結果がないと成果は出せない?!仕事を行う時は必ず成果を出そう!!

【PR】スポンサーリンク
2464社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

結果がないと成果は出せない?!仕事を行う時は必ず成果を出そう!!

はじめに

結果がないと成果の判断が行えません。

「だから結果を出すべきです」と言う考え方となるのですが、

仕事の場でよくあるのが「結果が見えない作業」を行なってしまう事です。

例えば、上司やお客様に相談を受けて調査と言う作業が始まるのですが、

調査は「どこを結果とするのか」を予め決めておかないと、

いつまでも終わりの見えない作業となります。

そして結果は出ず、成果をあげる事ができない場面が出てきてしまいます。

お仕事を請け負う時は必ず、「結果をどのポイントとするのか」を

決めてから作業を始める必要があります。

結果とは

結果とは何かを成した時の終わりの状態です。

例えば「今日中に調査をして欲しい」と依頼をされたとすると、今日の終業のまで調査を行うでしょう。

この場合の結果は「今日の時間をいっぱいまで使って、調査を行う」事となります。

成果とは

それでは成果とはなんでしょう?

前述の例に続きますが、今日中に調査をした結果が「依頼主が満足できた」場合は「成果」となります。

残念ながら「依頼主が満足できない」場合は、成果とはなりません。

しかし、依頼主が満足できなくても、調査をした事が今後の何かの役に立つ場合は「成果がある」と判断をする事ができます。

「成果」とは何かを行う事によって、「無駄な事がなく、今後に生かせる何かを得られた」と言い換えて良いでしょう。

結果を得る為には

仕事の始め方

仕事を始める時は「いつまでに何をするのか」の指示を受ける事があっても

「どの状態になるまで」と言った事は省かれている場合が多いです。

従って、一つの目安が「期限」となります。

例えば「今日中に」とか「明日までに」などです。

しかし、「期限」はあくまでも時間の制約となる為、

自分が納得できる形となっていない場合が多いのではないでしょうか?

また「答え」に行きついていない事から再度、

「期限の延長」などを求められる事もあります。

答えに何を求めているのか

例えば単なる情報の収集と言われ、

時間いっぱいまで調査を行なったとしても、

「本当に必要としている情報」であるのかは不明です。

よって、依頼主に対して「今の段階では情報の絞り込み」、そして次は「情報の詳細」の様に、

ある程度の目的を絞って頂き「答えに何を求めているのか」を確認し、

依頼主がどの様な情報を必要としているのかを知る事で

「良質な結果」を導く事ができます。

結果を成果とする為には

良質な結果は「成果」が発生した事となります。

依頼主が満足した結果も「成果」となり、

この場合は依頼主より信用を得る事ができます。

自分の成長に繋がる結果も「成果」となり、

この場合は自分の経験値を得る事ができます。

従って、「成果」となる事にマイナスな状態はありません。

しかし、人間ですので同じ結果が続くと「慣れ」が生まれ、

「依頼主の満足」は薄れてしまい、「自分の成長」も鈍ってしまいます。

依頼主の言われままに作業を行なっているだけでは、

「成果」は徐々に出せなくなってしまうのです。

「結果」を必ず「成果」とする為に必要な事は、

毎回のお仕事に於いて、

その都度、「成果」となる「結果」になるように、考えて作業を行う必要があります。

成果の先にあるもの

「成果」を得る事になんの得があるのでしょうか?

前述の通り、「依頼主の信用」や「自分の成長」と言う事が挙げられます。

しかし、それだけではありません。それは他の方からの評価です。

「成果」を出し続けている方に対しては

高い評価を受ける傾向があります。

そして、「できて当たり前」と言う評価を受ける場合もあります。

プレッシャーが掛かってしまう場面もありますが、

「自分の成長の証」と認識して、自信を持ち、

引き続き「良質な結果」を出せる様なお仕事のやり方を

続けて行って頂きたいと思います。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

ことある事に成果を出せと言われると、息苦しくなりますし、焦りも感じます。

人から言われる成果は、自分を焦らす事となるのは確かです。

しかし、自分の成長にフォーカスすると、少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか?

置かれた立場によっては、成果を出しにくい環境もあります。

従って最低限、自分の成長に繋がる様な成果を求める様にしましょう。

自分にプラスになる事で損をする事はありませんし、

毎日の生活に刺激を与える事にも繋がります。

是非、自分自身で目標を設定し、

その目標に対して良質な結果を出す事により、成果をあげていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました