在宅ワークやリモートワークへの備え?!場所を選ばずに仕事をするために工夫したい事とは??

7878社会人へのアドバイス
simacat.com

在宅ワークやリモートワークへの備え?!場所を選ばずに仕事をするために工夫したい事とは??

聞き流し用動画(YouTube)

社会人へのアドバイス:在宅ワークやリモートワークへの備え?!場所を選ばずに仕事をするために工夫したい事とは??

はじめに

近頃、「在宅ワーク」や「リモートワーク」を導入する企業が増えています。

今はまだ、未導入の企業も、今後、導入をする可能性があります。

「在宅ワーク」や「リモートワーク」を導入する際、問題となるのが、そもそも「お仕事がおこなえる環境を作れるのか?」という事となります。

インターネットの回線やセキュリティなどの問題は、専門の業者に依頼をすれば何とかなります。

しかし、「お仕事をおこなう為の情報」は、「今、そこで働いている人」ではないと、準備をする事ができません。

したがって、いきなり「在宅ワークやリモートワークを導入する」と言われても、この「お仕事をおこなう為の情報」を準備するのに、時間や手間が必要となります。

通常のお仕事をこなしながら、導入に向けた準備をするのは、非常に労力が掛かる為、今後は「在宅ワークやリモートワークの導入」に備えながら、お仕事をおこなうべきです。

今回は、過去に投稿した記事より、「在宅ワークやリモートワークの備え」として、必要な事柄をまとめたいと思います。

「在宅ワークやリモートワークの備え」としていますが、ポイントは「お仕事の整理」「お仕事の簡素化」「情報の共有」「情報の電子化」となります。

これらは、「在宅ワークやリモートワークの備え」に関わらず、より、効率的にお仕事をおこなう上で、対応しておいた方が良いポイントとなります。

現在、このようなポイントを意識せずにお仕事をおこなっている場合は、是非、改善して頂きたいと思います。

お仕事の整理

「在宅ワークやリモートワークの備え」として、事前に「お仕事の整理」を行っておくべきです。

「お仕事の整理」とは、「必要な物のみを残す」「不要な物は捨てる」事となります。

「不要な物」は、「必要最低限の物」や「正確な物」を「見つけずらく」させてしまいます。

「お仕事」であれば、極力、作業を減らす事により、「行わなくてはいけない作業」を絞り込む事ができます。

「資料」であれば、極力、資料を減らす事により、「必要な情報」が見つけやすくなります。

「必要な時に、短い時間で、正しい事」を行ったり、見つけたりする為には、「対象を減らす事」が一番、効果的となります。

この為に、まずは、「目の前のお仕事が、本当に必要な作業なのか?」を考え、「必要ではない」なら、「不要なお仕事」として、止めるべきです。

そして、「整理をする」と耳にすると、「資料」などを思い浮かべると思いますが、「人間関係」や「知識」も同様に「整理」の対象となります。

このように、「必要最低限の情報」と「正確な情報」に絞り込む事が、「お仕事の整理」となります。

お仕事の簡素化

「在宅ワークやリモートワークの備え」として、「お仕事の簡素化」を行っておくべきです。

今まで、職場で行っていたお仕事ですが、環境が変わる事で、「抱いているイメージ」が異なってしまいます。

この「抱いているイメージ」とは、例えば「決まり」や「やり方」などとなります。

そして、この「決まり」や「やり方」が複雑なほど、「抱いているイメージ」の違いが大きくなり、「混乱」を招き、作業に時間がかかったり、ミスにつながってしまいます。

「お仕事の簡素化」をおこなう事により、お仕事がシンプルとなり、環境の変化による「混乱」を防ぐ事となります。

関連投稿

情報の共有

「在宅ワークやリモートワークの備え」として、「情報の共有」は必須事項となります。

今までは、同じ職場にいたので、不明な点があれば、「気軽」に声をかけて、確認をする事ができましたが、それができなくなります。

もちろん、メールや電話、テレビ会議などは可能ですが、タイムラグがあるなど、「気軽」には行えません。

その為に、「必要な情報、正確な情報を素早く確認する為の仕組み」が必要となり、この仕組みが「情報の共有」となります。

情報の電子化

「在宅ワークやリモートワークの備え」として、「情報の電子化」をおこなう必要があります。

例えば、「売上の伝票」を集計して、「今月の売上を求める」という、お仕事があるとします。

この時、「売上の伝票」が段ボール数箱分だったとすると、家に持ち帰るだけでも、一苦労となりますし、「売上の伝票」を紛失してしまう可能性も高くなります。

したがって、家に持ち帰るのは「売上の伝票」から「売上の金額を抜き出した情報」が望ましい事となります。

情報となっていれば、データでの閲覧や利用が可能となる為、「在宅ワークやリモートワーク」でも利用する事ができまし、「売上の伝票」の紛失も防ぐ事ができます。

このように、「お仕事に必要な情報を電子化」しておく事で、「在宅ワークやリモートワークの導入」が行いやすくなります。

なお、お仕事で利用する情報を会社の外へ持ち出す事は、どの会社も、基本的には「NG行為」と認識してください。

特に、顧客情報や個人情報の取り扱いには、細心の注意が必要となります。

「情報の電子化」をおこなった後は、その情報を見る為に必要なセキュリティーの対策が必須となります。

simacatより一言

「情報の電子化」でも触れましたが、「在宅ワークやリモートワークの導入」にあたり、一番心配なのがセキュリティーとなります。

「在宅ワークやリモートワーク」は、基本的にパソコンを利用した作業になると思いますが、「お仕事用のパソコン」を別に用意することをおすすめ致します。

「お仕事用のパソコン」は、多少スペックは低くても良いので、セキュリティ対策を万全にしてください。

くれぐれも「情報漏洩」には、お気をつけ頂きいたと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました