お仕事では自分の責務を全うする事!!ところで責務ってなんだろう??責務を全うしていますか??

7857社会人へのアドバイス
simacat.com

お仕事では自分の責務を全うする事!!ところで責務ってなんだろう??責務を全うしていますか??

聞き流し用動画(YouTube)

社会人へのアドバイス:お仕事では自分の責務を全うする事!!ところで責務ってなんだろう??責務を全うしていますか??

はじめに

お仕事をしていると、上司や先輩から、「自分の責務を全うしろ」などと言われる事があります。

この言葉から、「任せられたお仕事を最後まで、責任を持ってやり遂げる」という意味だと理解をしている人が多いと思います。

「その通り」なのですが、実はもう少し、奥深い物となっています。

「責務」を果たす為には、それなりの「前提」が必要で、その「前提」を抜きにしてしまうと、単なる「責任の押し付け」となってしまいます。

「責任の押し付け」と聞いてしまうと、嫌な感じがします。

そして、ただ責任を持って、「お仕事をすれば良い」という事でもありません。

今回は「責務」について、ご紹介致します。

責務とは

「責務」とは、「責任」と「義務」が、組み合わされた言葉となっています。

「責任」とは、「引き受けた事、任された事について、責を負う」という意味となります。

「義務」とは、「従うべき事」とか「しなくてはいけない事」という意味となります。

この「責任」と「義務」の両方の意味を込めた言葉が、「責務」となります。

一言でまとめると、「従うべき事に従い、しなくてはいけない事をし、それらの事柄の責を追う事」となります。

すごく硬い言い回しとなっていますが、お仕事をおこなう上では、必要な考え方となります。

「従わなければいけない事に従わず、しなくてはいけない事をせず、それらの事柄の責から逃れる人」に、お仕事を任せる事はできません。

お仕事を任せる時、しっかりと「責務を全うできる人」が選ばれるのは当然の事といえます。

責務を全うする

「責務を全うする」とは、「責務の意味を理解し、その考えを持ち続ける」事です。

なお、現在のお仕事では「責務」という言葉が、「責任の押し付け」に利用される場面が、多くあります。

そもそも、責務を全うする為には「必要な事」があります。

それは、「従うべき事」「しなくてはいけない事」を「自分で考えて決めて、納得をする」という事です。

もちろん、上司や先輩から「お仕事」として依頼される事柄については、「選択の余地はない」と思いますが、それでも「自分が納得する事」が重要となります。

「自分が決めた事だから、責任が持つべき」という思いが、「責務を全うする考えを持ち続ける」という行動につながります。

もし、「自分が納得できないお仕事」を依頼された時は、「自分が納得できるような説明」を求めるようにしてください。

「自分が納得できないお仕事」は、「従うべき事」も「しなくてはいけない事」も、自分ではない、誰かが考えた事で、それは単純に「やらされているだけ」となります。

そこには、自分の意思はなく、ただ「お仕事をやらされているだけ」なので、「おこなう理由がわからない」「結果がわからない」、でも「責任」だけが発生する事となります。

これが、「責任の押し付け」となります。

この状態では、いつか「責務を全うする事ができなくなる」事となります。

「責務を全うする」為に必要な物は、「自分で決める権限」となります。

「従うべき事」や「しなくてはいけない事」を「自分で決める権限」がないと、単なる「責任の押し付け」となります。

責務を全うしていますか?

自分は「責務を全うできているのか?」について、考えた事はありますか?

お仕事が終わった時、「お仕事が終わった」と思う事はありますが、「責務を全うした」と思う人は、少ないと思います。

「自分が自分の意思で、お仕事をやり遂げた」と感じる為にも、「責務」を意識して頂きたいと思います。

「責務」は、「お仕事が終わったから終わり」ではありません。

「お仕事の結果の責任」は、当然あるのですが、実は「自分が成長する事」も、お仕事では「責務」となります。

これは、次のお仕事では、今回のお仕事よりも、「良くなっている事」が求められるからです。

したがって、お仕事が終わり、お仕事の振り返りを行い、「良い点や悪い点」を自分に吸収して、はじめて、「責務を全うする」事となります。

お仕事の振り返りのポイントが分からないという人は、「品質」「費用」「納期」で考えてください。

これは、お仕事を「より良く、より安く、より早く、おこなう為のポイント」となります。

「こうしたら良くできる」「こうしたら安くできる」「こうしたら早くできる」という点について考え、自分に吸収してください。

もちろん、良いことばかりではなく、お仕事では「失敗」する事もあります。

そのような事も、「どうしたら失敗を回避できたのか?」を考え、その答えを自分に吸収をするようにしてください。

simacatより一言

「責務」は、一つ一つのお仕事の結果というよりも、長い社会人生活を送る為の考え方となります。

翌日、一年後、十年後と、お仕事を続けていく為にも、「責務」の意味をしっかり理解する必要があります。

また、「責務」はお仕事をおこなう上で、「心の支え」となります。

この「責務」を見失ってしまうと、「心の支え」がなくなり、お仕事が「苦痛」に感じる事となります。

そのような時は、無理をせず、「今のお仕事に於ける自分の責務」について考えてください。

それが、自分を追い詰める事ならば、お仕事をお休みして、考えを整理する時間を作るようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました