言い訳はダメ?!お仕事で失敗した時の「良い言い訳」を考えてみよう!!

9146社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

言い訳はダメ?!お仕事で失敗した時の「良い言い訳」を考えてみよう!!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事に限った事ではありませんが、「失敗」や「悪い事」をした時、その「理由」を伝えようとすると、「言い訳はするな!」と言われる事があります。

そのような経験をすると、「言い訳はダメ」というイメージを持ってしまいます。

確かに、「失敗」をして当たり前の事をしたり、誰にでも分かる「悪い事」については、どのような「理由」があっても、「失敗」や「悪い事」です。

しかし、それでも、おこなったのであれば、「理由」があり、それを聞かれる事があります。

言い換えると、「言い訳はダメ」なのですが、「理由が必要な場面がある」と言う事です。

矛盾をしているのですが、この「理由」によっては、「失敗」や「悪い事」であっても、許される可能性があると言う事となります。

そして、お仕事で「失敗」をした時は、「理由」が重要となります。

この「理由」によっては、単なる「言い訳」となる場合もあります。

しかし、「お仕事の品質の向上」「職場環境の良化」「売上への貢献」につながるような「理由」であれば、「失敗」をしたにも関わらず、「高い評価を受けられる可能性」があります。

「失敗」をした時の「言い訳」について、しっかりとした「理由」を考え、「良い言い訳」をするようにしましょう。

ダメな言い訳

「良い言い訳」を考える前に、「ダメな言い訳」について触れておきます。

はじめに、「ダメな言い訳」で一番多いのが、「できない理由や、できなかった理由を並べる事」です。

そして、「ダメな言い訳」は、基本的に「言い訳をする相手を不愉快にさせる事」となります。

「言い訳」として、いろいろな「理由」を伝えるのですが、相手を不愉快にさせてしまうと、受け入れてはもらえません。

その結果、「ダメな言い訳」となってしまいます。

「言い訳をする相手」に抱かせてはいけないイメージを挙げます。

  1. 無意識
  2. 無責任
  3. 無関心
  4. 無感情
  5. 無計画
  6. 無知

どのような言葉を使っても、これらのイメージを持たれてしまうと、言い訳をする相手の関心を失い、受け入れてもらう事ができません。

「言い訳」をする場合は、これらのイメージを持たれないような「理由」を考えるようにして下さい。

とはいえ、「言い訳」をする事自体が、言い訳をする相手を不愉快にさせてしまう「ダメな言い訳」となる場面が多くあります。

「良い言い訳」をする為に必要な考え方

「良い言い訳をする為に必要な考え方」とは何でしょう?

そもそも、「言い訳」そのものが「ダメな言い訳」なので、「良い言い訳」は存在しない事となります。

したがって、「良い言い訳」とは、言い訳をする相手が興味を持つような、「検討するべき理由」とする必要があります。

その為には、日頃からの「お仕事に対する姿勢」が重要となります。

これは、「お仕事に対して、真剣に考え、取り組む事」となります。

この「姿勢」により、「失敗」をしたとしても、「真剣に考え、取り組んだ結果」である事が前提となります。

もちろん、「技術不足や能力不足の結果の失敗」もあります。

しかし、「今の自分の精一杯の結果」ならば、「失敗」による経験は「学び」となり、「成長の糧」となります。

まずは、「このような姿勢で、お仕事に取り組んでいる事」を伝える必要があります。

それでは、具体的に「お仕事に対して、真剣に考え、取り組む事とはどのような事なのか?」となります。

  1. お仕事を自分の物として考えている
  2. お仕事の目的を理解しようと考えている
  3. お仕事に対して、成果の向上や効率化について、常に改善を考えている

このような考えを元にした「理由」であれば、「言い訳」ではなく、「検討するべき理由」となります。

「失敗を無くす為の検討」「お仕事の効率化の検討」など、「お仕事に対してメリットがある理由」なら、「検討するべき理由」となります。

言い訳を聞いてくれない人

「言い訳を聞いてくれない人」がいます。

この場合、「ダメな言い訳」も「良い言い訳」も、受け付けてもらえません。

「言い訳を聞いてくれない人」は、何も聞く気がありません。

したがって、「言い訳を聞いてくれない人」に対しては、「言い訳」を考えるだけ無駄となります。

とはいえ、「良い言い訳」である「検討するべき理由」の場合、聞いてもらう必要があります。

この「検討するべき理由」を聞いてくれない場合、相手は「お仕事に対して、真剣に考え、取り組む事ができていない人」となります。

できるなら、すこし時間が経ってから、「伝える努力」をして頂きたいと思いますが、このような人に対しては難しい事なのかも知れません。

他の「お仕事に対して、真剣に考え、取り組んでいる人」に伝える事を考えて頂きたいと思います。

スポンサーリンク

simacatより一言

「言い訳」を聞かない人は、「聞くのがメンドウ」と考えているか、「能力が足りない人」となります。

もちろん、「ダメな言い訳」もあるので、いちいち聞いてはいられない場合もあるかも知れません。

しかし、「お仕事を良くする為のヒント」はどこにあるのか、分かりません。

したがって、「ダメな言い訳」であっても、「意見」として、耳を傾けるべきです。

意外に「ダメな言い訳」である「だからできない」という理由の裏には、「これならできる」が隠れています。

こういった物が、「お仕事を良くする為のヒント」となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました