【ざっくり解説】ブランディングとは?!自己ブランディングにて自分をアピールしよう!!

【PR】スポンサーリンク
5891社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

【ざっくり解説】ブランディングとは?!自己ブランディングにて自分をアピールしよう!!

はじめに

お仕事で、自分をアピールする事は大切な事です。

アピールをする事により、多くのお仕事を体験する事ができたり、多くの人との繋がりが生まれます。

良いアピールは、人に対して自分の事を知って頂き、覚えて頂く事に繋がります。

そして、お仕事におけるアピールとは、「自分はこの様な存在である」事を伝え、お仕事を頂く行動です。

その為に必要な事が、「自己ブランディング」や「セルフブランディング」と言われている、「ブランディング」となります。

自分を「ブランディング」する事は、「自分という存在は価値のある物」だと示す事です。

ブランディングとは

「ブランディング」とは、企業活動の場で使用されています。

企業のイメージからはじまり、市場調査、商品の特徴、販売方法、サービスなど、様々な情報を集約し、売上につなげていく事を「ブランディング」と言われています。

例えば、「ウォシュレット」といえば温水洗浄便座があります。

東洋陶器(TOTO)の商品となりますが、ほとんどの方は「ウォシュレット」と聞けば、温水洗浄便座であると、イメージする事ができると思います。

この様に、名前を聞いただけで、どの様な商品なのかをイメージする事ができたら、「ブランディング」成功となります。

セルフブランディング

それでは、「セルフブランディング」とはなんでしょう?

それは、「自分(セルフ)の独自性を作る」事となります。

「自分の特技」「自分の考え方」「自分の価値」など、自分に関する様々な事柄を集約し、「自分の独自性」とします。

もちろん、「所属している会社」も「卒業した学校」も「自分の独自性」の一部となります。

そして、「ブランディング」ですので、「何らかの価値ある事」に繋がる様な発想である必要があります。

お仕事で「ブランディング」をする場合は、お仕事に繋がる内容となります。

最低限の心掛け

「ブランディング」を考える際、最低限、必要な事があります。

それは「人に受け入れられる事」です。

どれだけ自分を正直に語っても、人に受け入れられない事を「ブランディング」しても、お仕事には繋がりません。

最低限、3つの要素は「ブランディング」に取り込みましょう。

  • 人間性:正直、平等、向上心が高い、丁寧
  • 信頼性:嘘はつかない、約束は守る
  • 技術力:専門分野がある

「人間性」「信頼性」「技術力」は、その人を表す最低限の事柄です。

これに加えて「実績」などを加えると、さらに信憑性の高い「ブランディング」となります。

常に意識をし行動をする

ある程度、「自己ブランディング」の形が作られたら、それを常に意識して、行動する必要があります。

その行動が、周りの人への定着に繋がります。

定着させる事により、「こんな人、いないかな?」「こんなタイプを探している」などの、色々な人の考えの中に「自分」が加わります。

「自分」が加わる事によりに、お仕事を与えられ、活躍できる機会が増えるでしょう。

しかし、どの様な凄い活躍ができたとしても、「自己ブランディング」の姿勢は崩さないで下さい。

崩れたイメージは、あっという間に周りの人に伝わり、せっかく定着させた「自分」をまた一から定着させる必要があります。

「自己ブランディング」は周りの人に定着させた後の方が、慎重になる必要があります。

もっと良くしたい

「自己ブランディング」を「もっと良くしたいから」と考えて、唐突に色々な事を行ってしまうと、逆に「自己ブランディング」が崩れてしまいます。

確かに、良くする事は大切な事です。

しかし、急な変化は「自己ブランディング」を壊してしまう可能性があります。

1年前にお仕事を依頼して、「あの人なら任せられる」というイメージがあり、再度お仕事を依頼しようとした時、現在の状態があまりにも違う場合、お仕事を依頼する事に対して、大抵の方は不安を感じます。

「あの人なら任せられる」と感じて頂いた「自己ブランディング」は、「守るべき部分」なのです。

もし、「自己ブランディング」をより良い物にするのならば、「守るべき部分」をベースにして、「足し算」の考え行う必要があります。

失敗や過ちもプラス要素となる

失敗や過ちなど、お仕事をしていれば、沢山あります。

しかし、「自己ブランディング」を守る為に、隠そうと考えてしまいがちです。

ブランディングは、失敗や過ちをして失う物ではありません。

大切な事は「信頼」です。

「信頼」は、信じて頼って頂く事ですが、失敗や過ちに対して真摯に向き合い、2度と繰り返さない様な動きを見て頂き、その動きを知って頂く事が、「信頼」を繋ぎ止める事となります。

従って、失敗や過ちを犯した時こそ、「信頼」が深まるチャンスでもあるのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatより一言

「ブランディング」をする事により、「自分」を簡潔に説明できると共に、売り込みが行えます。

「自己紹介」を依頼される度に悩んでしまう方は、「セルフブランディング」をするべきです。

「自己紹介」に悩むと言う事は、自分自身が、整理できていないと言う事です。

「セルフブランディング」により、自分について、見つめ直す事ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました