お説教はウザい??ありがたい??お説教は受ける人の為の行為である筈!!

【PR】スポンサーリンク
6657社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

お説教はウザい??ありがたい??お説教は受ける人の為の行為である筈!!

はじめに

若い頃は、お説教をされる事が、しばしばあったかと思いますが、歳を重ねるごとに、その機会は減っていると思います。

「経験が浅い頃は、経験を補う為に、お説教は存在する」と考えると、「お説教も自分の成長に役立つ行為」とする事ができます。

したがって、無闇に嫌がる必要はありません。

しかし、単なるお説教であれば良いのですが、「ストレスの発散や嫌がらせ」としか思えない言動や、何を言いたいのか理解に苦しむような内容など、そんな事を延々と繰り返す様なお説教だと、非常に苦痛を感じる時間となります。

そもそも、お説教は「自分に足りない部分を指摘され、改善にむけた方法を教わる行為」です。

自分が感じる事のできない事柄を指摘されるので、理解に苦しむのは当然の事となります。

しかし、自分なりに理解をしないと、お説教をされる意味がありません。

お説教を受ける事となった時、自分に役立つ事柄とそうではない事柄を分けて、必要な部分のみを冷静に吸収をするようにしましょう。

お説教とは

本来、「お説教とは」どういう物なのでしょう?

まず、意味となりますが、「教訓をたれる」とか、「教え導く為に言って聞かせる」などとなります。

教訓については、誰かが思い、言った事柄に感銘を受け、その事を言い伝えると言う意味となります。

宗教の世界で、一般的に行われています。

また、子供の頃に親や先生から、社会人になると上司や先輩から、お説教を受けるケースがありますが、これは「教え導く為」となります。

これらは、「自分の足りない事柄」「自分に必要は事柄」「自分が失敗した事柄」など、様々な事柄について、「お説教をする人の経験や常識」に基づいて、「教え導く為の行為」となります。

本来、「お説教をする人」は、「お説教を受ける人」の事を考えて行います。

そして、「お説教を受ける人」も、その必要性を感じ、貴重な知識として、自分に取り入れます。

聞く姿勢

「お説教を受ける」時には、「聞く姿勢」という物があります。

これは、「お説教をする人」を怒らさない様にするという事ではありません。

「お説教を受ける人」は「お説教をする人」を信じるという事です。

そして、お話しを前向きに聞くように心掛けて下さい。

途中、不明な点があった場合でも、言葉を遮らず、一通りのお話しが終わってから、質問をして下さい。

どうしても、忘れてしまいそうな場合は、「メモをとっても良いか?」と確認をして下さい。

全ての行動は「お説教をしている人が決める」と考えて下さい。

そして、お説教の中から、できるだけ多くの事を自分に吸収する様にして下さい。

「お説教」は、されて気持ちの良い物ではありません。

しかし、お説教は「お説教を受ける人の為の行為」です。

お説教を受ける場合は、一つでも多くの事を得る事を考えて、お話しを聞く事を心掛けてください。

ストレス発散や嫌がらせ

お説教が「ストレス発散や嫌がらせ」になっている場面があり、残念ながら、お説教のイメージはこちらが強い為、嫌がられる行為となっています。

お説教を行う人が、感情の勢いに任せて、考えもまとめず、ただ言いたい事を何度も繰り返す行為があります。

これは、「お説教を受ける人の為の行為」が、「お説教をする人の為の行為」となってる状態で、単なる「ストレス発散」か「嫌がらせ」となります。

お説教について、これらのイメージを持っている、もしくは、持ってしまった場合は、お説教の内容を吸収する事が難しくなります。

これは「お説教をする人」に責任はあるのですが、「お説教を聞く側」にも「姿勢」や「口ごたえ」などの「態度」に問題がある場合があります。

しかし、第3者から見ると、決して良い光景でないことは確かです。

聞き流す

「お説教」が「ストレス発散」や「嫌がらせ」となっている時、これは「悪意のお説教」です。

この「悪意のお説教」については、「聞き流す」事が必要となります。

「悪意のお説教」は、単なる「言葉の暴力」です。

「お説教をされる人の心」に対して、ダメージを与えていく物と考えて下さい。

そして、ダメージを受けない為には、「聞き流す」事が重要です。

「姿勢」として、表現をしてしまうと、「悪意のお説教」が長くなってしまうので、「聞く姿勢」は崩さないで下さい。

そして、「お説教」の中に所々でてくる「キーワード」のみを記憶し、あとは他の事を考えましょう。

「こんばんは何を食べようか?」「今の欲しい物ランキング」「休みの日は何をしよう?」

なんでも構いません。

「悪意のお説教」をまともに聞く必要はありませんし、全てを聞いても、自分の得になるような事はありません。

なぜならば、「悪意のお説教」は「お説教をする人の為の行為」だからです。

ただでさえ、貴重な時間を奪われているのです。

それ以上、余計な負担を自分に強いる必要はありません。

【PR】スポンサーリンク

simacatより一言

「お説教」は、「お説教を受ける人の根本的な考え方」を変えて欲しいから行います。

しかし、「人の根本的な考え方」を簡単に変える事はできません。

だから、「お説教」の時間は長くなり、頻度も増えていきます。

そして、残念なのは、この方法は逆効果となる事です。

「お説教」は短い時間で行い、「何を理解したのか?」を確認した方が、「お説教を受ける人」には効果的となります。

世の中には、何回話しても、理解ができない人がいます。

その場合、お説教は意味がありません。

なぜならば、「言葉を理解して貰えない」からです。

そして、「お説教をする人」がストレスを感じる事となるでしょう。

その時は、「お説教」の前に、お互いの考え方を理解する所から始めて下さい。

お互いの考え方を理解した後の方が、「お説教」は効果的となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました