仕事に飽きてしまった?!もう仕事をしたくないと思った時は刺激を探しましょう!!

8323社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

仕事に飽きてしまった?!もう仕事をしたくないと思った時は刺激を探しましょう!!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事は、同じことの繰り返しです。

同じ事を繰り返していると、「集中力」が切れてしまいます。

これが、「飽きている状態」です。

「飽きている状態」は、そのお仕事だけでなく、「生活」も、つまらなくさせてしまいます。

できれば、「飽きる状態」とならないような、お仕事の「やり方や考え方」をするべきです。

「飽きる状態」とならない為に必要な物が、「刺激」となります。

お仕事の中で「刺激」を探して、「飽きる状態」を防ぐようにしてください。

なぜ、飽きるのか?

はじめに、「なぜ、飽きてしまうのか?」を考えてみましょう。

理由は、「刺激がない状態」もしくは「刺激がたりない状態」となっているからです。

「刺激」とは、「状況や状態の変化」により、「興奮を得る」ことです。

「興奮を得る」ことにより、自分に対して、「何らかの反応」を感じます。

この、「何らかの反応」が、「飽きる状態」を防いでいます。

しかし、「刺激がなくなる」と、「反応を感じる事ができない状態」となります。

これが「飽きた状態」です。

お仕事で、「飽きを感じる時」の例を挙げます。

  1. お仕事が面白くない
  2. お仕事に不満を感じている
  3. この先も変化を期待する事ができない
  4. 良い評価や労い(ネギライ)がない
  5. 他のお仕事に興味がある

「何かを得る」「人から認めてもらえる」など、「前向きになれる事柄」で「刺激」を感じる事ができますが、これらがなくなってしまうと、「刺激」がなくなり、「飽きた状態」となります。

飽きた時

「お仕事に飽きた時、どうするか?」を考えます。

その前に、そもそも「飽きないようにする為の行動」をしておけば、「飽きた状態」となる事を防ぐ事ができます。

「飽きない」ようにする為のヒントを2つ挙げます。

  1. 深掘りや追求をする:他の誰よりも知識や技術を身につけるように行動する
  2. 特化しすぎないようにする:広い視野を持ち、色々な事に興味を持つ

ただし、これらの「やり過ぎ」は、「苦痛」を感じる事となります。

「苦痛」を感じない程度に行い、できれば「楽しみ」や「面白み」を見つけるようにしてください。

「楽しむ事」や「面白いと感じる事」が、「飽きる状態を防ぐ為の最大の武器」となります。

そして、「お仕事に飽きた時は、どうするのか?」となります。

「刺激を得る事」で、「飽きた状態」から抜け出せる可能性があります。

その為の行動をいくつか挙げます。

  1. イヤイヤでも良いので、仕事に集中をしてみる
  2. 仕事のやり方を変えてみる
  3. 目標を作る
  4. 業務内容の変更や部署の移動をする
  5. 転職する

それぞれについて、掘り下げます。

1.イヤイヤでも良いので、仕事に集中をしてみる

集中力を持続する事ができず、精神的に辛いとは思いますが、今まで気付かなかった事を見つけられる可能性があります。

今まで気づかなかった事は、「新しい発見」です。

この「新しい発見」は「刺激」となる為、「飽きた状態」から抜け出す事ができます。

2.仕事のやり方を変えてみる

今までの手順とは違う方法で、お仕事をおこないます。

新しい方法で、お仕事を行う事により、「新しい発見」を期待する事ができます。

そして、これも「新しい発見」による「刺激」となります。

3.目標を作る

目標を作る事により、その「目標へ向けた取り組み」をおこない、これにより、「刺激」を得る事ができます。

しかし、「お仕事に飽きた状態」で、その、お仕事に関係する目標を作っても、「目標へ向けた取り組み」を続ける事ができず、「少し、おこなっては、すぐに飽きる」を繰り返す状態となる可能性があります。

ここでの目標は、もっと手軽な事で構いません。

「飽きてしまったお仕事」を「5分間、続けて頑張ってみる」などです。

ポイントは「必ず実現が可能な目標」とする事です。

「目標を実現する」事で、「達成感」が生まれ、それが「刺激」となります。

4.業務内容の変更や部署の移動をする

「お仕事の内容や環境を変える」事は、「大きな刺激」となります。

しかし、これを自分でおこなう事は、ほとんどできません。

上司や管理者に相談をして、そして理解を得て、適切なタイミングで行われる事となります。

したがって、時間がかかる事を理解しておく必要があります。

ただし、「お仕事に飽きた原因」が、「良い評価」や「労いがない」などの場合は、注意が必要となります。

そもそもが、「そのような価値観の会社」なのです。

お仕事の内容や環境が変わっても、「良い評価」や「労い」に、それほどの変化はないと思われます。

5.転職する

思い切って、今のお仕事を辞め、別のお仕事を探す事で、「お仕事の内容や環境を変える」事ができます。

しかし、これは「本当にやってみたい事」がない限り、おすすめする事はできません。

「飽きた状態」は、言い換えると「慣れた状態」です。

転職をする事は、たしかに「刺激」となるのですが、「慣れた状態」を捨てる事となります。

転職の結果、場合によっては、「居心地が悪くなる」事も考えられます。

転職は、悪い事ではないのですが、その理由が「ただ、飽きたから」の場合、「後悔」をしたり、「不満」を感じたりする可能性が高くなります。

もし、転職を選ぶのであれば、「飽きたから」以外の理由も、見つけておくべきです。

スポンサーリンク

simacatより一言

まず、「飽きた」と思った瞬間、「休憩」をとるようにしてください。

「休憩」する事により、集中力が回復し、「飽き」を消し去る事ができるかも知れません。

それでも、「飽き」が続くと、最終的に、お仕事をする事が苦しくなってきます。

もし、お仕事が苦しく感じてきたら、少し「不真面目」や「いい加減」を取り入れても良いと思います。

他の人に迷惑をかけない程度に、少しふざける事で、「楽しみ」や「面白み」が復活し、「飽きた状態」から、抜け出せるかも知れません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました