お仕事ができる人に嫉妬する?!嫉妬してしまう気持ちを成長に繋げよう!!

【PR】スポンサーリンク
6294社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

お仕事ができる人に嫉妬する?!嫉妬してしまう気持ちを成長に繋げよう!!

はじめに

お仕事の場において、「何でも器用にこなす人」や「優秀な人」などと、接する事があります。

その時、羨ましいと思い、そして、「なんとも言えない気持ち」を感じる事があります。

その「なんとも言えない気持ち」のほとんどは、「嫉妬」という感情です。

「嫉妬」と耳にすると、負のイメージが浮かびます。

「自分にはできない」、「自分は持っていない」、「自分は劣っている」、その感情に取り憑かれてしまうと、ただただ、人を羨むだけの存在となってしまいます。

「自分にはできない」なら、できる様になれば良い、「自分は持っていない」なら、得れば良い、「自分は劣っている」なら、補えば良い。

「嫉妬」とは、「気付きを与えてくれる感情」と考えるべきです。

「嫉妬」は、自分に足りない事を教えてくれ、成長をする為のキッカケ作りをしてくれる感情と考えましょう。

嫉妬とは

「嫉妬」とは、本来は自分が持っていると思っていた事柄について、他人も持っている事に対して「許せなく思う感情」です。

主な感情を挙げます。

  1. やきもち、ねたみ、恨み
  2. 欲求(〜が羨ましい、〜して欲しい)
  3. 無力感
  4. 嫌悪感
  5. 恐れ
  6. 不安

他にも言葉では言い表せない感情があると思いますが、全て「ネガティブ」な感情となります。

そして、基本的に「執着の強い人」や「負けず嫌いな人」に多く見られます。

嫉妬の感情と言えば、代表格が「やきもち」です。

例えば、お付き合いをしている関係の二人がいます。

どちらかの一人が、「他の異性に優しくした」とします。

その行動に対して、「本来は自分だけに向けられる行動」の筈が、他の人に向けられる事よって、「許せなく思う感情」が「やきもち」という「嫉妬」です。

お付き合いを例としましたが、これは親子関係でも見られますし、友人関係にもあります。

「取られるのが不安、怖い」「取られるのが許せない」そんな感情となります。

「嫉妬」から生まれる様々な感情は、ネガティブな物となっています。

考えれば考えるほど、「人を責め」、「自分を責め」、最終的に気持ちが好転する事はありません。

お仕事の場面では?

「お仕事の場面」でも、「嫉妬」を感じる時があります。

例えば、あるポジションで作業をしており、周りの同僚から、「信用と信頼」をされているとします。

しかし、突然、「他の誰か」が現れ、「自分よりも優れた能力」を発揮したとします。

そうすると、本来、自分だけに向けられていた、「信用と信頼」は、突然現れた「他の誰か」にも、向けられる事となります。

その結果、今まで頑張ってきた作業ですが、「自分の能力は、自分が考えているよりも低かった」と感じます。

そして、「自分の信用が下がる可能性」や、「作業から外される可能性」を考え、「不安や恐怖」を感じます。

そして、根底にあるのは「自分よりも優れた能力を持つ人がいなければ、こんな思いをせずに済んだのに」という思いでしょう。

嫉妬から生まれるネガティブな行動

「嫉妬から生まれるネガティブな行動」という物があります。

お仕事の場面で多く見られるのが、「いじめ」や「嫌がらせ」です。

自分よりも優れている人に対して、「足を引っ張る行動」となります。

「いじめ」や「嫌がらせ」をする事により、困った姿を見て、気持ちは晴れ、「ストレス解消による心地良さ」により、「嫉妬」の感情を一時的に忘れる事ができるかも知れません。

しかし、これは「誰かがいないと、自分自身のコントロールができない」という事となります。

これは、あまりにもお粗末ですし、まったく成長が見込めません。

「嫉妬」という感情を押さえ込む為には、自分自身で考え、自分自身を変える行動をする必要があります。

嫉妬を成長に繋げる

「嫉妬を成長に繋げる」事は、ネガティブをポジティブに変えるという事です。

「嫉妬を感じた人」に対して、どの様な部分に「嫉妬を感じたのか?」を分析する必要があります。

まずは、「嫉妬を感じた部分」を洗い出します。

「何となく、良い感じだから」とか「何でもできる点」ではなく、もう少しだけ、具体的に考えましょう。

  1. 話している事が分かりやすい
  2. 技術力がある

2つほど見つけました。

それでは、2つを掘り下げましょう。

まずは、「話している事が分かりやすい」は、どの部分で感じたのか?

  1. 声が大きい
  2. ハッキリ話す
  3. ノートやホワイトボードを使い、図解している
  4. お話しの前後関係がはっきりしている

次に、「技術力がある」は、どの部分で感じたのか?

  1. 作業が早くて、品質が良い
  2. 専門的な部分でも作業が止まる事がなかった
  3. 質問をしても納得ができる回答をしてもらえた

そして、掘り下げた結果をまとめます。

話している事が分かりやすい

声が大きい

ハッキリ話す

ノートやホワイトボードを使い、図解している

お話しの前後関係がはっきりしている

技術力がある

作業が早くて、品質が良い

専門的な部分でも作業が止まる事がなかった

質問をしても納得ができる回答をしてもらえた

これが、「嫉妬」を感じた部分となります。

この部分について、「学ぶ」事を行い、自分に吸収ができれば、その時に感じた「嫉妬」を、感じる事は永遠に無くなります。

また新しい「嫉妬」の感情が生まれた時、同じ様に分析を行い、「学び」とする事で、「嫉妬」という「ネガティブな感情」でも、「ポジティブな行動」に切り替え、自分の成長に繋げる事ができるようになります。

【PR】スポンサーリンク

simacatより一言

「自信が無いから」という理由で、人に対して「嫉妬」をする人も、少なくはないと思います。

「自信を持つ」という事は、性格によって、非常に難しい事です。

「自信を持つ」為には、「自信を裏付ける何か」を得るしかありません。

ただ、「自信が無いから」と思っているだけでは、「嫉妬」を抑える事はできません。

もし、「自信を裏付ける何か」が分からないのであれば、お仕事に関する事はもちろん、趣味でも特技でも何でも構いません。

「資格の取得」に向けて、行動をしては如何でしょうか?

資格を取得できれば、それに越した事はありませんが、その過程で身についた「知識や技術」は「自信の裏付け」となる要素です。

行動を起こさなくては、変化はありませんので、是非、ご検討頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました