うるさい?!嫌い?!お仕事をする時に隣の席の人を不快に感じてしかたがない?!

10974社会人へのアドバイス
10974
スポンサーリンク

うるさい?!嫌い?!お仕事をする時に隣の席の人を不快に感じてしかたがない?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

オフィスでお仕事をする時、ほとんどの人には「隣の席の人」がいると思います。

逆に孤立した席を利用している人の方が珍しいと思います。

「隣の席の人」に何も感じなければ、問題はありません。

むしろ、それは快適にお仕事をおこなう環境とも言えます。

しかし、「うるさい」「気に入らない」など、「自分にとって不快な事」があると、それは「気になる事」となります。

そして、「気になる事」があると、イライラしてしまい、お仕事に集中ができなくなります。

この場合、「上司や管理者に席替えの相談をする」というのが、一般的な解消の方法となります。

しかし、「席替え」をした所で、「たいして距離は変わらない」場合があります。

「席替え」が難しいならば、「上司や管理者に指導をして頂く」という方法もあります。

しかし、「不快に感じているのは自分だけ」という場合があります。

この場合、「上司や管理者」は、何を指導したら良いのかが分かりません。

逆に、「堪え性がない」などと指導を受けてしまう可能性があります。

仮に「上司や管理者」が、「指導の必要性」を感じたとしても、すぐに解消される事に期待をする事はできません。

理由は、相手が「人」だからです。

「人」はすぐに変わる事はできません。

また、「上司や管理者」に指導されても、変わるとは限りません。

とはいえ、「自分にとって不快な事」が続く毎日は憂鬱ですし、お仕事の進みも悪くなります。

「上司や管理者」にお願いをしつつ、自分でも何か対策をする必要があります。

[スポンサーリンク]

隣の席の人が気になる

「隣の席の人が気になる」とは、すでに「自分にとって不快な事」が続いている状態だと思います。

1回や2回程度の「不快」は、耐えて我慢をする事はできます。

しかし、お仕事に集中ができなくなるほど、「隣の席の人が気になる」場合、これは「耐える事」「我慢をする事」が限界となっています。

朝、起きる時、「今日も不快な思いをするのか?」と考えてしまう。

出勤途中でも、「今日も不快な思いをするのか?」と考えてしまう。

ここまで、考えてしまうようならば、「上司や管理者」に相談をするべきです。

そして、「上司や管理者」の動きがあるまでは、お仕事をしていて「気になる」と感じたら、できるだけ早く、席から離れてください。

「いつでも逃げる事ができる」という考えが、「不快」を和らげてくれます。

そして、これは「可能であれば」となりますが、「自分にとって不快な事をする人と仲良くなる」という方法があります。

「不快な事を何故するのか?」の解明にもなりますし、何よりも「不快である事」を本人に訴えやすくなります。

人には、色々な「癖や特徴」があります。

そして、これは自分も同じで、「誰かを不快にさせている」可能性があります。

したがって、基本的には、誰も「悪気はない」と思うようにしてください。

ただし、前述の通り、「耐える事」「我慢をする事」が限界となっている時は、無理をしないでください。

「良くない」と感じがする時は、隣の席とはいえ、なるべく「距離を空ける工夫」をしてください。

「物理的な距離」「精神的な距離」の両方で、とにかく「存在を無視する事」となります。

「上司や管理者」に相談の上、できる限り関わらないようにしてください。

伝える工夫

「不快」を感じた時、「伝える」事で解消されるかも知れません。

しかし、これは「できるなら、すでにやっている」、だと思います。

したがって、おこなうのは「伝える工夫」となります。

「不快な部分」を言葉にしてしまうと、相手はどうしても「苦情のニュアンス」で受け取ってしまいます。

伝える目的は、あくまでも「行動の改善」です。

しかし、「苦情のニュアンス」で受け取られてえしまうと、「不快を伝えられた方は謝罪を要求している」と勘違いをします。

これは、「伝える方は怒っている、伝えられた方は謝る必要がある」的なイメージとなり、「不快を伝えられた方が気を悪くする」事となります。

その結果、隣の席なのに、険悪なムードとなる可能性があります。

そして、仮に「伝えた事」が聞き入れられず、「行動が改善されなかった」場合、「不快に険悪なムードが追加される」事となります。

これでは、ますます「耐える事」「我慢をする事」が厳しくなります。

そこで、例えば「伝える事」を「お願い」に変えて、言葉を選ぶ事をお試しください。

「声が大きい人」に対しては、「少々、声の大きさを落として頂く事は可能でしょうか?できたらで良いので、お願いします」などとなります。

あくまでも「お願い」となるので、「不快を伝えられた方」は「謝罪」の必要がありません。

このような事が、「伝える工夫」となります。

「伝える工夫」をする事で、「不快を伝えられた方の気を悪くする程度を抑える事」が可能となります。

ちなみに、他の「伝える工夫」の例を挙げます。

「独り言」の場合は、「あえて、ひとつひとつの言葉に反応する」というのがあります。

「独り言」は無意識に発している言葉なので、それを意識させる事となります。

「キーボードを打つ音がうるさい」場合は、「キーボードカバーの購入をすすめる」などがあります。

「キーボードカバー」には、消音性に優れた物がありますので、そういった物をすすめる事となります。

最後に、「くさい」場合です。

これは、本人でどうにかできる事とできない事がありますし、「伝える事」に勇気が必要となります。

したがって、これは「自分で換気の為と言って、卓上扇風機を利用する」というのが、無難な方法となります。

なお、「伝える事」については、注意があります。

それは「伝える相手を間違えない事」となります。

「伝える相手」は、「本人か上司や管理者のみ」としてください。

下手に、「同僚」など伝えてしまうと、それは「悪口」となります。

「悪口」は、確かに「不快」を解消してくれるかも知れません。

しかし、「自分の人間性を疑われる危険性が生まれる」事となります。

この為、「伝える相手」には、十分に気をつける必要があります。

スポンサーリンク

simacatより一言

ちなみに、「自己防衛」を考える事により、「不快」が解消される可能性があります。

たとえば、「音の不快」については、「耳栓」や「イヤホン」などが有効となります。

「不快」を感じた時は、まず「自分でなんとかできる事は、自分でなんとかする」と考える必要があります。

「自分のお仕事をおこなう環境」については、「自己防衛」として、できる限り「自分で快適にする事」を考えて頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました