職場で怒鳴る事は最悪の行為!!得になる事は一つもない無駄な行為と知るべき!!

【PR】スポンサーリンク
3902社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

職場で怒鳴る事は最悪の行為!!得になる事は一つもない無駄な行為と知るべき!!

はじめに

最近はパワハラに繋がる行為となっている為、「怒鳴る人」は少なくなってきている物の、まだまだ存在しています。

なぜ怒鳴るのでしょう?

怒鳴って何かが変わるのでしょうか?

怒鳴ることも表現の一つだと思いますが、その声や言葉を聞いているのは、当事者間だけではありません。

当然、周りの人にも聞こえます。

最悪、お客様の耳にも、入ってしまうかも知れません。

怒鳴った本人は、気持ちが晴れるかも知れませんが、他に良い要素は一つもないのです。

なぜ怒鳴るのか?

「なぜ、怒鳴るのか?」

怒鳴る本人に聞いても、原因は分からないと思われます。

それは「短気」「感情がたかぶる」「言葉が見つからない」「プライドが高い」「自己中心的」「自分が上だと思っている」など、様々な要素があり、その要素から生まれる表現なのです。

「怒鳴れば、相手が従ってくれる」「怒鳴れば、この場を乗り越えられる」など、その場しのぎの行動とも言えます。

しかし、過去に怒鳴る事で、「相手を従わせる事」や「その場を乗り越える事」ができた経験から、その様な行動をする癖が、ついてしまったのかも知れません。

怒鳴る事の弊害

怒鳴る事で「何を得て」「何を失う」のでしょう?

「得る物」は「怒鳴った人の気持ちの発散」でしょうか。

あと、怒鳴る事によって、「怒鳴った相手」が従ってくれた場合は「怒鳴った人の思惑通りの行動」となります。

「失う物」は怒鳴った人の「品格」「信頼や信用」「協調性」「良い雰囲気」などです。

怒鳴る事で失う物の方が、多くあります。

そして、問題なのは、「怒鳴る人」と「怒鳴られる人」の当事者間だけでは済まない点です。

例えば、職場で「怒鳴っている人」と「怒鳴られている人」がいたとします。

当然、「怒鳴られている人」は気分も落ち込み、やる気を失ってしまう事は、言うまでもありません。

また、職場には多くの人がいます。

その職場の人たちにも、影響が及んでしまうのです。

「いつか、自分も怒鳴られるかも知れない」との恐怖心から、自ら率先した行動を控える様になり、職場から活気が失われていきます。

そして、お客様がその様な場面を目の当たりにした時、どの様に思われるでしょう?

普通の感覚であれば、その様な横暴な従業員のいる会社と「率先して取引をしたい」とは思わないでしょう。

もし、ライバルの会社が存在する時、たった一人の従業員の為に、取引の機会を失ってしまうかも知れないのです。

「怒鳴る事の弊害」とは、会社に損失を与えてしまう可能性があるのです。

怒鳴る人との接し方

「怒鳴る人との接し方」ですが、一番良いのは「関わらない」事です。

「接し方」を考える前に、まず「関わらない」事を考えましょう。

「怒鳴る人」と「なぜ、関わらなくてはいけないのか?」「本当に関わる必要があるのか?」と考えるのです。

「お仕事だから、仕方がない」

「逃げたくないから、我慢をする」

その様に考えれるのであれば良いのですが、どうしても耐えられないのであれば、「そこから逃げる」事をお勧めします。

無理に「怒鳴る人」と接する必要はありません。

そして、「怒鳴る人との接し方」です。

「怒鳴られた」時は、しっかりと言葉の一つ一つを聞きましょう。

一つ一つの言葉を理解して、不明な点はしっかりと確認をしましょう。

「何を望んでいるのか?」「それは自分にできる事なのか?」を冷静に考えて、「できないのであれば、できない」と言いましょう。

怒鳴られてしまうと、つい萎縮して、心が萎えてしまいます。

その気持ちを抑えて、冷静に考えて、会話をする様に心掛けてください。

「怒鳴る事は一つの表現」と考えると、少しは冷静になれるかも知れません。

そして、「怒鳴る人」にとって、「面倒臭い人」となる事ができます。

喧嘩への発展は避ける

「怒鳴る人」と関わっていると、「怒鳴られる人」のストレスは徐々に溜まっていきます。

そして、ある時「怒鳴られている人」が「怒鳴る」事で、やり返してしまう事があります。

お互いに怒鳴りあってしまっては「喧嘩」となってしまいます。

プライベートなら良いのですが、「職場での喧嘩」は最悪の結果です。

「怒鳴られた人」も「怒鳴る人が失う物」と同じ物を失ってしまいます。

良い事は一つもないのです。

もし、貴方が怒鳴られる立場で、いよいよ自分のコントロールが難しいと感じた時は、お休みをする様にして下さい。

怒鳴る人を変える方法

「怒鳴る人」を「怒鳴らない人」にする方法は「完全なる無視」です。

先輩だろうと、上司だろうと、「怒鳴る人」に対しては無視をする事です。

職場全体で「怒鳴る」という表現を禁止にしないと、「怒鳴る人」は変わりません。

「怒鳴る人」にしてみたら「怒鳴る」という表現は普通の事です。

悪い事をしている感覚がないのです。

従って、「怒鳴る」事では「何も解決しない」ばかりか、「悪い方へ動く」事を、教えてあげるしかありません。

その為に、職場全体で「無視」をするのです。

「無視」をすると、どうなるでしょう?

最悪、お仕事がストップしてしまいます。

売上も、落ちてしまうでしょう。

しかし、そうならないと、分からない人もいるのです。

もし、「怒鳴る人」を「怒鳴らない人」にしたいのであれば、職場の全員で考えて、行動をするべきです。

それは、必ず会社の為にもなるのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

「怒鳴る人」を客観的に見ると面白いです。

「よく、そこまで怒れるなぁ」とか「面白い顔で怒るなぁ」とか感じてしまいます。

そして、話しを聞いていると、同じ事の繰り返しか、愚痴の繰り返しです。

何も身になる事は言っていません。

怒鳴られる時間は「無駄」その物です。

もう少し冷静に、意見交換ができれば、有意義な時間となるかも知れません。

それを「怒鳴る人」に求めるのは、無駄な事なのでしょう。

もし、貴方が「怒鳴られる人」なら、その職場を早々に諦める事をお勧めします。

その様な従業員を雇い続けている会社にも責任があるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました