アイデアは浮かんでも忘れてしまう?!メモをとる癖をつけて忘れないようにしよう!!

【PR】スポンサーリンク
5880社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

アイデアは浮かんでも忘れてしまう?!メモをとる癖をつけて忘れないようにしよう!!

はじめに

お仕事をしていると、ふっとした瞬間に「良いアイデア」が浮かぶ時があります。

しかし、実際にその「良いアイデア」について、検討し始めようとすると、嘘のように忘れてしまっている事があります。

後に残るのは、「良いアイデアだと思ったのに」と言う、少し残念な気持ちです。

全てのアイデアを残しておく事は難しくても、「良いアイデア」は残しておきたい物です。

メモを取る

「良いアイデアが浮かんだら、メモをとれば良い」とは誰でも思う事です。

しかし、「良いアイデア」を「文章」にするまでの間に、忘れてしまう事が多いのです。

文章にする為に考える事で、「良いアイデア」が上書きされて消えてしまうのです。

従って、メモを取る際は「文章」にする事は止めましょう。

断片的で構いません。

一通りの「良いアイデア」のメモをとり終えたら、断片化された「良いアイデア」のピースを組み合わせていきます。

このピースの組み合わせは、「アイデアの整理」にも繋がります。

そして、文章化をする事で、「良いアイデア」のアウトプットが完了します。

良いアイデアは神出鬼没

「良いアイデア」は、いつ頭に浮かぶのか分かりません。

その為に、いつでもメモをとる準備をしておく事が必要な事は理解しています。

しかし、「いつでも」「どこでも」は、なかなか難しい事です。

手が離せない時などに浮かんでも、メモをとる事は難しいと思われます。

もし、誰も居ないのであれば、スマホなどの音声メモを利用しましょう。

「良いアイデア」のキーワードを録音し続けます。

ここで、スマホのメモ機能などで書こうとする方もいるかと思います。

これは、文書化する事と同様で、「良いアイデア」が消えてしまう可能性があります。

「良いアイデア」を残しておく為には、なるべく他の事はしないようにしましょう。

アイデアの出る環境

なんとなくの感覚でしかありませんが、「良いアイデア」の出る環境があります。

それは、「場所」かも知れませんし、「音楽」を聞いている時かも知れません。

「良いアイデア」が浮かばない時は、その環境に身をおく様にしましょう。

考えは、何かキッカケがあって浮かぶ物です。

「良いアイデア」が浮かぶ環境には、何かキッカケがあるのです。

アイデアを意識する

「良いアイデア」を考えている時は、「アイデア」として認識できますが、意識をしていないと、「アイデア」として認識する事はできません。

当たり前ですね。

しかし、「良いアイデア」は、リラックスをしている時に浮かぶ事が多いのです。

考えて、絞り出す事も「良いアイデア」を生む方法の一つかも知れませんが、リラックスをする事も「良いアイデア」を生む方法の一つなのです。

そして、リラックスをしている状態は、準備をしていない事が多い為、「良いアイデア」と認識しない事が多いのです。

もし、「良いアイデア」が浮かばずに困っている方は、お風呂に浸かり、思った事を全て言葉に出して、それを録音しておきましょう。

「良いアイデア」のヒントが隠されているかも知れません。

その時は良いアイデアと思っていたが

浮かんだ時は、「良いアイデア」と思った事も実際に検討をすると、あまり良くない事に気付く事があります。

「なぜ良いと思ったのか?」と疑問に持つ事があります。

「良いアイデア」は断片的な物ですが、そのアイデアの発想に至るまでに、何かキッカケがあった筈なのです。

「なぜ良いと思ったのか?」については、そのキッカケを忘れてしまった事から起こるのです。

従って、キッカケを思い出せば「良いアイデア」となる為、浮かんだアイデアは捨てずにとっておきましょう。

何かの拍子で、「良いアイデア」となるキッカケを思い出すかも知れません。

良いアイデアを成長させる

せっかく浮かんだ「良いアイデア」ですが、採用されなかったり、実現できなかったりする事があります。

「良いアイデア」と言っても、あくまでも自分が考えた範囲でのアイデアです。

他の人には良い印象を持って貰えないかも知れません。

だからといって、「良いアイデア」を捨ててしまうのは非常に勿体無い事です。

今だから、この状況だから、「良いアイデア」が採用されなかったり、実現できなかったのかも知れません。

「良いアイデア」は間違いなく良いアイデアなのです。

従って、「良いアイデア」に対して、さらに「良いアイデア」を重ねる事で「アイデア」を成長させる事を考えるべきなのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

「良いアイデアが浮かばない」と思う人は多くいます。

「良いアイデア」は、そう簡単には浮かぶ事はありません。

だから、アウトプットをして、きちんと残しておく必要があります。

そして、「良いアイデア」があると、「良いアイデア」により、「新しい良いアイデア」が生まれる可能性があるのです。

「良いアイデア」が連鎖する事を忘れずに、しっかりとアウトプットを行い、アイデアを残す努力をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました