります。

最近、「失敗が多い」と感じる時は、「休息」をとる事をおすすめいたします。

スポンサーリンク

simacatより一言

慢性的に忙しい時、何もしなければ、その状態は変わらず、ずっと続く事となります。

「目の前のお仕事を片付ける事」は大切なのですが、その状態である事に疑問を持ち、「その状態を変えるような考え」を持って頂ければと思います。

そして、くれぐれも無理をしないようにして下さい。

「時間貧乏」となり、「肉体と精神」がボロボロになってしまうと、頑張る事もできなくなります。

「責任を持ってお仕事をする為」にも、「失敗をしない為」にも、まずは、「時間貧乏」とならないようにして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました