逆撫でとは?!人の神経を逆撫でする人とのお付き合い?!やめた方がいいですよ?!どうしても必要なら対策をしましょう?!

12037社会人へのアドバイス
12037
スポンサーリンク

逆撫でとは?!人の神経を逆撫でする人とのお付き合い?!やめた方がいいですよ?!どうしても必要なら対策をしましょう?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事でも学校でも、色々な人との「お付き合い」があります。

この「お付き合い」の中で難しいのが、「きらいな人」との関係や距離の取り方となります。

そんな「きらいな人」の中には、「人の神経を逆撫でする人」がいます。

このような人との「お付き合い」は、本当にイライラします。

今回は、「人の神経を逆撫でする人」についてと、その対策について触れたいと思います。

[スポンサーリンク]

人の神経を逆撫でする人

「人の神経を逆撫でする人」についてとなります。

「逆撫で」の意味となりますが、「逆撫で」とは、「毛の生えている向きに逆らうように撫でる事」となります。

この撫で方が「人の感触に障る撫で人」となり、そこから「人の神経に不快な刺激を与える言動」となっています。

簡単にいうと、「わざと人の気分を害する発言をする人」という意味になります。

しかし、実際のところ、「わざと」おこなっているのかは、不確かとなります。

「わざと」しているのであれば、気をつける事ができますし、やめることも可能です。

「わざと」ならば、「お話しをする相手によって、コントロールする事ができる」ので、「人の神経を逆撫でする人」のイメージからは、外れます。

「人の神経を逆撫でする人」は、「わざと」ではなく、「無意識に人の気分を害する発言をする人」というイメージではないでしょうか。

例えば、「人をバカにした言葉」「デリカシーのない言葉」「礼儀を軽んじている言葉」など、「相手がどのように受け取るのかを考えていない言動」となります。

もちろん、このような言動を受け取った人は、気分を害し、「不快感」を感じます。

そして、普通の人の考え方だと「不快感」を感じる人とは、できるだけ関わらないようにします。

その結果、「人の神経を逆撫でする人」は孤立してしまうのですが、別のターゲットを見つけると、再び、同じ事をおこない、徐々に被害者が増えていく事となります。

そして、「人の神経を逆撫でする人」が問題なのは、「直さない事」となります。

誰かに指摘をされても、「自分のどこが悪いのかを理解できない」為、「悪いのは相手」となります。

本来は、「相手がどのように受け取るのかを考えていない」部分に、気づく必要があるのですが、残念ながら、そこに考えが至る事はありません。

したがって、「人の神経を逆撫でする人」と関わると、「不快」や「ストレス」を一方的に与えられる関係となります。

人の神経を逆撫でする人の対策

「人の神経を逆撫でする人」との、「お付き合いをする上での対策」となります。

できれば、関係は断ち切った方が、精神衛生上、良い結果となります。

とはいえ、お仕事などでは、どうしても関係を断ち切る事が難しいと思います。

ならば対策をして、できるだけ「自分にかかるストレス」を減らして頂きたいと思います。

対策の例を挙げます。

  • お話しを真剣に聞かない
  • すぐに忘れるつもりで、お話しを聞く
  • 自分が限界だと感じたら、すぐにやめる
  • 考え方を知る(反面教師)
  • 不愉快と感じた事をメモに残す

などとなります。

特に、「自分が限界だと感じたら、すぐにやめる」についてですが、これは「自分が傷つく」可能性がある為となります。

ただでさえ、ストレスを一方的に、与えられ続けている状態です。

そこに「心のない言葉」を投げかけられると、簡単に「心」が傷ついてしまいます。

したがって、「急用」でも良いですし、「トイレ」でも良いので、お話しを終わらせてください。

なお、お仕事では、お客様の中にも「人の神経を逆撫でする人」がいらっしゃいます。

この場合は、「我慢するしかないのか?」と考えてしまいます。

できれば、自分の会社に持ち帰って、先輩や上司に共有をするようにしてください。

これは、「万が一の事故」に備える為となります。

「万が一の事故」とは、怒りを感じて、それを表現してしまい、お客様との関係が悪化する事です。

「神経を逆撫で」される事により、怒りを感じてしまい、「喧嘩」や「暴力」に発展した時、当たり前ですが、これは「自分の責任」となります。

しかし、「人の神経を逆撫でする人」との関係を先輩や上司と共有しておく事で、少なくても「発作的な感情の爆発」でなく、「前から火種が燻っていた」事となり、その環境を改善しなかった、「先輩や上司にも責任がある」事となります。

できるだけ、「人の神経を逆撫でする人」の存在を広めておく事により、「自分の責任」を薄める事が可能となります。

「人の神経を逆撫でする人」と関係を維持しなくてはいけない時、できる限り、自分だけで抱え込まないでください。

いろいろな人に「自分の状態」を共有して、「ストレスや責任を軽減する工夫」をおこなってください。

これが、「人の神経を逆撫でする人」との、「お付き合いをする上での対策」となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

わざと「人の神経を逆撫でする人」は、かなりの実力者です。

これは「人の気持ちをコントロールする」事となる為です。

「怒り」は、人の考えを鈍らせます。

したがって、何かを決めさせる時、あえて「怒らす事」で、自分が考えた通りに事が運ぶように、コントロールできる事となります。

そして、この「わざと」ができる人は、その後の「フォロー」も素晴らしく、「怒らせた事」を忘れさせ、今後のお付き合いに影響がでないようにしています。

とはいえ、一時とはいえ、「不愉快な思い」をさせているのは事実です。

「人としてどうなのか?」考えると、おすすめできないテクニックとなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました