お仕事では忍耐や我慢が必要?!忍耐の限界?!我慢の限界?!爆発によるパニックには御用心?!!

13603社会人へのアドバイス
13603
スポンサーリンク

お仕事では忍耐や我慢が必要?!忍耐の限界?!我慢の限界?!爆発によるパニックには要注意です?!!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「忍耐や我慢」という言葉があります。

なにやら「ザ・精神論」という感じがします。

一方、お仕事では「忍耐や我慢が必要」などとも言われます。

「忍耐や我慢」がないとお仕事をする事ができないのでしょうか。

そう考えると、不安になってしまいます。

今回は「忍耐と我慢」について触れたいと思います。

「忍耐と我慢」は非常に大切な事なのですが、「限界がある物」とお考え頂きたいと思います。

忍耐と我慢

「忍耐と我慢」となります。

「忍耐」とは「耐える事」「辛抱する事」となります。

「忍耐力」とは、「耐える力」「辛抱する力」となります。

それでは、「何を耐えるのか?」「何を辛抱するのか?」となります。

これは、「つらい事」や「かなしい事」となります。

お仕事での「つらい事」とは「人間関係」「仕事量」「労働時間」などさまざまな事柄があります。

お仕事での「かなしい事」とは「ミス」「責められる」「認められない」など、こちらもさまざまな事柄があります。

これらの「つらい事」や「かなしい事」を「耐える事」「辛抱する事」が「忍耐」となり、その力が「忍耐力」となります。

なお、「忍耐」を「ただ耐えるだけ」「ただ辛抱するだけ」と思う人もいると思います。

「ただ耐えるだけ」「ただ辛抱するだけ」ならば、後述する「我慢」となります。

「忍耐」には「目的」があり、その為に「耐える事」「辛抱する事」となります。

「お仕事での忍耐」では「完遂する事」「成果を出す事」などの「目的」があり、この「目的」の為に、「耐える事」「辛抱する事」をおこないます。

この「忍耐」がある事により、「根気が持てる」「諦めない」「最後までやり通す」事ができます。

そして、「お仕事を完遂する」「お仕事の成果を出す」など、結果が出るまで続ける力が「忍耐力」となります。

「忍耐力」のある人は、「気持ちの強い人」と言い換える事ができます。

「気持ちの強い人」であるので、「ポジティブ思考」で「挑戦を続ける事ができる人」とも言えます。

それでは、「我慢」についてとなります。

こちらも「耐える」「辛抱する」など、「忍耐」と非常に近い意味となります。

それでは違いとなります。

「我慢」は「現状維持」「思考停止」の考え方となり、「つらい事」や「かなしい事」が終わるのを「ただ待つ事」となります。

言い換えると、「自分からは何もせずに状況が変わるまで動かない事」です。

一方、「忍耐」には「目的」があり、その為に「耐える事」「辛抱する事」となります。

この点が「忍耐と我慢の大きな違い」となります。

とはいえ、「我慢する力」を「我慢力」とは言わず、一般的には「忍耐力」と言われています。

特に「自分の忍耐力」について語る時、それが「忍耐なのか」「我慢なのか」をハッキリとさせる必要があります。

したがって、「自分の忍耐力」について語る時は、「忍耐力」は使用せず、「目的を果たす為に継続力がある」というイメージになるように、お話しを工夫するようにしてください。

[スポンサーリンク]

忍耐や我慢の限界

「体力」と同じように「忍耐力」にも限界があります。

これは「我慢」も同じです。

「忍耐力」とは「耐える力」「辛抱する力」なのですが、これにも「限界がある」という事となります。

そもそも、「耐える事」「辛抱する事」は「自分の考えを抑える行為」となる為、「精神的な負担」となります。

この「精神的な負担に耐える力」が本来の「忍耐力」となります。

しかし、人間なので「精神的な負担」に耐えられなくなる時があります。

この時、「爆発」という言葉が使われるのですが、「パニック状態」となり「暴言や暴力などの問題行動」をしてしまう事があります。

そして、そのあとに残るのは「怖い人」「信じられない人」などの「非難」となります。

当然、評価にも影響します。

「耐えて」「辛抱して」、その結果が「非難」になると、なんの為の「忍耐や我慢」だったのかが分からなくなります。

「忍耐や我慢」をする時は、できるだけ「精神的な負担を軽くする努力」も合わせておこなうようにしてください。

これは、「人に話す」「文章に書き出す」「運動をする」など、一般的に「ストレス解消」といわれている行動です。

「忍耐や我慢」をする事がある場合、同じか、それ以上の「ストレス解消」を心掛けるようにしてください。

スポンサーリンク

simacatより一言

お仕事では「忍耐や我慢」はつきものとなっています。

しかし、「忍耐や我慢」に慣れてしまうと、自分でも気づかないあいだに「精神的な負担」をかけ続ける事になります。

その結果が、「心の病気」です。

「心の病気」となってしまい、「お仕事が続けられなくなる」「日常生活を送れなくなる」などで、苦しんでいる人がたくさんいます。

お仕事だから「忍耐や我慢」をする。

それは仕方のない事なのかも知れません。

それでも、できる限り「精神的な負担を減らす事」を考えるようにしてください。

ちなみに「精神的な負担」ですが、ある程度は「自然に解消する」事が可能です。

ならば、できるだけ「自然に解消される」ような考えを持つ事がお仕事では必要となります。

その為に考えて頂きたい事が、「自分にプラスとなる事」となります。

「自分にプラスとなる事」は「自分にメリットがある事」となります。

「自分にメリットがある事」ならば、「忍耐や我慢が報われる事がある」という事です。

「忍耐や我慢が報われる時、精神的な負担は自然に解消される」事となります。

よって、お仕事では常に「自分にプラスとなる事柄を準備しておく」ようにしてください。

いわゆる「ご褒美」という物です。

「自分にプラスとなる事がない忍耐や我慢」は「ただ損をするだけの行為」となり、「精神的な負担」となってしまいます。

よって、できる限り「自分が得をする事」を考えて、日々のお仕事と向き合うようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました