批判は怖いと考えてしまいがち。アドバイスと捉えて自己表現の場を広げよう!!

【PR】スポンサーリンク
5670社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

批判は怖いと考えてしまいがち。アドバイスと捉えて自己表現の場を広げよう!!

はじめに

何かを言う度に、批判をする人がいます。

批判をされてしまうと、何となく自分の考えを否定されている様で、気分が悪くなります。

勉強や仕事の場でも批判される事はあり、批判ばかりが続くと、やる気も落ちていきます。

批判されない様にするにはどうすれば良いのか?

頭が良ければ、批判をされないのか?

などと考えてしまいます。

そして、批判される事が怖くなってしまい、批判を受ける様な場面から逃げるようになる事もあります。

しかし、批判される場面は、自分を表現できる場でもあるのです。

それは「自分をアピールする」という事にも繋がります。

批判を恐れるばかりに、その様な場を失ってしまうのは、非常に勿体無い事です。

批判をされる事を前向きに捉えて、自分を表現する場を広げていきましょう。

批判の意味

批判をされる事については、どうしてもネガティブに考えてしまいます。

本来の批判は「指摘」であって、「正しい事」も「間違っている事」も批判なのです。

しかし、現在の「批判」は否定の意味が強くなっています。

そして、言葉の強さによって「否定」の強さが増し、「人格の否定」にまで及ぶ事があります。

その様な経験を重ねると、どうしてもネガティブなイメージが植え付けられ、誹謗中傷と同じ意味と捉え、受けた批判について、考えさせられてしまいます。

アドバイスとは

アドバイスとは「助言」です。

アドバイスを受けた人の為になる言葉です。

もちろん、すでに知っている事もありますが、知らない事であれば新しい知識となります。

そして、多くの新しい知識を積み上げる事により、多くの答えを導く事ができる様になります。

批判をアドバイスに繋げる

批判をされる過程を考える

いきなりネガティブなイメージのある「批判」を「アドバイス」と捉える事は難しいです。

従って、「徐々に慣れていく」事が重要です。

ここで「批判」をされる過程について考えていきましょう。

まず、考えを伝えないと、「批判」をされる事はありません。

しかし、考えを伝える必要があるから、その場にいるのです。

そして、考えを伝える事で「批判」をされる場面が発生し、伝えた内容に対して「批判を受ける」事となります。

批判がネガティブなイメージとなる場面

本来は考えた内容に対して、良い理由や悪い理由などの「批判」を受けるのですが、「考え方を否定される」事もあります。

ネガティブなイメージを抱いてしまうのは、この点にあります。

確かに「伝えた内容」は、自分が真剣に考えた結果です。

しかし、例えば「過去に教えた事が反映されていない」とか、「常識的に誤りがある」などの理由で、考え方を否定するような批判を受けたとします。

原因は、不注意や確認不足なのかも知れませんが、「考え方が間違っている」という事は「否定」でしかありません。

そして、主に受ける「批判」は、こうした「否定」をされる場面が多くある為、「ネガティブ」なイメージとなってしまうのです。

それは批判ではなく指摘なのです

「伝える内容」はどうであれ、間違ってる点を指摘される事が「批判」であるならば、それは直すべき部分です。

言い方を変えると、「伝える内容」をより良くする為のアドバイスなのです。

しかし、残念ながら「批判」をする人は、「否定」の意味を強く表現してきます。

「否定」の部分だけを真に受けて、苦手意識だけを残ってしまうと、恐怖心が芽生え、益々ネガティブなイメージが強くなってしまいます。

それでは、伝える事ができなくなってしまいます。

従って、「批判」は「アドバイスを頂いた」と認識をする事で、ネガティブなイメージを軽減させていきましょう。

批判を受け入れて表現に取り込む

本来の「批判」はポジティブな意味でも、ネガティブな意味でも、おこなわれる物ですが、現在はネガティブな意味で捉えられます。

一方、ポジティブな意味では、「褒められる」と言う行動に変わっています。

「褒められた事」は聞き逃しがちですが、しっかりと「批判」として受け入れましょう。

一つ一つが、自分の「伝えたい事」に対するアドバイスとして受け取る事で、良い点は伸ばし、悪い点は直す事で、表現力を磨いていく事ができます。

「批判」は表現力を磨いてくれるアドバイスとして受け入れ、表現力の向上に努めていきましょう。

そして身に付けた表現力にて、自分の考えを伝える場面を広げていきましょう。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

何事も同じなのですが、練習をしないと上達はしません。

「批判」と言うアドバイスにより、他人の考えも取り込み練習をする事は、自分一人の考えだけで練習をするよりも、大きな効果があります。

「批判」に対して恐怖心のみを抱くよりも、前向きに受け取り、自分の成長の糧にしていきましょう。

この様な言い方はあまり好ましくないとは思いますが、「否定の批判」しかできない人に「批判」されない様になると、自分の成長を強く感じる事ができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました