仕事の嫌がらせを仕返ししても意味がない!やる気に変える事で成長しよう!!

【PR】スポンサーリンク
2111ビジネスコラム
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

仕事の嫌がらせを仕返ししても意味がない!やる気に変える事で成長しよう!!

はじめに

仕事をしていると、思わぬ所で思わぬ人から、嫌がらせを受ける事があります。

自分には心当たりが無い場合が多いです。

嫌がらせは、単なるストレス発散を目的としている場合もありますし、本当に落とし入れる事が目的の場合もあります。

いずれにしても、迷惑な行為でし、陰湿な行為でもありますので、即刻、止めるべきです。

しかし、人間は育った環境によって、深く考えずに陰湿な行為をする方がいるのも事実なのです。

その様な方に対して、腹が立つのは分かります。

しかし、そのままやり返してしまうと、最悪は嫌がらせの繰り返しが起こります。

陰湿な行いの繰り返しは、非常に無意味な行動ですし、人間性を落とす行為です。

嫌がらせに対して嫌がらせをするのでは無く、その陰湿な行為をキッカケに、自分を成長させる「やる気」に繋げて行きましょう。

「やられたからやり返す」単純な嫌がらせの応戦では意味がない

なぜ嫌がらせを受けるのか?原因を知ろう

大抵は心あたりがないでしょう。

心当たりが無いので、原因を知るのは非常に難しい事だと思います。

しかし、キッカケがある筈なのです。

嫌がらせが始まった時期に、自分がどの様な行動をとっていたのかを振り返って見ましょう。

振り返った結果、もし自分に落ち度があったと気付いたら、「教えてくれて有難う」と素直に感謝し、今後は同じ様な行動を避ける様にしましょう。

行動を見直す事で、嫌がらせも徐々に減って行くと思われます。

嫌がらせを受ける事で自分がどの様になるのか考えよう

嫌がらせを受けても、自分の心や体に、特に変化がなければ、考える必要はありません。

しかし、大抵の方は、嫌がらせを受けていると、人間が信じられなくなります。

いわゆる「人間不信」の状態となるのです。

そして、気持ちが落ち込み、「嫌がらせを受ける場所には行きたいくない」と思う様になります。

しかし、その場所に行かなくてはいけませんし、行くとまた嫌がらせを受けます。

この繰り返しがストレスとなり、徐々に心が病んで行きます。

もう「嫌がらせに向き合う事ができない」と感じたら、無理に向き合うのは止めましょう。

仕事であれば、部署の移動や転職を視野に入れた行動に移るべきです。

ちなみに学生であるならば、無理に学校へ行くのは止めましょう。

嫌がらせを平気でする様な人がいる場所に居ても、ストレスが溜まるばかりです。

もっと、自分が楽になれる場所を探すべきです。

嫌がらせの手段に感心をしよう

嫌がらせが気にならない、もしくは嫌がらせに耐える事ができている場合は、嫌がらせの「手段」を振り返ってみましょう。

嫌がらせの手段は沢山あります。

その一つ一つを「する方」と「される方」の視点にて、客観的に眺めてみます。

この客観的に眺める行為で、嫌がらせをする人の発想力に、感心をする事ができます。

人の悪い所を見つけるよりも、人の良い所を見つける方が難しいとされています。

嫌がらせの手段に感心をする事により、心に余裕も出てきます。

嫌がらせをする人を超えた能力を身に付けよう

嫌がらせをする人の劣る点を知ろう

嫌がらせを受けていると、「何故その様な事をするのだろう?」という考えに取り憑かれてしまいます。

前述しました通り、「何故」については解決している筈なので、いつまでも同じ事を考えるのは止めましょう。

それよりも、「嫌がらせをする方」について考えるべきです。

その方をよく観察して弱点を見つけましょう。

弱点と言っても肉体的な部分では無く、精神的な部分や能力の部分です。

例えば「我慢ができない」とか「文章を書くのが下手」などです。

嫌がらせをする方の、精神的に弱い点や苦手な作業などを把握するのです。

嫌がらせをする人に劣る点で勝ろう

嫌がらせをする方の人間性を疑うべきです。

そして、もし、この様な方に劣る部分があるならば、その点を悩むべきです。

そして、劣る部分について、一つでも勝る様に勉強をしましょう。

嫌がらせを受けても、耐えている時点で忍耐力はある筈です。

嫌がらせと言う負の行いを「やる気」に変えて、精神面でも技術面でも成長をしましょう。

その後、無理にその場に残る必要はありません。

精神面でも技術面でも成長した人は、どこへ行ってもやっていけるのです。

自分の未来の為に「嫌がらせ」を階段を上がるステップの一つとして考えてください。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

学校でもイジメがあります。

そのイジメをしたいた子供たちが大人になるので、当然、社会でもイジメはおこります。

避けられれば良いのですが、狙われてしまうと逃げるのは厳しいです。

しかし、絶対に無理はしないでください。

絶対に逃げる事はできます。

その為に諦める事もあるかも知れませんが、自分の心を諦めるよりはマシです。

自分の心が生きているなら、いくらでもやり直しはできるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました