お仕事中の雑談はいらない?!ルールを守った良い雑談であれば必要です!!

【PR】スポンサーリンク
6277社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

お仕事中の雑談は要らない?!ルールを守った良い雑談であれば必要です!!

はじめに

「雑談」と聞くと、お仕事をサボっていると思われがちなので、職場の雰囲気により難しい場合があります。

もちろん、常に雑談ばかりではお仕事が進まないので、「適度に」という条件が付きますが、雑談も時には必要な時があります。

「良い雑談」には、「気分転換」ができたり、「やる気を回復」させる効果があります。

「良い雑談」があるという事は、「悪い雑談」と言うのもあります。

「悪い雑談」は、無理矢理お話しをして、気疲れをしたり、余計にストレスが溜まったり、「お仕事を続けていた方が、マシだった」と思ってしまいます。

どうせ、雑談をするなら、「良い雑談」をするべきです。

普段のお仕事で、雑談に慣れていない方も「良い雑談」を取り入れて、お仕事の効率アップに繋げて頂ければと思います。

良い雑談

「良い雑談」は「お話しをして良かった」と感じられる結果となる事が重要です。

そもそも「雑談」には、お話しをする内容は決められていません。

従って、気分が晴れるような内容であれば、特に内容を縛る必要はありません。

もちろん、お話しの後は、お仕事に戻らなくてはいけない為、あまりノンビリと会話をする事はできませんが、お仕事により、溜まったストレスのはけ口にはなるでしょう。

お仕事の仲間同士の雑談の場合、「問題解決の糸口」となる可能性がありますし、気分転換やストレス発散に有効な雑談ならば、時間の許す限り、取り入れるべきです。

なお、「良い雑談」とする為には、お話しをする者同士で、気づかいが必要です。

お互いの事を考えて、譲り合った会話をする必要があります。

誰かの一方的なお話しの場合は、「一人の為に、まわりを犠牲にする」事となります。

その様にならない様に配慮をする必要があります。

特に、上司や先輩は、部下や後輩に対して、「受け入れる姿勢」をする様に心掛けて下さい。

部下や後輩の「ガス抜き」をするとお考え下さい。

悪い雑談

「悪い雑談」は、「お話しをしなければ良かった」と感じる結果となった時です。

「後味が悪い」「気分を害してしまう」などは、「単なる時間の無駄づかい」となります。

そして、最悪なのは、その後のお仕事に影響を与えてしまう事です。

雑談の内容が頭から離れず、「お仕事に集中ができなくなる」などは、最悪の状態です。

「悪い雑談」が続くようならば、雑談への参加は控えるべきです。

因みに「悪い雑談」にわざわざ参加したいと思わないと思いますので、この様な雑談に参加する時は、「誘われる側」となっているでしょう。

その様な時は、「今、手が離せないから後で行く」など、やんわりと誤魔化してしまいましょう。

悪い雑談にしない

「悪い雑談にしない」為には、自分の中でルールを決めましょう。

雑談が、このルールに反するような内容になりそうな時は、「そろそろ戻らないと」とか、「やらなければいけない事を思い出した」など、早々にその場から離れるようにしましょう。

因みにルールに取り入れたい内容をいくつか挙げます。

  1. お仕事中の他の人に迷惑をかけない
  2. 人の噂話や悪口を言わない
  3. 恋愛沙汰には触れない
  4. プライベートの問題には触れない
  5. 犯罪に関わる事には触れない
  6. 差別を含む公序良俗に反する事には触れない
  7. 自分の考えと全く一致しない事には触れない

などなどです。

特に、自分自身が「人としてどうなんだろう?」と思える事柄からは、全力で逃げるようにして下さい。

もし、ピンとこない人は、「もし、その雑談の内容が、他の誰かに聞かれた時、自分は責任を持てますか?」と、自分に問いただして下さい。

それが、「悪い雑談にしない」為の最低限のルールとなります。

雑談で人を知る

「雑談で人を知る」事ができます。

雑談から知りあいができる事もありますし、今まで接しづらいと思っていた人とも、打ち解ける事ができる可能性があります。

お仕事に於いて、「多くの人と繋がる事は、それだけ多くの事を得られる」と考えるべきです。

そして、「得意なお仕事」や「苦手なお仕事」などの情報は、お仕事をこなしていくのに、非常に役に立ちます。

自分はもちろん、職場全体で「困った事がある時、誰に聞けばわかるのか?」という疑問に悩まされる機会は減るでしょう。

そして、顔見知りという立場を利用して「頼み事」もしやすくなるでしょう。

また、「自分が得意な事を知って貰えれば、活躍の場が広がる」かも知れません。

このように、雑談により人を知る事で、人と人との結びつきが生まれます。

そして、その結びつきを活用する事ができれば、お仕事を有利に進める事がるようになります。

【PR】スポンサーリンク

simacatより一言

「雑談」は、特に新入社員や配属されて間もない人など、右も左も分からない人に対して、お互いの事や職場の事を知るのに、良い機会となります。

ただ、「雑談が苦手」という方もいるので、くれぐれも「無理矢理」は禁物です。

雑談の中には、時間を決めて行う場合がありますが、それは「面談」です。

「面談」とは、「面会をして、直接お話しをする」という意味となります。

「雑談」と非常に似ているのですが、「面談」は、お話しをする内容が、ほぼ決められています。

一方、「雑談」は内容も時間も決められていません。

「好きな事を好きなだけ、お話しをする」事が「雑談」の趣旨となります。

そんな「雑談」ですので、特にお仕事の合間の「雑談」は、しっかりとルールを守り、お仕事に影響のない範囲で行うようにして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました