お仕事での不安と失敗!?不安だから失敗するのか!?失敗したから不安になるのか!?不安な気持ちを取り去りたい?!

12200社会人へのアドバイス
12200
スポンサーリンク

お仕事での不安と失敗!?不安だから失敗するのか!?失敗したから不安になるのか!?不安な気持ちを取り去りたい?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事をしていると、「不安」を感じる事があります。

この「不安」の原因には、「過去の経験」もあれば、「性格」による所もあります。

どちらにしても、「不安」は「嫌な気持ち」なので、できるだけ「取り去りたい気持ち」です。

しかし、なかなか取り去る事ができないのが、「不安の怖いところ」でもあります。

したがって、できるだけ「不安を感じないようにする考え」も必要ですし、「不安を感じた時の考え」も必要となります。

「多くの考え方」を持ち、それを実践する事で、「不安」が和らぎ、気持ちが楽になる事があります。

今回は、「過去の経験からの不安を感じた時」と「性格からの不安を感じた時」に、気持ちが楽になる考え方について、触れたいと思います。

「不安」を感じた時の参考にして頂けたら幸いです。

[スポンサーリンク]

過去の経験からの不安

「過去の経験からの不安」は、「失敗による恐怖症」です。

これは「トラウマ」「心的外傷」「心の傷」などとも言われています。

「失敗による恐怖症」は、過去のお仕事で失敗をし、その出来事が「自分に大きなストレスを与え」、それが原因で心にダメージを負っている状態となります。

人によっては、お仕事を続ける事が難しくなるくらい、心にダメージを負う時もあります。

幸いにも、そこまで心にダメージを受けず、なんとかお仕事を続ける事ができても、「不安」が残る事があります。

この「不安」を感じ続ける事でも、心のダメージは蓄積され、限界を超えた時、こちらもお仕事を続けていく事が難しくなる可能性があります。

したがって、「不安の気持ち」を「別の気持ちに置き換える」事を考える必要があります。

この「別の気持ち」とは、「過去に乗り越えられた体験」で、これが「成功体験」と言われている物となります。

この「成功体験」により、「不安な気持ち」を「安心な気持ち」に置き換える事となります。

「失敗」は、消す事ができず、忘れる事もできないので、「不安」として残ってしまいます。

しかし、その「失敗」を乗り越えられた時、それは「自分自身がおこなった結果」となります。

したがって、過去に「失敗」をし、「恐怖を感じた事を乗り越えられた」、だから今回も「乗り越えられるはず」、だから「安心」と考える事となります。

そして、「お仕事での失敗」は、そのまま「経験」となります。

それが「失敗による恐怖症」となります。

この「失敗による恐怖症」は、できるだけ自分の中に溜め込まず、外に出すようにしてください。

自分の中に溜め込んでしまうと、それがどんどん膨らんでいきます。

そして、それがさらに「不安」を大きな物にしていきます。

これを防ぐ為に、可能であれば、この「失敗の経験」を自分だけの物にしないようにしてください。

できるだけ多くの人に、「同じ失敗をさせないという気持ち」を伝えるようにしてください。

このような活動を、「啓蒙活動」と言います。

「失敗」をして、「不安」が生まれました。

しかし、「失敗の経験」を「啓蒙活動」により、「自分に溜め込まない」「人に同じ失敗をさせない」という、「自分もまわりも、良い方向へ向かわせる行動」となる考え方でも、気持ちの置き換えは可能となります。

「過去の経験からの不安」の時、「成功体験」と「啓蒙活動」にて、「不安」を和らげて頂ければと思います。

性格からの不安

「性格からの不安」も、心へのダメージの蓄積となるので、注意が必要となります。

とはいえ、「性格」なので、簡単に治すことができません。

それでは、「不安に悩まされ続けなくてはいけないのか?」となります。

しかし、「お仕事での不安」は、そのまま「危機意識」となります。

この「危機意識」が低いと、「失敗をする」「問題を起こす」など、お仕事に対して悪い影響が出てしまいます。

したがって、ある程度の「不安は必要」となります。

「不安」だから、確認をします。

「不安」だから、丁寧におこないます。

よって、「不安」のみを考えると、「お仕事には必要な気持ち」となります。

しかし、「不安」を感じ続ける事は、心のダメージの蓄積となるので、精神的に良くはありません。

できるだけ、「やれるだけの事はやった」と思うようにして下さい。

この、「やれるだけの事はやった」とは、「失敗」や「問題」が起きても、「仕方がないと言い訳ができる状態にする事」となります。

「言い訳」と言われると、なにか、うしろめたい感じがしますが、お仕事は、ある意味「言い訳」で成り立っています。

この「言い訳」が用意できたら、「あとはどうでも良い」と考えてください。

実際に、それ以上はできる事もないので、「不安」を感じても意味がありません。

これを「開き直り」と言いますが、「性格からの不安」については、この「開き直り」が1番の解決策となります。

ただし、くれぐれも、やる事をやって「言い訳」を考えてください。

これをしていない「開き直り」は、単なる怠慢となります。

スポンサーリンク

simacatから一言

お仕事でも、プライベートでも、「苦い経験」という物があります。

それが原因で、「不安」を感じる事があるかも知れません。

しかし、「不安」は「危機回避能力」です。

「やってはダメな事」を知らせる、「危険信号」となります。

もし、「不安」を感じた時、逃げられるなら逃げて下さい。

本来、「不安」はその為にあります。

もちろん、「不安を乗り越え、不安を感じなくなる」という事が、必要な場面もあります。

しかし、それが意味するのは、「一つの危険に対して無防備になる」という事でもあります。

何が必要で、何が不要なのかは、自分自身でしか判断をする事ができません。

これは、お仕事でも、プライベートでも、同じ事が言えます。

「不安」は、心のダメージを蓄積させる存在ですが、自分を救う存在でもあります。

したがって、「不安に対する考え方を知る」事は、無闇に「不安を怖がらずに済む為の対策」となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました