自分はそう思いません?!反対意見を言う時の注意点とは?!

9469社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

自分はそう思いません?!反対意見を言う時の注意点とは?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事で同僚の意見に対して、「納得できない時」があります。

これは、同僚に限らず、「上司やお客様」に対しても、同様です。

「納得できない時」とは、「自分が違う考え」を持っている時です。

そして、特に「何かを任される時」は、この「納得できない状態」でおこなう事は、大変な苦痛となります。

そこで、「納得できない」ので、「自分の考え」を相手に伝えます。

これが、「反対意見」です。

この、「反対意見」は、「相手を否定する事」のように受け取られる場合もあり、言う事をためらってしまう場面もあります。

しかし、「自分の考え」と違う事を受け入れてしまうと、「自分が悩む事」となります。

上手に「反対意見」として、「自分の考え」を伝える事で、「自分が悩む事」が避けられ、「自分の考え」が、取り入れられるかも知れません。

反対意見の受け取られ方

「反対意見の受け取られ方」が、一番気を遣う部分となります。

「反対意見」は、「相手が思っている事に反した意見」となります。

これは、「異論」となります。

「異論」は、「ある意見とは異なる意見」なので、悪意などはないのですが、なぜか「否定的な意見」として、受け取られてしまいます。

とくに「上司や先輩」の中には、「良く思わない人」もいると思います。

そして、この「異論」があまりにも多いと、「上司や先輩」から、「反抗的な人」と思われます。

あくまでも、「自分の考え」を持ち、「自分の意見を伝えている」だけなのですが、「悪い印象」を与える事となります。

したがって、「自分の意見」を伝えるだけなのですが、「反対意見」を伝える時は、「気遣い」をする必要があります。

必要な気遣い

「反対意見」を伝える時の「必要な気遣い」とは、「相手の意見を理解した」と伝える事となります。

当たり前ですが、「相手の意見」を理解しないで、「反対意見」を伝える事はできません。

「反対意見」とは、「相手の意見」があり、それを「自分なりに整理をした考え」となります。

自分で考えて、「不備・不具合・不満を見つけ、それらに対する対応の意見」が、「反対意見」です。

しかし、「反対意見を言われた側」は、そこまで考えが及ばず、ただの「否定的な意見」として受け取ってしまいます。

これを防ぐ為にも、まずは「相手の意見を理解した事」を伝えてください。

「相手の意見を復唱」しても良いです。

「相手の意見」で、「想定される結果を考えて伝える事」でも良いです。

まずは、「相手の意見で考えた事」をアピールしてください。

それが、「反対意見」を言う時の「必要な気遣い」となります。

伝えづらい

「必要な気遣い」をしても、「伝えづらい」場面があります。

例えば、「上司や先輩、お客様」などとなります。

これは、「反対意見」を伝える事で、「相手に恥をかかしてしまう事」があるからです。

相手の印象は、恥をかけば、かくほど、悪くなっていきます。

また、「反対意見」が「正しい意見」だとしても、却下されてしまう可能性もあります。

このような場面で「反対意見」を伝える時は、「質問形式で誘導」をするようにしてください。

「すいません、確認をさせてください」と、一声かけてから、「自分なりに整理をした考え」をもとに、順番に、「不備・不具合・不満」を一つずつ、質問形式としてください。

質問に対する回答という形となるので、「反対意見」という印象を薄める事ができます。

なお、あまりにも、質問が多いと、「話しを聞いていないのか?」と疑問を持たれてしまいます。

あまりにも「質問」が多い場合は、「重要な物」「根幹の部分」に、絞りこむようにしてください。

人間関係が重要

「反対意見」を受け入れてもらう為には、「人間関係が重要」となります。

人の意見に対して、「否定的な意見」として受け取られてしまうのが、「反対意見」です。

「人間関係が良好」だと、「反対意見を言いやすい環境」「反対意見を受け入れやすい環境」となっています。

これは、意見をする環境にいる人同士が、「お仕事の事を真剣に考えている」「否定的な事は言わない」など、「お互いが信じ合っている状態」となっているからです。

逆に、「人間関係が良好ではない環境」では、「反対意見」は「否定的な意見」としか受け取られません。

当然、まともな「意見」が出てくる筈もなく、「上司や先輩」の言うままに、お仕事をする事となります。

「反対意見」であっても、「意見」です。

「お仕事での意見」には、「お仕事を良くする為のヒント」があります。

人の数だけ「意見」があり、その数だけ、「お仕事を良くする為のヒント」があるという事となります。

色々な「意見」が飛び交う環境は、「人間関係が良好な環境」と言え、これが「人間関係が重要」という理由となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「反対意見」は「自分なりに整理をした考え」となります。

そして、「自分に知識や経験がある事」が前提となります。

「自分に、知識や経験があるのか不安」と思っている場合、「反対意見」を伝える事は難しいと思います。

ですが、伝えなくても、「自分の中で疑問に思い、正解を考える事」は必要な事で、それが「知識や経験」となっていきます。

「自分に、知識や経験があるのか不安」な場合、「反対意見」は、伝えなくても構いません。

まずは、「考える事」から始めてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました