教え方も早口?!話し合いでも早口?!お仕事で困る早口の人?!どのような対策があるのか?!

11008社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

教え方も早口?!話し合いでも早口?!お仕事で困る早口の人?!どのような対策があるのか?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事では、人と会話をする機会は珍しい事ではありません。

そんな中、「お話しのスピードが早い人」がいます。

いわゆる「早口の人」です。

「早口の人」は、「頭の回転が早い人」というイメージがあります。

次から次へと言葉が出てくるので、確かにイメージ通りの感じはします。

しかし、問題となるのは「聞き手に理解をする努力が必要となる事」です。

「聞き手」は、「普段の自分のスピードとは異なる速さ」でお話しをする事となるので、「早口の人のお話しに、理解を追いつかせる」必要があります。

これは、お話しに集中し、自分の考えるスピードも、それに合わせなくてはいけない為、「非常に疲れる行為」となります。

そして、疲れから、徐々に理解が追いつかなくなります。

その結果、理解ができていないのに、「うん」や「はい」など、「理解を示す言葉」を返してしまう時があります。

これは、「理解をしていないのに、理解をした事」となるので、完全に「聞き手の問題」となります。

「早口の人」とのお話しは、「聞き手」にかなりの負担がかかる事です。

したがって、「早口になる理由」を知り、「対策」を知る事で、「聞き手となる自分の負担を減らす事」を考えて頂ければと思います。

特に「上司や先輩」に早口で捲し立てられる場面があると思いますが、そのような時こそ冷静に対策を実行して頂きたいと思います。

[スポンサーリンク]

早口になる理由

「早口の人」が「早口になる理由」となります。

そもそも「早口」は、「滑舌が良い事」がポイントとなります。

「滑舌」が良いので、「話したいと思った事」に口が追いつきます。

これは、「その人の性質」なので、才能と言っても良いのかも知れません。

そして、「話したいと思う事」についてですが、これは誰でも、「話すスピードの10倍の速度で考えている」と言われています。

したがって、この「話すスピードの10倍の速度で考えている」事に対して、「話すスピード」が近くなればなるほど、「早口」となります。

ただし、通常の人は、「考える」から「話す」までの間に、「話す内容」について確認をしています。

「話す内容に間違いはないのか?」「これは相手に伝わるのか?」を「考えて、修正をしながら、お話しする事」をしています。

「お話しが苦手な人」「お話しが遅い人」がいますが、この部分に時間がかかっている為となります。

なお、この「話す内容を考える速度」については、単純に「早いから良い」「遅いから悪い」と、判断をする事はできません。

緊急事態の時は、すぐに言葉にする方が良いですし、しっかり理解をして頂きたい時は、お話しの内容をじっくりと考えるべきです。

しかし、「早口の人」の問題として目立ってしまうのが、「相手の理解を待てない点」となります。

これは、先ほどの「考えて、修正をしながらお話しをする事に不足がある」という事となります。

もちろん、「早口の人」のすべてが、「考えて、修正をしながらお話しをする事」に不足があるわけではありません。

「できない人が目立つ」という事です。

とはいえ、誰にでも、「早口になる場面」がありますが、ほとんどの場合、「緊張」が原因となります。

「緊張」していると、「通常の考え」ができなくなります。

その為、「頭に浮かんだ事をとにかく口に出す」という行動となります。

この時点で、「考えて、修正をしながらお話しをする事」が、不足する事となります。

そして、とにかく、お話しを続けようとするので、「呼吸」が乱ていきます。

「呼吸」が乱れると、酸欠となり、さらに「考える事」が難しくなります。

そして、「早く、この場から離れたい」と考え、さらに早口となります。

この「緊張」をして「早口」となっている間の記憶が無い人は、珍しくありません。

「緊張」から、「早口」となっている場合、「緊張」を感じた時点で、「呼吸を深くし、会話の間を取る事」を意識してください。

そして、「しっかりと呼吸をして、ゆっくりとリズム良くお話しをする」ようにしてください。

ちなみに、「早口の人」の中には、相手の考えを先回りして、「相手の返事をあらかじめ予測している人」がいます。

しかし、頭の回転は非常に早いのですが、「聞き手に想定外の返事をされた場合」に、「イライラして、相手の考えを自分の考えに合わせようとする傾向」があります。

「早口」は「悪い事」ではないのですが、「相手の理解を待てない点」「考えを押し付ける点」で、「聞き手」を悩ませてしまう場面があります。

したがって、あらかじめ「対策を考えておく事」は、「早口の人に悩まされない工夫」となります。

早口の人への対策

「早口の人への対策」となります。

これは、「状況」により異なります。

この「状況」とは、「早口の人が理解をさせたいのか?」「早口の人に理解をさせたいのか?」となります。

「早口の人が理解をさせたい」場合、基本的には「早口の人にペースを合わせてもらう」事となります。

実際、「早口の人」には、「せっかちな人」が多く、間を取り過ぎると、イライラされてしまい、最悪、まだ途中なのに、お話しを終えられてしまいます。

したがって、「自分なりの解釈」に時間をかけていると、雰囲気が悪くなってしまい、中途半端な状態で、お話しが終了してしまう事となります。

とはいえ、「早口の人が理解をさせたい状況」なので、「聞き手が理解をする事が重要」で、それが「目的」となります。

言い換えると、「目的」を果たせないのは、「早口の人の問題」となります。

もし、「目的」を果たしたいのなら、「早口の人が自分で解決をするべき問題」となります。

ただし、「お仕事の説明」などがあると思います。

この場合、手順書などの「書面での準備」をしてもらうようにして下さい。

「書面での準備」をしてもらえない場合は、「早口の人の断片的なキーワード」を書き留めて、それを確認してもらうようにしてください。

これも、少々感じが悪くなるかも知れませんが、「聞き手にも実害が出る事」なので、我慢をする必要があります。

あまりにも「自分の理解」を無視される場合は、「上司や管理者」に相談をしてください。

「早口の人に理解させたい」場合が、非常に難しく、精神的にもキツイ状態となります。

これは、「早口の人のペースに合わせる必要がある」からとなります。

普段から「早口」であるなら良いのですが、それなら対策をする必要はありません。

一応、会話を試みてください。

もし、それでお話しをする事ができれば、解決となります。

それができない場合は、書面でやり取りをするようにしてください。

「メール」でも「作文」でも、なんでも構いません。

これなら、「自分の伝えたい事」が記録にも残りますので、「早口の人のせっかち」にも対応する事ができます。

ただし、いきなり書面を渡すのではなく、「伝えたい事があるのですが、言葉でうまく、まとめる事ができないので、書面にしました」と言葉で伝えてください。

「早口の人」が苦手と思う人もいると思いますが、うまく対策をする事ができれば、「考えを理解する事」、「考えを伝える事」ができます。

とはいえ、できる限り「早口を治して頂く事」が、本人の為にも良い事であるのは、言うまでもありません。

スポンサーリンク

simacatより一言

お仕事で、「早口の人同士の会話」を聞いた事があります。

何を話しているのか、まったく分かりませんでした。

そして、その「早口の人同士」も理解ができていなかったようで、あとから確認をしても、何を話していたのか、内容を聞き取る事ができませんでした。

これは、「不毛な会話で、時間の無駄」です。

お仕事では、相手がどのような立場の人であっても、「話す方も聞く方も、お互いがお話しの内容を理解する」必要があります。

理解ができない様なお話しは、「時間の無駄」と考えるべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました