お仕事が不安で憂鬱です?!だから自信が持てません?!油断や過信をする方が問題です?!

11573社会人へのアドバイス
11573
スポンサーリンク

お仕事が不安で憂鬱です?!だから自信が持てません?!油断や過信をする方が問題です?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事をしていると、「不安や憂鬱」を感じる時があります。

この「不安や憂鬱」を感じる為、「自信」を持つ事ができないという人もいるかと思います。

しかし、「お仕事で不安や憂鬱」を感じる事は、悪い事ではありません。

「不安や憂鬱」を感じるから、「備え」を考える事ができる為です。

逆に、「不安や憂鬱」を感じなくなると、それが「油断や過信」となり、「ミス」につながる場合があります。

この「油断や過信」が問題なのは、「備え」がない為、「ミス」をしても、その対応に時間がかかってしまう点です。

したがって、「不安や憂鬱を感じるから、備えを準備する事ができる」と考えるべきです。

「不安や憂鬱」は、精神的には良い物ではありません。

しかし、「感じたくはないのですが、勝手に感じてしまう物」でもあります。

「勝手に感じてしまう物」ならば、せめて「お仕事に役立てる事」を考えて頂ければと思います。

[スポンサーリンク]

お仕事が不安や憂鬱で自信が持てない

お仕事で、「不安や憂鬱」と感じ、「自信が持てない」というお話しを耳にします。

「不安」とは、「何かが気に掛かり、安心できない状態」です。

「憂鬱」とは、「気持ちが晴れず、気がふさぐ状態」です。

「不安や憂鬱」は、「自分の行動が正しいのか?」を常に考えてしまう原因となります。

そして、「自分の行動が正しいのか?」という考えから、「自分の行動に自信が持てない」と考えてしまいます。

特に、「新しい事や失敗をしてしまった事」などは、この「不安や憂鬱」を強く感じる事となります。

そして、問題なのは「不安や憂鬱を感じ続ける事」となります。

この「不安や憂鬱を感じ続ける事」で、考えが止まらなくなってしまう為です。

考えが止まらないという事は、「考える力を使い続ける事」となります。

もともと、精神的に良い効果のない「不安や憂鬱」なので、それを感じ続ける事は、「危険な状態」なる可能性あります。

ちなみに、「危険な状態」とは、自分を追い込み、「何もできない」「自分は不要」と考えてしまう事です。

この結果、お仕事をおこなう事ができなくなり、最悪、「普通の生活を送る事」が難しくなってしまいます。

「不安や憂鬱」だから、なかなか行動に移せないという気持ちは分かります。

しかし、「不安や憂鬱」を感じてしまった時だからこそ、なるべく早く、「解消に向けた行動に移るべき」となります。

不安や憂鬱を解消する為の行動

お仕事で「不安や憂鬱」を感じた時、「何が不安なのか?」「何が憂鬱なのか?」という事を考える必要があります。

そして、「不安や憂鬱を解消する為の行動」をする必要があります。

もちろん、「どうにもできない事」があります。

「不安や憂鬱」を感じる場合、ほとんどが、この「どうにもできない事」となります。

ただ、すでに「どうにもできない事」と分かっているならば、いくら考えても「どうにかなる事」はありません。

この、「どうにもできない事」は、「考えても無駄な事」となります。

とはいえ、「どうにもできない事」の全てが、「本当にどうにもできない事なのか?」については考える価値があります。

例えば、「失敗をして怒られる事は避けられない」とします。

これは「どうにもできない事」で、「不安や憂鬱」を感じる事となります。

それでは、この失敗について、「何が悪かったのか?」「どうすべきだったのか?」を考えます。

これが、「不安や憂鬱を解消する為の行動」となります。

これは、「失敗」について、「反省をして対策を考える」という事です。

この考えから得られた答えを持って、怒られてください。

そうすると、「怒られている事」が「反省をして対策を考える」事の「答え合わせ」となります。

この「答え合わせ」の結果、「自分の考えは間違っていない」と思った時、少しかも知れませんが、「喜び」を感じます。

「失敗をして怒られる事は避けられない」、「どうにもできない事」、だから「不安や憂鬱」という考えが、いつの間にか、「答え合わせ」の結果、少しかも知れませんが、「喜びを感じる事になる可能性のある事」となります。

このような考え方により、「どうにもできない事」であっても、少しは気持ちを和らげる事ができます。

これが、「不安や憂鬱を解消する為の行動」となります。

一方、「どうにかできる事」もあります。

「どうにかできる事」で、「不安や憂鬱」を感じる時は、「なんとなく感じてしまう」と思います。

実は、この「なんとなく感じてしまう」事が重要となります。

この「なんとなく感じてしまう」事柄をひとつずつ潰してく事が、「不安や憂鬱を解消する為の行動」となります。

例えば、「プレゼンが不安で憂鬱」だとします。

「プレゼンのどの部分が不安で憂鬱なのか?」を考えた時、「人の前で話す事が不安で憂鬱」だとします。

それでは、何をすれば、「人の前で話す事が不安で憂鬱が解消されるのか?」となります。

「声量」「テンポ」「ワードセンス」「時間配分」など、色々なポイントを考える事ができました。

これらのひとつひとつに対して対策をすることにより、「不安や憂鬱となる事柄」を減らす事ができます。

「プレゼンが不安で憂鬱」を例としましたが、他にも「作業」や「面談」など、色々と「不安や憂鬱」と感じでしまう事はあります。

「不安や憂鬱」を感じてしまった時、その考えで行動を止めるよりも、「解消をする為の行動」をする方が、「不安や憂鬱を減らす事」できます。

これが、「不安や憂鬱を解消する為の行動」となります。

「解消」とは、「解いて消す」と書くので、本来の意味では、「無くす事」となります。

しかし、「不安や憂鬱」は「感じたくはないのですが、勝手に感じてしまう物」なので、「無くす事」はできません。

とはいえ、「解消をする為の行動」を癖とする事により、「不安や憂鬱に慣れる」事はできます。

「不安や憂鬱に慣れる」事ができれば、「解消をする為の行動」により、「不安や憂鬱を感じ続ける事」がなくなりこれが結果的になかった事つまり解消なります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「不安や憂鬱」は無くなる事はありません。

むしろ、「不安や憂鬱」はあった方が良い物となります。

とはいえ、「不安や憂鬱」は、「精神的な問題を引き起こすキッカケ」でもあります。

あまりにも「不安や憂鬱」を感じる事が多すぎると、「不安や憂鬱を解消する為の行動」をおこなう事ができなくなります。

そのような時は、無理をするべきではありません。

休息を取るべき状況だと、自覚をし、場合によっては専門家に相談をするようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました