お仕事の基本のホウレンソウ?!報連相は分かるけど相手の事を考えるとできない場合がありますよね?!

9098社会人へのアドバイス
simacat.com

お仕事の基本のホウレンソウ?!報連相は分かるけど相手の事を考えるとできない場合がありますよね?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「報告・連絡・相談」で、頭文字をつなげて「ホウレンソウ」となります。

お仕事をする時の基本的な行動と言われていて、かなり浸透しているかと思います。

そして、「ホウレンソウ」が重要な事も、ご存知だと思います。

もし、「分かりません」という人は、今からでも遅くはありません。

「ホウレンソウ」もしくは「報連相」をキーワードにして検索をして、調べて頂ければと思います。

とはいえ、「必要」である事も、「重要」である事も理解をしているのですが、「ホウレンソウができない場合」があります。

その場合とは、「ホウレンソウ」をおこなう相手に対して、思うところがある場合です。

例えば、「相手の事を怖い・苦手と思っている」「相手が忙しそうに見える」「自分は嫌われていると思っている」、そんな場合です。

これらは、「ホウレンソウ」の行動を鈍らせ、タイミングを遅らせる考えとなるので、改めるべき考え方となります。

「どのように改めれば良いのか?」、対策も含めて、考え方を掘り下げたいと思います。

「相手が怖い・相手が苦手」と思っている

「相手が怖い・相手が苦手」と思っている場合となりますが、これは、いわゆる「恐怖症や苦手意識」と言われているものです。

「怖い相手、苦手な相手」に対して、「接点を持ちたい」とは、誰も思いません。

「なるべく、距離をあける」「できるだけ、関わらないようにする」、これが普通の考え方です。

しかし、その結果、「ホウレンソウ」のタイミングが、遅れてしまいがちとなります。

その遅れから、「怒られる」事となり、さらに「相手が怖い・相手が苦手」と、思ってしまう事となります。

この場合は、「嫌な事は早く済ませる」と、考えるようにして下さい。

「ホウレンソウ」は「必要な事」「重要な事」であるのを理解しているのであれば、逃げる事はできません。

ならば、できるだけ早く済ませて、楽になる事を考えましょう。

ちなみに、早く「ホウレンソウ」を済ませる為には、事前に「ホウレンソウの内容」を整理しておくのが、おすすめとなります。

メモでもノートでもメールでも、なんでも構いません。

「ホウレンソウの内容」が難しい場合は、無理に文章にする必要はありません。

おこなった作業順に箇条書きでも構いません。

ただし、漏れが無いように気をつけて下さい。

また、「重要なポイント」という物が必ずあります。

この「重要なポイント」は、「ホウレンソウをおこなう相手」にとって、重要と考えているポイントです。

もし、そのポイントが分からないならば、お仕事を始める前に、確認をしておきましょう。

「相手が忙しそうに見えて声を掛けづらい」と思っている

「ホウレンソウ」をおこなう相手が、忙しく、お仕事をしている様子を見てしまうと、「声を掛けずらい」と思ってしまいます。

相手の事を考えて、手が空きそうなタイミングを見計らい、「ただ待つ事」となります。

そして、その結果、「ホウレンソウ」が遅れがちとなってしまいます。

相手の事を考える事は、必要な事です。

しかし、「ホウレンソウ」が遅れて困るのは、その「相手」となります。

この場合は、もちろん、「何を優先するべきなのか?」といった優先順位はあるのですが、相手の事を考えるなら、まずは声を掛ける必要があります。

一度、声を掛けて、その後は相手の良いタイミングで、「ホウレンソウ」をおこなうようにして下さい。

なお、「ただ待つ事」は、「非常に無駄な事」だと考えてください。

ひとつひとつの時間は大した事は無いかも知れませんが、「チリも積もれば」となります。

「自分は嫌われている」と思っている

「自分は嫌われている」と思っている場合は、「恐怖症や苦手意識」と「相手を気遣う」が合わさった感じとなります。

「ホウレンソウ」をおこなう相手が、「自分と関わりたくないと、勝手に思い込み」、タイミングが遅れてしまいがちとなります。

そして、その遅れから「怒られる」事となるのですが、「怒られる」事で、さらに「自分は嫌われている」と思ってしまいます。

この場合は、「お仕事の事だけ」を考えて下さい。

お仕事をしている状態で、「好き嫌い」は関係ありません。

お仕事は、「結果を出す事」「成果を出す事」です。

その為の「ホウレンソウ」となります。

仮に、本当に相手から嫌われていたとしても、「お仕事は、おこなわなくてはいけない物」です。

よって、「相手に嫌われているかどうかは、どうでも良い事」となります。

「自分だけ怒られるから、自分は嫌われている」と思ってしまう人も多いと思います。

しかし、普通の人は「嫌いな人と関わりたい」とは思いません。

「本当に嫌いな人に対する行動は、拒絶」です。

よって、「怒られる」事は「嫌われていない証拠」となります。

なお、ハラスメント行為はこの限りではないので、ご注意ください。

simacatより一言

「ホウレンソウ」を知っている人、もしくは調べて分かったという人は、ご存知だと思いますが、「ホウレンソウ」で重要なのは、「目的」となります。

なんの為の「ホウレンソウ」なのかを理解しないと、「ホウレンソウ」の意味がありません。

また、大したお仕事の量でもないのに、「ホウレンソウ」に時間がかかる人がいます。

これは、「ホウレンソウの目的を理解していない」為となります。

これも、もし分からないのであれば、「ホウレンソウをおこなう相手」に、「目的に対する重要なポイント」を確認するようにしてください。

「目的に対する重要なポイント」を知る事で、「ホウレンソウ」をおこないやすくなりますし、お仕事の重要なポイントも理解する事ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました