選ばれる人ってどんな人?!お仕事で選ばれる人になる為の行動とは!!

9424社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

選ばれる人ってどんな人?!お仕事で選ばれる人になる為の行動とは!!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事をしていると、「この仕事は任せる」「今度、こんな事があるが、やってみるか?」など、「選ばれる事」があります。

「選ばれる事」は、そもそも「注目をされている結果」となります。

そして、お仕事の結果を出せば「評価」が上がります。

「評価」が上がる事で、さらに「選ばれる事」となります。

これが繰り返されると、「昇進や昇格」など、待遇面に変化が現れます。

言い方を変えると、「お仕事が認められた事」「自分の価値が向上する事」となります。

逆に、「選ばれない人」もいます。

この中には、「選ばれる事を拒否している人」がいますが、「できれば、選ばれたい」と考えている人もいます。

「できれば、選ばれたい」、このように考えている人に対して、「選ばれる為には、何をすれば良いのか?」、「選ばれる為の行動とは?」について、触れたいと思います。

選ばれる可能性がある事柄なのか?

そもそも、「選ばれる可能性のある事柄なのか?」という点が、もっとも重要となります。

お仕事には、「色々な事柄」があります。

そして、「自分ができる事、やりたい事」など、色々あると思います。

「自分ができる事、やりたい事」、だから「選ばれたい」と思うのは、普通の気持ちです。

しかし、お仕事である以上、気持ちだけで、「選ばれる事」はありません。

したがって、「自分ができる事、やりたい事」について、「知る」必要があります。

すごく簡単な例となりますが、「IT関連のお仕事をしたい」と思うとします。

それでは、「IT関連のお仕事」で、「具体的に何をするのか?」となります。

この「具体的に何をするのか?」を自分自身で分かっていないと、「選ばれる事」はありません。

なぜならば、「任せる事ができる」「やらせてみたい」など、「選ぶ為の理由」がないからです。

「選ぶ為の理由」は、「知識や技術が身についている事」が大前提となります。

したがって、「IT関連のお仕事」には、「どの様な業務があるのか?」を調べ、その業務について、ある程度の「知識や技術」を身につける必要があります。

その「知識や技術」があって、はじめて「選ばれる可能性」が出てくる事となります。

選ぶ人を選ぶ

「選ばれる」為に重要なのが、「選ぶ人を選ぶ事」となります。

これは、当たり前の事なのですが、「選べない人」の前で、どのように頑張っても、「選ばれる事」はありません。

間接的に「選ぶ人」へ、「評価」という形で、伝わっているのかも知れませんが、直接、関係を持つよりも、「効果が薄い物」となります。

「選べない人を無視する」という事ではなく、「選べない人」に対しても、「選べる人」に対しても、同様に「頑張る姿勢を見せる必要がある」という事です。

あと、現在の業務とは、関係のないお仕事の「知識や技術」を身につけている場合があります。

これも「評価の対象」とならない為、その「知識や技術」を理由にしても、「選ばれる事」はありません。

ただし、もし、その「知識や技術」を活かせる部署が社内にあるならば、そこでは「評価」をされる可能性があります。

「選ばれる人」になりたいのであれば、そのような部署への移動を検討するべきとなります。

そして、さらに「別の会社ならば、選ばれるかも知れない」、という発想も生まれてくると思います。

「選ばれる事」で「評価」を上げて、「待遇の改善」を望むのであれば、「選ぶ人を選ぶ事」が重要となります。

選ばれる為の行動とは?

お仕事で、「選ばれる為の行動とは?」に、ついてとなります。

もちろん、「知識や技術」は基本となりますが、残念ながら、「実力だけで選ばれる可能性」は、それほど高くはありません。

実力だけではなく、「人間性」も重要視される部分となります。

「選ぶ人」にも、「評価」があります。

仮に、「選んだ結果が失敗」となった時、「選んだ責任」が発生します。

この時、「選んだ人」は「選ばれた人」に対して、「感じる気持ち」があります。

この「感じる気持ち」に対して、「選ばれた人が、どのように行動するのか?」が、「人間性」のあらわれる部分となります。

この「人間性」に問題があると、次に「選ばれる事」はないか、かなり先となるでしょう。

では、「選ばれる為の行動」での「人間性」で、気をつける点となります。

  • 与えられたお仕事を理解し、分からなければ確認をする
  • 失敗はもちろん、普段の業務に対しても、反省と改善をおこなう
  • しっかりと、コミュニケーションをとる
  • 与えられたお仕事は最後までやり遂げる
  • 自分以外の人間に対して温厚に、平等に接する
  • 周りの人に共感される考えを持つ

これらは、お仕事をする上で「基本の姿勢」となります。

失敗をした時、油断をしている時、これらの「基本の姿勢」が崩れてしまう事があります。

したがって、どのような時でも、この「基本の姿勢」を崩さずに、お仕事を続ける事が、「評価」につながり、それが「信頼」となり、「選ばれる人」となります。

実は、「当たり前の事を当たり前に続ける事」が、「選ばれる人になる為の行動」となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「選ぶ人」に近づく事も、「選ばれる人」となる為の手段となります。

これを「ズルイ」と思う人がいるかも知れませんが、問題がないのなら、是非、おこなうべき行動となります。

もちろん、「倫理的にNGとなる行為はダメ」なのですが、雑談が可能なレベルまでは、関係性を築いて頂きたいと思います。

どうしても「選ばれない」という人についてとなります。

これは、「選ぶ人に、直接、理由を聞いてみる」事をおすすめします。

理由を聞く事で、「答え」を得る事となります。

その「答え」にしたがって、「選ばれる人」となる為の努力をして頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました