お仕事選びの基準とは?!やりたいお仕事?!やれるお仕事?!やりたくないお仕事?!

9968ビジネスコラム
simacat.com
スポンサーリンク

お仕事選びの基準とは?!やりたいお仕事?!やれるお仕事?!やりたくないお仕事?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事を選ぶ時、なにを基準にしますか?

基本的には、「やりたいお仕事」を基準にすると思います。

「やりたいお仕事」は、「将来の夢」や「憧れている事柄」から、考えを膨らませると思います。

しかし、これは「将来の夢」や「憧れている事柄」があるから、できる「考え方」となります。

「将来の夢」や「憧れている事柄」があっても、それが「やりたいお仕事」に結びつかない場合があります。

また、そもそも、「将来の夢」や「憧れている事柄」が思い浮かばない場合もあります。

これは、「やりたいお仕事が分からない状態」です。

この「やりたいお仕事が分からない状態」の時、「お仕事を選ぶタイミング」が、遅れてしまう場合があります。

この「お仕事を選ぶタイミング」が遅れる事により、「選択できなくなる」可能性が高くなります。

「選択できなくなる」とは、「おこなえない事柄や、できない事柄が、お仕事となる可能性がある」という事です。

これを避ける為には、「おこなえない事柄」や「できない事柄」を考えて、「やりたくないお仕事の基準」を作っておくべきです。

「やりたいお仕事」を考える前に、「やりたくないお仕事の基準」を考え、そのお仕事を「除外」する必要があります。

選べなくなると焦る

何事でもそうですが、「選べなくなる事」で、人は「焦り」を感じます。

そして、「焦り」を感じている時は、「正常な判断」ができなくなります。

これを、「お仕事を選ぶ時」で考えます。

「正常な判断ができる時」は、「やりたくないお仕事」をはじめに除外します。

しかし、「焦り」を感じている時、「無理矢理」、お仕事を決めてしまう事があります。

この「無理矢理」とは、「やりたくないお仕事」でも、「なんとかやれる」「やればできる」と考えてしまう事です。

それでも、「好きな部分」が見つかる事はありますし、「得意な事」となるかも知れません。

しかし、それは非常に稀な出来事です。

ほとんどの場合、お仕事は長続きしません。

そして、同じような考え方で「転職」をしますが、これも「同じ結果が繰り返される事」となります。

そうすると、「自分自身を誤解してしまう」事となります。

これは「自分には堪え性がないから」「自分は飽き性だから」など、「自分を否定する考え方」です。

そうではありません。

そもそもの原因は「焦り」で、これが考えを鈍らせてしまったのです。

したがって、「焦り」を感じないように、事前に「自分の情報」を知り、「選択ができる状態」で、お仕事を選ぶ必要があります。

知るべき自分の情報

そもそも、「やりたくないお仕事」を続ける事に無理があります。

「おこなえない事柄」「できない事柄」は、それ自体が「つらい思い」となります。

お仕事で、日常的に「つらい思い」をする為、気持ちは暗くなり、「前向きな考え」ができなくなります。

したがって、「やりたくないお仕事」をして、「つらい思い」をする前に、「おこなえない事柄」や「できない事柄」を知っておく必要があります。

「おこなえない事柄」「できない事柄」は、「自分の本質の部分」となります。

「自分の本質の部分」となるので、「将来の夢」や「憧れている事柄」以上に、「知るべき自分の情報」となります。

なお、「おこなえない事柄」や「できない事柄」を減らしていくのは、「重要な事」となります。

ただし、この時に問題となるのは、日々のお仕事での「つらい思い」となります。

しかし、この「つらい思い」を弱らせるのが、「将来の夢」や「憧れている事柄」となります。

無理をおすすめする事はできませんが、「将来の夢」や「憧れている事柄」に向けて努力をする事は悪い事ではありません。

「おこなえない事柄」や「できない事柄」を減らしていく事は、「成長」となります。

「成長」とは、「自分の情報を更新する事」と言い換える事ができます。

やれるお仕事を考える

「やれるお仕事」を考える時、「消去法」を利用してください。

「消去法」とは、「可能性の低いものから消去をして選択をする事」となります。

世の中には、様々な種類のお仕事があります。

そして、自分にも、「得意と不得意」があります。

通常は、自分の「得意」を考えて、お仕事を考えるでしょう。

しかし、これが「選択の幅」を狭くしてしまう原因となっています。

お仕事が不採用となった時、「次」「次」と徐々に、「選択の幅」を広げていきます。

この「選択の幅」を広げる事を、「諦め」や「妥協」と感じる人も多いと思います。

そして、この「諦め」や「妥協」により、「自分を否定する考え方」が生まれます。

「選択の幅」を広げていく事は悪い事ではないのですが、「自分を否定する考え方に悩まされる危険性」「選べなくなる危険性」が存在する事となります。

そして、これが「焦り」の原因となります。

これを回避する為には、はじめから「選択の幅を広げておく事」で対処をしてください。

お仕事選びをする時、「得意なお仕事」ではなく、「不得意なお仕事」を消去していく「消去法」をつかう事で、「選択の幅」は広がります。

この「消去法」では、「やりたいと思うお仕事」よりも、「やれると思うお仕事」を考える事となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「不得意」な事柄でも、「やりたいお仕事にしたい」と考える事に、問題はありません。

しかし、「得意」になるまでに、「時間がかかる」事を忘れないでください。

まわりの人と自分を比べてしまうかも知れません。

そのような状況だと、「自分を否定する考え」が生まれる可能性があります。

この場合、「不得意の中」でも、なにか「得意な事」を見つけてください。

「得意な事」を少しずつ増やしていく事で、「不得意」を克服できるかも知れません。

なお、それでも「つらい」「厳しい」と感じる事が続く場合は、いつでも次のお仕事に向けて、行動をとれるような「備え」を用意してください。

その「備え」があると、「自分を否定する考えが生まれた時の逃げ道」となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました