悩みがある時の解消方法とは?!ネット検索で解決に向けたヒントを見つけよう!!

10528ビジネスコラム
simacat.com
スポンサーリンク

悩みがある時の解消方法とは?!ネット検索で解決に向けたヒントを見つけよう!!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

誰にでも、「悩み」はあります。

「今はない」と思っていても、次の瞬間に、「悩み」が生まれる可能性があります。

「軽い悩み」なら、放置しておくのも「解消方法」となります。

しかし、「重い悩み」は、できるだけ早く「解消方法」を見つけて、「解消に向けた行動」をとるべきです。

そうしないと、「悩み」の事ばかり考えてしまい、「仕事や日常生活に影響する」事となってしまいます。

本来は、「相談できる人に話す」「相談できる場所に行く」など、できるだけ早く「行動」をとるべきです。

しかし、ほとんどの人は、まずは「自分で考える」事をするでしょう。

しかし、「自分で考える」事をしても、「解消に向けた行動」は思いつきません。

なぜなら、「解消に向けた行動」が思いつくなら、「悩みとなっていない」からです。

したがって、「自分以外の誰かに、頼らざるを得ない」事となります。

そして、この時、気軽に利用できるのが、「ネット検索」となります。

ネット検索をする事で、「他の人の意見」「専門家の意見」を知る事ができます。

もちろん、「検索結果を盲目的に信じるのは、危険な事」なのですが、「解消に向けた行動の参考情報」をより多く、手にする事ができます。

とはいえ、今のご時世、「ネット検索」なんて誰でもおこなっていると思います。

しかし、「悩みが解消できない人が、大勢いる」のが、現実です。

理由は、「検索キーワードに誤りがあるから」です。

「自分の悩み」を正しく「検索キーワード」とする事で、「解消に向けた行動の参考情報をより多く、手にする」事ができます。

検索キーワード

「ネット検索」を行うためには、「悩みを検索キーワード」にする必要があります。

この「検索キーワード」により、「目的の情報を絞り込む事」ができるからです。

これも、誰もがご存知だと思います。

それでは、「検索キーワードをどう作るか?」となります。

  • そのまま悩みを文章にして、検索キーワードとする
  • 悩みの主語や名詞や動詞を検索キーワードとする
  • 悩みが発生した環境、行動、状況を検索キーワードとする

掘り下げます。

例えば、「上司がやたらと話しかけてきて、ウザ過ぎて精神的にまいっている」事が、「悩み」だとします。

はじめの「そのまま悩みを文章にして、検索キーワードとする」です。

そのまま「上司がやたらと話しかけて、ウザ過ぎて精神的にまいっている」となります。

なお、「自分の悩みの状況」を文章にしなくてはいけない為、「自分を客観的に見る事ができる視点」や「文書力」などが必要となります。

次は「悩みの主語や名詞や動詞を検索キーワードとする」です。

これは、「上司」「話しかけてくる」「ウザい」「まいっている」などとなります。

この形が、「検索キーワード」として、多く利用されています。

検索サイト側でも、この形で情報がストックされているので、「検索の結果」も豊富に表示されます。

最後に、「悩みが発生した環境、行動、状況を検索キーワードにする」です。

これは、「そのまま悩みを文章にして、検索キーワードとする」でも、「悩みの主語や名詞を検索キーワードとする」でも、満足ができる情報が得られない場合に利用します。

「上司」という言葉が出てくるので、「会社で起きている事」が想定されます。

したがって、「会社」を「検索キーワード」に使用します。

そして、「やたらと話しかけてくる」という行動から、「しつこくされている行動」が想定されます。

したがって、「しつこい」を「検索キーワード」に使用します。

そして、「精神的に参っている」という状況から、「辛い状態」が想定されます。

したがって、「辛い」を「検索キーワード」に使用します。

このように、「検索キーワード」を工夫する事により、満足できる情報を得られる可能性が高くなります。

さらに、もう一工夫として、すべてのパターンの「検索キーワード」の先頭に、「解消」や「悩み」などを入れるのも、良いと思います。

なお、注意点があります。

それは、「検索した結果の一つ目だけをあてにしない事」となります。

検索結果には、色々な人の考えがあり、どれも貴重な情報なのですが、「自分の悩みの全てが一致している情報」ではありません。

もちろん、「答えでしかない情報」もありますが、「それまでの経緯」が同じとは限りません。

したがって、「検索結果の上位20個ほどの情報」から、「自分の悩みに一番近い物」を「解決に向けた行動の参考意見」にするべきとなります。

情報が見つからない

いくら「検索キーワード」を工夫しても、情報が見つからない場合があります。

これは、「本当に存在しない」、もしくは「検索キーワードに誤りがある」となります。

「技術的な事柄」「専門的な事柄」「特殊な事柄」については、「本当に存在しない」可能性があります。

しかし、「人の気持ちや行動」については、必ず関連する情報は存在します。

「ネット検索」をして、「情報が見つからない」時は、「検索キーワード」が「本当に悩みと一致しているのか?」を整理してください。

実は、「自分は、こういう答えが欲しかった」と考えていた「検索キーワード」と、実際に利用した「検索キーワード」が、異なっている場合があります。

言葉

「検索キーワード」を考えるにあたり、「言葉」が必要となります。

この「言葉」を知らないばかりに、「悩みの解消のヒント」を見つける事ができない場合があります。

これは、「自分が感じている気持ちを言葉で表現する事ができないから」となります。

「言葉」を知る為には、「努力」が必要となります。

「努力」と言っても、決して無理な事ではありません。

「普段の会話」「読んだ本」「ニュースの記事」などで、「良くも悪くも、自分が気になる言葉を調べる習慣を身につける事」となります。

普段から、「言葉を気にする必要」がありますが、この習慣を身につける事により、「言葉」を知る事ができます。

できるだけ多く、「自分の状態を表現できる言葉」を身につけてください。

ちなみに、これは「技術的な事柄」「専門的な事柄」「特殊な事柄」も同様となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「検索キーワード」の作成や工夫は、慣れる事ができます。

検索をして、欲しい情報を得る体験をかさねるごとに、検索にかかる時間も少なくなります。

そして、「検索上手」になると、「知識を得るまでの時間が短縮される」事となります。

ぜひ、ネット検索に慣れて頂きたいと思います。

ちなみに、多くの「悩みを解消する情報」を得る事ができても、最終的にどれを利用するのかは、「自分自身の判断」となります。

もちろん、「得られた情報」を組み合わせても、問題はありません。

より多くの「解消に向けた情報を得る事」が、「ネット検索」を行う目的となります。

そして、「ネット検索」の結果を踏まえて、「人に相談する事」も悪い事ではありません。

自分に都合の良いように、「ネット検索」を利用するようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました