お仕事で期待されるのがつらい?!プレッシャーになる?!期待やプレッシャーを受け流す考え方とは?!

11084社会人へのアドバイス
simacat.com

お仕事で期待されるのがつらい?!プレッシャーになる?!期待やプレッシャーを受け流す考え方とは?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事をしていて、「期待をされている」と感じる時、「良い評価を受けている」というイメージがあります。

このイメージにより、「今の状態の維持を求められている」「今以上の状態を求められている」と、考えてしまいます。

その結果、「間違ってはいけない」「認められないといけない」などの思いが生まれます。

「まわりから期待をされている」事で、「プレッシャーをかけられている」と感じる人がいます。

しかし、実際は「自分で自分にプレッシャーをかけている状態」となります。

そして、この「プレッシャー」は、「自分で自分を追い込む考え」となります。

「プレッシャー」により、「今まで以上の成果を出す」事ができれば、それは「良い結果」となります。

しかし、「プレッシャー」により、考えや行動が鈍くなり、「今まで通りの成果を出せなくなる」など、「悪い結果」となる事もあります。

そして、「プレッシャー」は、心にも影響を与えます。

したがって、できれば「悪い結果」「悪い影響」とならないような工夫をするべきです。

「期待やプレッシャーに勝つ事を考える」のも良いのですが、まずは、「うまく受け流す考え方」を身につけて頂ければと思います。

[スポンサーリンク]

期待とプレッシャーとは

お仕事での「期待」と「プレッシャー」についてとなります。

「期待」の意味ですが、「あてにして待つ事」「実現するように待ち構える事」となります。

お仕事では、「自分」がいて、「まわりの人」がいます。

この時の「期待」とは、「まわりの人」が「自分」に対して、「お仕事の成果」について「関心を持つ事」となります。

「プレッシャー」とは、「周りの人の勝手な考え」が、「自分に加える精神的な圧力」となります。

そして、「期待」には「良い期待」もあれば、「悪い期待」もあります。

一般的に「期待をしている」と言われる場合は、「良い期待」となり、「お仕事に対する評価が高い状態」をさします。

したがって、「まわりの人」が「自分」に対して、「お仕事に対する評価が高くなる状態の実現をあてにしている」という事となります。

この「期待」は、「自分」が望んだのではなく、「自分の実力や努力」「自分の過去の評価」などから、あくまでも「勝手にまわりの人が考えた事」となります。

そして、それが元となり、「プレッシャー」が生まれます。

「プレッシャー」とは、「まわりから加えられる精神的な圧力」です。

良い物には感じません。

しかし、「人に認めて欲しいと考える人」がいます。

「人に認めて欲しいと考える人」は、この「プレッシャーが原動力」となります。

「プレッシャー」により、「さらに期待を得る為の努力をする」事となります。

しかし、「自分の為だけにやっている人」にとって、「プレッシャーは原動力」になりません。

逆に、「プレッシャーを受ける事」は「つらい事」と考えます。

したがって、「つらい事の元凶」である「期待」についても、望む事はありません。

ちなみに、「自分の為だけにやっている人」の特徴は、おもに「自分に自信が持てない人」となります。

「期待をされても応える事ができない」「こんな自分に何を期待しているのだろう?」などと考えています。

「自分にはできない」と考えているのですが、「プレッシャー」により、「無理やり、やらされる」事になります。

「無理やり、やらされる」事は「つらい事」です。

そして、この「つらい事」が続くと、悩み、苦しみ、これらが「心に負担をかける事」となります。

したがって、この「心に負担をかける事」があるならば、「和らげる工夫」が必要となります。

「和らげる工夫」が、「期待やプレッシャーを受け流す考え方」となります。

期待やプレッシャーを受け流す考え方とは

「期待やプレッシャーを受け流す考え方」となります。

これは「期待に応える事は義務ではない」と考える事です。

「期待に応える事は義務ではない」ので、当然「プレッシャー」を感じる必要はありません。

もちろん、これにより「評価に影響する可能性がある」事は理解をしておいてください。

もし、「つらい事」でも我慢ができるのならば、「期待に応える事」は悪い事ではありません。

しかし、「期待される事」が「つらい事」ならば、「評価」よりも「心に負担をかける事」を和らげるべきとなります。

そもそも「期待」は、「まわりの人が勝手に考えた事」となります。

それをひとつひとつ、「義務として受け入れなくてはいけない事」ならば、誰が見てもおかしな考え方となります。

したがって、「期待をしている」と言われた場合は、「関心を示されている」程度に受け取ってください。

そして、できれば「どの点に関心があるのか?」について、確認をしてください。

「期待に応える事は義務ではない」のですが、「期待をされている点」は、自分にとっての「良い情報」となります。

「まわりの人から見た自分の情報」として、軽い気持ちで聞き取って頂ければと思います。

なお、「どうしてもプレッシャーを感じてしまう人」についてとなります。

「プレッシャー」を感じ続ける事で、「悪い影響が出ている部分」をなるべく具体的に挙げてください。

「特に何もない」ならば、問題はありません。

「悪い影響が出ている部分」がある場合、一つ一つを確実にケアしていく必要があります。

ケアは「自分でできる事」もあれば、「専門の人しかできない事」もあります。

日頃から、「悪い影響が出ている部分」をチェックして、ケアをするように、心がけてください。

simacatより一言

「期待」をされ、「プレッシャー」をかけられる事は、「良い事なのか?」「悪い事なのか?」については、色々な意見があります。

そして、「良い事」か「悪い事」かの判断も、「自分」と「まわりの人」とで、違う場合があります。

したがって、「受けるか?」「受け流すか?」は、「自分の為になる事」を基準として考えて頂ければと思います。

「期待」や「プレッシャー」はあまり意識をせず、「頑張る事」も「努力する事」も、「自分の為になる事なので、時には必要な事」とお考え頂きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました