姿勢や成果に不満爆発?!お仕事をおこなう為の条件?!お仕事を依頼する前に確認をしておきましょう?!

11549社会人へのアドバイス
11549
スポンサーリンク

姿勢や成果に不満爆発?!お仕事をおこなう為の条件?!お仕事を依頼する前に確認をしておきましょう?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事を依頼する時は、「誰にでも平等」にするのが基本となります。

この「誰にでも平等」がないと、差別などと言われてしまう可能性がある為です。

しかし、「誰もが同じ条件」でお仕事をしているとは限りません。

すごく分かりやすい例だと、「時短勤務」などがあります。

これは、公表しても問題のない事なので、お仕事の現場でも周知され、それなりに気を使う事ができます。

それでは、「個人的な事柄が条件」となっている場合はどうでしょう?

もちろん、「本人と会社を代表する人とで取り交わされた約束」で、この条件は正当な物となります。

しかし、この条件は、「個人的な事柄」となるので、公表される事はありません。

したがって、お仕事の現場でも、周知される事はありません。

しかし、これが原因で、「お仕事を依頼する人」が「お仕事の依頼を受ける相手の姿勢や成果」に不満を持ち、時には抑えられずに、感情を爆発させてしまう場面があります。

これが、「お仕事を依頼する人」と「お仕事の依頼を受ける相手」との「勘違い」や「食い違い」となります。

このような事を避ける為に、お仕事を依頼する前に、「お仕事をおこなう事」について、お話しをする必要があります。

[スポンサーリンク]

お仕事をおこなう時の勘違いや食い違い

お仕事の依頼をした結果、「勘違い」や「食い違い」がおこる場合があります。

特に多いのが、「お仕事をおこなう為の条件」となります。

「勘違い」とは、「間違って思い込む」という意味となります。

「食い違い」とは、「噛み合っていない」「ズレてる」という意味となります。

「お仕事の条件の勘違い」とは、「お仕事をおこなう為の条件を間違って思い込んでいた」となります。

「お仕事の条件の食い違い」とは、「お仕事をおこなう為の条件が一致していない状態」となります。

「お仕事を依頼する人」も「お仕事の依頼を受ける相手」も、それぞれ、「お仕事をおこなう為の条件」があります。

通常は、この「条件」は、そのお仕事に携わる場合、ほぼ全ての人が同じ内容となります。

したがって、「お仕事をおこなう為の条件」について考えられる事はあまりありません。

しかし、一部で「会社や社会の方針などで、設けられる条件」があります。

その場合は、その「条件」が、お仕事をする場所で周知され、「共通の認識」となります。

この「共通の認識」がある為、お仕事を依頼する人は、自然に「条件」を意識する事ができます。

しかし、「会社や社会の方針」などで設けられる「条件」ではない場合があります。

これが、「個人的な事柄」となります。

そして、これは「本人と会社を代表する人とで取り交わされた約束」となり、管理者以外に周知される事は、ほとんどありません。

したがって、お仕事をする場所で周知される事はなく、「共通の認識」となる事はありません。

とはいえ、お仕事をする為の条件となる為、「この約束が守られた作業内容」である必要があります。

しかし、この「約束を知らずに、お仕事を依頼してしまう」場面があります。

その結果、お仕事を依頼した人から見ると、「納得ができない成果」となる可能性が高くなります。

そして、「納得ができない成果」にも関わらず、「お仕事の依頼を受けた相手の態度」が悪びれもしていないと、「どういうつもりなのか?」と疑問を感じる事となります。

そして、その疑問から、「責任感を持って欲しい」という考えが生まれ、感情的になってしまいます。

しかし、「お仕事の依頼を受けた相手」からすると、そもそも「条件に反した事をやらされている」と考えています。

それでも、依頼をされた以上は「責任を持って」、「条件の範囲内」で対応をしました。

できる限りの事はしているので、「何を感情的になっているのかが分からない状態」となります。

そして、感情的になられてしまった結果、そもそも「お仕事を引き受けなければ良かった」と考えてしまいます。

これが、はじめの「行き違い」となります。

そして、その後も、この「行き違い」が繰り返されると、「お仕事を依頼する人」も「お仕事の依頼を受ける相手」も、お互いに壁を作り、その壁をどんどん高くしていく事となります。

この結果、「お互いが信用できない状態」となり、「雰囲気の悪い状態」が続く事となります。

お仕事の依頼をする前にお話しをする

お仕事の依頼をする時は、その前に、「お仕事の依頼を受ける相手」と「お仕事をおこなう事」について、お話しをする必要があります。

これは、「お仕事を受ける相手の能力の確認」もそうですが、「周知されていない条件」がある可能性がある為です。

もちろん、「周知されていない条件」がある場合は、管理者との共有が必要となります。

「お仕事を依頼する人」も「お仕事の依頼を受ける相手」も、お互いが共通の認識でお仕事をおこなう事により、「勘違い」や「食い違い」を防ぐ事ができます。

また、「お仕事の依頼を受ける相手」も、お仕事の依頼を受ける時に、少しでも違和感を感じたら、その違和感を「お仕事の依頼をする人と共有」してください。

ただし、毎回のお仕事の依頼で、その度にお話しをするのも、時間をとられてしまうので、効率的とはいえません。

したがって、お話しは「初めて、お仕事を依頼する時」のみで問題はありません。

ただし、「変化」については随時、共有をする必要があります。

これは、口頭でもメールでも、「お仕事の依頼を受ける相手」から「相談がある」と言われた場合となります。

この時は、なんとか「時間を作る工夫」をして、お話しをしてください。

また、「お仕事の依頼を受ける相手」も、自分に「変化」を感じた時は、管理者はもちろん、「お仕事の依頼をする人」へ「相談」をしてください。

個人的な事は、なかなか話しづらいと思いますが、「お仕事を続ける為に必要な事」ならば、できる範囲で、「理解をしていただく努力」をする必要があります。

このような考え方や行動が日常的になると、「勘違い」や「食い違い」は、なくなっていきます。

スポンサーリンク

simacatより一言

「納得ができない」場合も、「意見の食い違い」などとなります。

しかし、「お仕事をおこなう条件」については、「意見の食い違い」はなく、ほとんどが「勘違い」となります。

この「勘違い」がもとで、感情的になった時、「得をする人」はいません。

「勘違いで感情的になる事ほど、無駄な事はない」となります。

したがって、「勘違い」を避ける為にも、しっかりと「お話し」をして、お互いを理解するようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました