アナタは何ができますか!?スキル獲得の為に意識をしたい事とは?!

9807社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

アナタは何ができますか!?スキル獲得の為に意識をしたい事とは?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「アナタは何ができますか?」と聞かれた時に、「自分が身につけているスキル」を答えます。

この「スキル」は、「自然に学んで得た事柄」もあれば、「努力をして得た事柄」もあります。

よくある誤解が、「資格」となります。

一夜漬けで「資格」を取得し、それを「スキル」としている人がいますが、利用する事ができなければ、「スキル」とは言えません。

「中身のないスキル」は、「ガッカリされるだけの事柄」となります。

「利用できないスキル」は、「意味がない」という事です。

実際に利用できる「スキル」を身につける為に、意識をしたい事について触れたいと思います。

スキルとは

「スキル」とは、「能力」や「技能」という意味となります。

これは、もともと持っている「才能」に、「訓練や勉強を通して得た力」が、組み合わさった物とされています。

「訓練や勉強を通して得た力」なのですが、「自然に身につく事柄」も存在しています。

したがって、「意識をしないと発揮する事ができないスキル」があれば、「気付かずに利用しているスキル」もある事となります。

なお、お仕事の場面で「アナタは何ができますか?」と聞かれた時、その場合の「スキル」は「自分の強み」と理解をしてください。

したがって、「お仕事の場面で利用できる、自分の強み」を答える事が、正解となります。

「お仕事の場面で利用できる、自分の強み」を「訓練や勉強を通して、伸ばしていく事」が、「スキルを身につける事」となります。

「スキルを身につける事」により、「お仕事の成果の向上、品質の向上、作業時間の短縮」がおこなえると、さらに「スキルを身につける行動」がおこなえ、「好循環」となります。

「好循環の状態」が続く事は、「お仕事に対して、前向きな考え」が続く事となるので、「理想的な状態」となります。

スキル獲得の為にはアウトプットを意識する

「スキル獲得」の為には、「アウトプット」を意識してください。

「スキル」を身につける為に、「訓練や勉強」をおこないます。

これが「インプット」となります。

そして、「アウトプット」が、「目的」となります。

したがって、「アウトプット」という「目的」の為に、「インプット」をおこなう事となります。

この「目的」とは、「なぜ、必要なのか?」「どのように、利用するのか?」というポイントでイメージをしてください。

そして、「訓練や勉強でインプットした知識」にて、その答えを埋める事ができれば、それが、「利用する事ができるスキル」となります。

なお、「資格試験」などで、「一夜漬け」という物があります。

これは、「資格試験の合格」が「目的」ならば、意味があります。

しかし、「一夜漬け」は、「問題に対して回答をする事」が、「目的」となります。

したがって、身につくのは、「一夜漬け」という「勉強スタイルのスキル」のみとなります。

「資格の取得」の本来の「目的」は、「知識の収集」となり、「知識が身についている事の証明」が、「資格」となります。

仮に、「知識」が身についていないにも関わらず、「資格試験」に合格をしたとします。

当たり前ですが、「利用する場面がイメージできない知識」なので、「スキル」として利用する事はできません。

それにも関わらず、「資格」がある事により、「スキルを利用できる前提」となります。

しかし、実際には「スキル」を利用する事はできません。

これでは、「資格」を理由に「スキルの利用」に期待をしていた人は、ガッカリします。

そして、「自分も恥ずかしい想い」をする事となります。

したがって、「資格試験の合格」を目指す事は良いのですが、「一夜漬け」ではなく、しっかりと「目的」をイメージして、「知識の収集」をおこなう必要があります。

そして、お仕事を覚える事も「スキルの獲得」となりますが、この時も、「なぜ、そのお仕事が必要なのか?」、「目的」を考える事が重要となります。

「目的を知る」事で、「どのように利用するのか?」をイメージする事ができます。

このイメージにより、「必要な事」を学ぶ事となり、これが「スキルの獲得」となります。

「目的」が分からないままでは、「必要な事」が分からない為、「スキルの獲得」に時間がかかる事となったり、迷走をしてしまう事となります。

アナタは何ができますか?

「アナタは何ができますか?」と、「自分のスキル」を聞かれる場面があります。

「自分のスキル」を聞かれた時に、「とりあえず、できる事を挙げるだけ」となりがちです。

この場合も、「何が目的なのか?」を考える必要があります。

例えば、お仕事の場面で問われているのに、「お仕事と関係のないスキル」を伝えても意味がありません。

「目的」に合わせた「自分のスキル」を伝え、「学んだ経緯」も合わせると、分かりやすい回答となります。

なお、この時の「自分のスキル」は、具体的であればあるほど、伝わりやすいのですが、細か過ぎても「相手への理解」が難しくなります。

もし、可能であれば、質問をした相手に「想定している場面」を確認してください。

その場面に合わせて、「目的」を判断して、「自分のスキル」を伝えると、分かりやすい回答となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「スキル」と言われてしまうと、「プログラミング」や「コミュニケーション」などの、「名称」が思い浮かびます。

「スキルの名称」が答えられる事は、確かに格好が良いと思います。

しかし、「経験してきた事」も、立派な「スキル」となります。

もし、「自分には何もない」と思っている場合は、「自分の経験」を振り返って頂ければと思います。

具体的な「スキルの名称」を伝えられない時も同様です。

「アナタは何ができますか?」の質問に対して、「今まで、自分がしてきた事」が、「自分にできる事」となり、それが「自分のスキル」となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました