会釈とは?!人と目があったら会釈をするべき?!会釈とは無言のリアクションなのです!!

8836社会人へのアドバイス
simacat.com

会釈とは?!人と目があったら会釈をするべき?!会釈とは無言のリアクションなのです!!

聞き流し用動画(YouTube)

社会人へのアドバイス:会釈とは?!人とすれ違い目があったら会釈をするべき?!会釈はリアクションなのです!!

はじめに

人と向き合った時、「挨拶」という物があります。

あと、何かしてもらったら「お礼」、悪い事をしたら「謝罪」など、人と接すると、言葉だけではなく、態度であらわさなくてはいけない場面があります。

これができないと、「常識知らず」「おかしな人」「嫌な人」となってしまいます。

理由は、「礼儀がなっていない人」と思われるからです。

なら、「口に出して、態度であらわせば、礼儀ができているのか?」となりますが、「礼儀」はそれだけではありません。

話さずに態度であらわす、「会釈」という物があります。

頻繁に「会釈」をする人を「誰にでも頭を下げる人」というイメージを持たれるかも知れませんが、違います。

「誰にでも会釈ができる人」は、「誰からも好感を持たれる人」です。

社会人として、「会釈」は「礼儀の一環」です。

また、誰からも好感を持たれる為、「日頃より、心がけるべき行為」となります。

会釈とは

「会釈」とは、「軽いお礼やお辞儀の事」となります。

知り合いとすれ違った時に、軽く頭を下げたりする行為です。

これは、「相手の存在を認知しました」「相手の行動を認知しました」という事を「相手に伝える行為」です。


したがって、「軽く頭を下げる様子」を思い浮かべると思いますが、「挨拶」「お礼」「謝罪」を行っても同じ意味となります。

「では、挨拶などとの違いは何か?」となりますが、「挨拶など」は言葉を発しますが、「会釈」では、言葉は不要となります。

相手が、「お客様や上司など」の場合、気軽に話しかける事ができません。

また、「相手が他の誰かと話している」場合も、話しかける事はできません。

これは、仲間であっても、勝手に話しに割り込むのは、マナー違反となります。

こういった場合、「自分が認知した事を知らせる行為」として、すれ違う時に「会釈」をします。

あと、「言葉でお礼を言うほどの事でもない場面」があります。

そのような時は、「良くしてくれた事を認知した行為」として、「会釈」をします。

時々、「会釈のお礼」が伝わらない人がいますが、その時は、言葉で「お礼」を伝えてください。

会釈って必要なの?

「会釈って必要なの?」と思う人もいるかと思います。


もちろん、しない人もいます。

例えば、「会釈」や「挨拶など」を面倒に思い、下を向いて歩いていると、「姿勢が悪い」「元気を出せ」などと、先輩や上司から声をかけられます。

その結果、正面を向いて歩くようになるのですが、その時にどうしても、すれ違う人と視線があってしまいます。

この時、「会釈」をしない為には、視線をそらしたり、無視をするしかありません。

この状態は、「存在を分かっているのに、知らないフリ」となるので、自分も相手も「嫌な感覚」を感じます。

もし、「嫌な感覚」を感じるならば、相手に無視をされても「会釈」をするようにしてください。

少なくても、自分だけは「嫌な感覚」を、感じなくなります。

ちなみに、この「嫌な感覚」を感じない人が、「会釈」をしない人となります。

会釈をするメリット

「会釈」をする事は、「相手の存在を認知する事」となります。

例えば、社内ならば、通り過ぎる知らない人も、同僚となる日がくるかも知れません。

そのような時、もし、相手も「会釈ができる人」ならば、すんなりと打ち解ける事ができます。

なぜなら、「存在を認知する事ができる人」は、「人を受けいれる姿勢ができている人」だからです。

逆に「会釈」をしない人は、「自分を受け入れて貰えない可能性がある」と思われます。

たんなる「印象の問題」なのですが、これが「感じが悪い人」などの誤解を生んでしまいます。

お仕事と関係のない部分で、誤解を招かない為にも、最低限の「会釈」はマナーとして、日常の行動に取り入れるようにしましょう。

ちなみに、「相手の存在を認知しました」という事なので、偉い人やお客様に「会釈」をすると、「良い気分」になってもらえます。

もちろん、「会釈」を返される事はありませんが、「相手の気分をコントロールできた」と思うと、気持ちがよくなります。

simacatより一言

デキる人ほど、「会釈」が上手です。

特に誰かと話しをしている時でも、目があったら、部下や後輩であっても何かしらの「リアクション」をしてくれます。

そうなんです。

「会釈」は、「相手の存在や行動を認知」した時の、「リアクション」です。

したがって、頭を下げるだけではなく、声をかけても良いですし、手を振るのも良いと思います。

それが難しい場合の「会釈」となります。

「挨拶」「お礼」「謝罪」をうまく言葉にできない場合、「会釈」などの「リアクション」をとるようにしてください。

「無視やスルー」は、「相手の存在や行動を認知しない行為」となってしまい、その結果、相手を怒らせたり、悲しませたりする事となります。

特にお仕事の場面では、それがキッカケで「苦手意識」を持たれてしまう可能性があるので、十分に気をつけるべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました