あの人の癖が気になる?!どうしても気になるなら思い込みで気をそらそう!!

8400社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

あの人の癖が気になる?!どうしても気になるなら思い込みで気をそらそう!!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「気になってしまう癖」を持った人と、お仕事をした経験は誰にでもあると思います。

気にしなければ良いのですが、一度、気にしてしまうと、どうしても見てしまいます。

その結果、お仕事に集中ができずに、作業が遅れてしまう事もあります。

誰かに相談をしても、共感を得られる事はあっても、「気にならなくなる方法」を得られる事は稀でしょう。

そして、「気になってしまう癖」には、少々気になる事があります。

それは、その「癖」がキッカケで、その人を嫌いになってしまう事です。

そして、「嫌い」と思っている間は良いのですが、「苦痛」を感じるようになると、「その場に居るのがイヤ」「その場所に行きたくない」と考えてしまうようになります。

「癖」が気になり、「お仕事に集中できない状態」ならまだ良いのですが、「気になってしまう癖の人」が原因で、「お仕事に行けなくなる」事は問題です。

「人の癖」が気になる前に、「人の癖」について考え方を決めておき、「思い込みで気をそらす」ように、準備をしておきましょう。

人の癖

「人の癖」には多くの物があります。

そして、「良い癖」と「悪い癖」が存在します。

しかし、「良い癖だから気にならない」「悪い癖だから気になる」といった事でもなく、どちらも「気になる癖」となったり、「苦手」と感じる可能性はあります。

ただ、「悪い癖」の方が圧倒的に「気になる癖」となる可能性が高く、「苦手」と感じる可能性も高くなります。

ちなみに「悪い癖」の例を挙げます。

  1. 舌打ち
  2. 貧乏ゆすり
  3. 独り言
  4. 口癖
  5. 咀嚼音(ソシャクオン:何か食べている時のクチャクチャとした音)
  6. 行動音(パソコンのタイピング音や机の引き出しの開け閉めの音)
  7. ため息
  8. 匂いを嗅ぐ(手や爪など)
  9. 鼻や耳をほじくる
  10. 指をなめる
  11. 笑う時に手を叩く


例えば、「良い癖」と言われている物で、「礼儀・作法・マナー」などがあり、これらは「気になる」ことはあっても、「苦手」と感じる事は少ないと思います。

しかし、「悪い癖」は、「その行動が不快」と感じる事が多く、だから「気になる事柄」となります。

そして、「苦手だから嫌い」「嫌いだから近づきくない」と、考えるようになります。

気になってしまう癖

どうしても「気になってしまう癖」がある時、気にしない方法はあるのでしょうか?

「苦手」や「嫌い」と感じてしまった時点で、「気にしない事」は非常に難しくなります。

なぜならば、「人は常に、良い環境に身を置く事を考えている」からです。

「良い環境」に対して、「苦手」や「嫌い」は、「良い影響」を与える事はありません。

したがって、「気になってしまう癖」を「無くさなくてはいけない問題点」として、認識し続ける事となります。

それでは、「どうする事もできないのか?」「ずっと気になり、不快は続くのか?」となります。

「完全に気にしない事」はできないかも知れませんが、「気をそらす事」は可能です。

もちろん、「気になってしまう癖の人」と距離をとれば、「無くさなくてはいけない問題点」は解消されます。

それが可能であれば、そうした方が良いのは、言うまでもありません。

しかし、「気になってしまう癖の人」と距離をとる事ができず、「無くさなくてはいけない問題点」が残ってしまう場合は、「気にしない事」を考えるよりも、「気をそらす事」を考えて、「苦手」や「嫌い」と感じる気持ちを抑えるようにしましょう。

その方が、現実的で、かつ、楽な方法といえます。

気をそらす方法

「気をそらす」為には、「思い込み」が必要となります。

どのような思い込みをするか、3つほど、ご紹介します。

1つ目は、「気になってしまう癖の人」は「人間ではない」と思い込む事となります。

「同じ人間」と考えているから、気になるのです。

「同じ人間だから、常識も同じ」と、自然に考えてしまうのです。

言葉も生態も違えば、「表現が変わる」のは当たり前となります。

カエルの鳴き方に文句を言っても、仕方がありません。

ミミズの動きを正せと言っても、正すのは不可能です。

だから「仕方がない」と、諦める方法となります。

2つ目は、「気になってしまう癖の人」を「人間として格下」と思い込む事です。

同じ人間でも、「格上」とか「同格」と考えているので、自然に「自分と比較」をしてしまいます。

「自分よりも格下の人間」と考える事により、「苦手」や「嫌い」と感じても、「許す」という発想が生まれます。

赤ちゃんが指をしゃぶっていても、泣いていても、「不快」と思うかも知れませんが、それ以上の気持ちになる事はないでしょう。

そんな赤ちゃんと、同程度と思う事です。

「同情」と言い換えても良いのですが、「可哀想な人」と思う事で、諦める方法となります。

3つ目は、「気になってしまう癖の人」を「教えてくれる人」と思い込む事です。

これは、「反面教師の考え方」となります。

「自分が不快に思う事」は、「他の人も同じように思う」と考えましょう。

自分も「同じ癖」を持つ事により、他の人に「苦手」や「嫌い」と、思われてしまうかも知れません。

それを防ぐ為に、「同じ癖」に、気をつける事ができるようになります。

これが、「教え」となります。

自分が他の人から、「苦手」や「嫌い」と思われる事柄を「教えてくれる人」と思う方法となります。

3つほど、「気をそらす方法」をご紹介しましたが、他にも色々と、方法や考え方はあります。

「人の癖」に自分が追い込まれないように、色々な考え方を持って、「苦手」や「嫌い」と感じた時は、「思い込み」で感じ方を変えて頂ければと思います。

スポンサーリンク

simacatより一言

人それぞれ、「気になる癖」はあります。

そして、もちろん、自分自身にも「癖」はあります。

「癖」は「個性」と言い換えても良く、全てを否定する事は、その人を否定する事となります。

しかし、人が見ていて気持ちの良くない、「悪い癖」は直すべきです。

「気をそらす」事も良いのですが、もし、指摘ができる関係であれば、指摘をしてあげてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました