休み明けにお仕事に行きたくない?!オンとオフの切り替え?!休み明けに向けた準備とは?!

11071社会人へのアドバイス
simacat.com

休み明けにお仕事に行きたくない?!オンとオフの切り替え?!休み明けに向けた準備とは?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

毎週のお休みでも、長期連休でも、最終日に「明日、お仕事がある」と考えてしまい、「憂鬱な気持ち」になる人がいます。

「仕事に行きたくない」「休みたい」「明日なんか来ないで欲しい」と考えてしまう事もあります。

そして下手をすると、1日中、その事で頭がいっぱいになる事もあります。

明日はお仕事であっても、今日はまだ「プライベートの時間」です。

「憂鬱な気持ち」で1日を過ごすのは、非常に「もったいない過ごし方」となります。

せっかくのお休みが、「もったいない過ごし方」にならないように、「お休みの前に準備をしておく事」をおすすめします。

そして、よく「オンとオフの切り替えが大切」と耳にします。

「オンとオフの切り替えができていない状態」だから、「憂鬱な気持ち」になってしまうのかも知れません。

「オンとオフの切り替え」は、非常に大切な事なのですが、「その時の人の心境に依存する考え方」でもあります。

したがって、すべての人が常に「オンとオフの切り替えができるわけではない」という事となります。

この場合は、むしろ「オンとオフの切り替え」をしなくても、「憂鬱な気持ちにならない為の対策」が必要となります。

「オンとオフの切り替え」に頼らず、なるべく「憂鬱な気持ち」から解放され、プライベートの時間を楽しむ為にも、お仕事の中で、「休み明けに向けた準備」をして頂きたいと思います。

[スポンサーリンク]

憂鬱な気持ちになる理由

「憂鬱な気持ちになる理由」ですが、「通勤が嫌だ」「職場の人が嫌だ」「そもそも働くのが嫌だ」など様々な考えがあると思います。

ただ、これらについては、「休み前」と「休み明け」で状況が変わる事でもないですし、「お仕事以前の問題」となります。

しかし、「お仕事」に対して「憂鬱な気持ち」となる時は、「お仕事の状態」に原因があります。

これを解決する為には、「作業中のお仕事や問題を抱えているお仕事を不安のない状態で完了させておく事」となります。

これができていれば、「憂鬱な気持ち」になる事はありません。

しかし、これができていない事が、「憂鬱な気持ち」にさせる原因となります。

とはいえ、これは「お仕事をしていれば当たり前にある事」なので、特別な事ではありません。

そして、「作業中のお仕事や問題を抱えているお仕事を不安なく完了させていない状態」でも、「オンとオフの切り替えができる人」も存在します。

このような人は、特に何もする必要はなく、今後も同じような考えで、過ごして頂ければと思います。

問題となるのは、「オンとオフの切り替えができない人」となります。

「オンとオフの切り替えができない人」は、「作業中のお仕事や問題を抱えているお仕事を完了させていない状態」について、考え続けてしまう可能性があります。

そして、考え続けてしまう事により、「憂鬱な気持ち」になってしまいます。

この為、「オンとオフ切り替えができない人」については、「休み明けに向けた準備」が必要となります。

休み明けに向けた準備

作業にしろ、問題にしろ、「できる限り終わらせる事が理想」となるのですが、「終わらない」「解決しない」、そのような状況がほとんどとなります。

そのような時は、休み明けに、「すぐにお仕事に取り掛かれるようにしておく事」「すぐに問題の解決に向けた行動がとれるようにしておく事」、これらの事が「休み明けに向けた準備」となります。

何もしていないと、「休み前の状態を忘れてしまう事」があります。

そして、これが「困った経験や失敗をした経験」となり、この経験により「憂鬱な気持ち」となります。

したがって、このような経験をしないように、お休みの前に準備をしておく事が必要となります。

もし、「困った経験や失敗をした経験」があるならば、「困った点」「失敗をした点」を整理してください。

それらを「休み明けに向けた準備」に加えれば、「困る事」も「失敗をする事」もなくなります。

その結果、「不安や恐怖を感じる事がなくなる」為、「憂鬱な気持ちになる原因がなくなる」事となります。

ちなみに、「問題を抱えているお仕事」ですが、言い換えると、「解決できないから、問題となっている」となります。

したがって、「お休みの日に考えても意味がない事」となります。

とはいえ、お休みでリフレッシュをしている状態で考えると、「違う発想で考える事ができる」時があります。

その結果、「今まで何で思いつかなかったのか?」というような対応案が、浮かぶ事もあります。

この経験をしている人は、お休みの時も、お仕事の事を考えるようになります。

俗に言われる、「ワーカホリック(仕事中毒)」です。

しかし、この「ワーカホリック」ですが、程度が軽ければ、それほど問題になる事はありません。

お休みの日に、コーヒーや紅茶をすすりながら、軽くお仕事の事を考える位ならば、それは普通の事です。

むしろ、「お仕事も生活の一部」なので、考えない方に問題があります。

ただし、「憂鬱な気持ちにならない事」が前提となります。

その為にも、「休み明けに向けた準備」が必要となります。

「休み明けに向けた準備」ができていれば、「お休みの時に、お仕事の事を考える事」ができますし、「休み明けにお仕事に行きたくない」という気持ちを、和らげる事もできます。

simacatより一言

「休み明けに、仕事に行きたくない」と考える人の中で、「人間関係で不安を感じている人」もいるかと思います。

「嫌いな人」「怖い人」「苦手な人」、これらの人と接する事は、心への負担も大きくなります。

しかし、お仕事の環境となるので、すぐに変わる事はありません。

とはいえ、その中でも、できる事はあります。

「上司や管理者に気持ちを打ち明ける」「相手に対して、丁寧な言葉使いをして精神的な距離をとる」「相手に近づかないようにして物理的な距離をとる」などとなります。

「嫌いな人」「怖い人」「苦手な人」に対して「憂鬱な気持ち」となり、「貴重なお休みの時間を奪われる事は損失」と考えてください。

そして、なるべく損失を出さないように、お休みの日は「心の静養」を意識して頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました