お仕事を教えるポイントは褒める事!!否定だけでは人は育たない!!

【PR】スポンサーリンク
2863社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

お仕事を教えるポイントは褒める事!!否定だけでは人は育たない!!

はじめに

一通りのお仕事ができる様になると、誰でも他の人にお仕事を教える事となる場面が出てくると思います。

その時、どの様に教えますか?

初めは自分が教えて頂いた通りに行うと思いますが、そのやり方だと覚えてくれない場合、どうしたら良いのか?と悩む方もいると思います。

人に何かを教える事は実は難しい事なのです。

教えるとは?

「教える」とは、ただ言って聞かせるだけでは意味がありません。

「教える相手」が「教えた事」を理解する事です。

従って、教える事を一覧化して、伝えた事だけにチェックをして、全ての項目にチェックがされれば終わりと言う訳ではないのです。

相手への理解

「教えた相手」がどの様に理解をしているのか?

これは幾ら言葉で「教えた事を説明」されても不安です。従って、実際に行なって頂く事が一番なのです。

実際に行なって頂き、「教えた事と違う点があれば指摘をし」、正しいやり方を教える、これを繰り返す事が「教える事」となるのです。

指摘の方法

「教えた事」とは違う時、指摘を行うのですが、この「指摘の方法」が問題となる事があります。

指摘の方法は「教える人の個性」が出てしまいます。

口下手の人は溜め息をついたり、短気な人や口の悪い人はどうしても汚い言葉を使い、罵ってしまうのです。

これは「教えられる側」のやる気を失わせる行為となるのです。

やる気を与える指摘とは

それでは「教える側」に「やる気を与える指摘」とはどの様な事でしょう?

それは「褒める事」です。

誤った点について指摘するのに「褒める事」ができるのか?と疑問に感じると思います。

これは「考え方を逆にして、出来た点を褒める事」を先に行うのです。

そして出来なかった点の指摘については「教えた側の責任」と認識をし、「教えられる側」と一緒にどの様に伝えたら理解をして貰えるのかを一緒に考えるのです。

「教える事」も「教えられる事」も一方通行ではお仕事を覚えて貰う事は難しいのです。

教え方を繋いで行く

教える事で「教えられる側」も一通りのお仕事を覚え、一人前となって行きます。

そして、他の人に同じ様にお仕事を教えていく事となるのです。

この時に注意をしたいのが「教え方」です。

前述の「やる気を与える指摘」が出来ているかどうかを確認する必要があります。

もし、「やる気を与える指摘」が出来ていない様ならば、その点を「やる気を与える指摘」にて教える必要があります。

教える事の終わり

お仕事を「教える」と言う事は「教えた側が他の人に教える事が完了」するまで続きます。

「どの様に教え」「教えた内容でどの様に動き」「他の人にどの様に伝えられたのか」にて「教えた内容」が正しく伝えられたのかを知る事が出来ます。

正しく伝えられていれば「教え方」が良かったと言う事となります。

正しく伝えられていなくても「教えられた側」が「思い」があって変更をしたのかも知れません。

その「思い」が間違っている物でなければ、問題はないと言う事となります。

教える事も成長に繋がる

「教える事」は自分を成長させます。

「伝える事を理解して頂ける様に話す」と言う事は経験を積まないと難しい事なのです。

そして、自分の個性を抑えて「伝える事を最優先」させる為にどの様に振舞うべきなのか?を考える。

こうした経験を積み重ねる事により、様々な言葉を覚え、伝え方を覚える事ができる様になるのです。

教える側の注意したい点

今まで様々な事を教えて頂いたり、教えたりする中で「これは微妙だな」と思う事を挙げて行きたいと思います。

お心当たりのある方は気をつける様に心掛けて頂ければと思います。

  • 相ずちが高圧的・・・「イイね」「ヤルね」など言葉を改める様にしましょう
  • 常にメールや文章で済ます・・・ドキュメントとして残りますが詳細な部分が不明です
  • 悩みだす・・・貴方の教えた事を悩まないで欲しいです
  • 「何度も同じ事を聞くな」と言う・・・それは貴方の教え方に問題があるのです
  • 「質問を整理してから聞いて」と言う・・・整理出来ないから聞いているのです
  • 「1時間以内で済ませて」と言う・・・貴方の教え方次第です
  • 「少しは自分で考えて」と言う・・・悩んでいるから聞いているのです

まだまだ御座いますが、この辺りにしたいと思います。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

山本五十六と言う方をご存知でしょうか?

詳しくはお調べ頂ければと思いますが、山本五十六さんが以下の様な言葉を残しています。

やってみせ、言って聞かせて、
させてみせ、
ほめてやらねば、人は動かじ。

山本五十六の名言集 https://earth-words.org/archives/6742

まさにその通りだと思います。

人の原動力となるのは人から認められる事です。

褒める事は人から認められたと感じさせる一番の方法なのです。

怒鳴ったり、罵ったりしていては人の原動力はいつか底をついてしまいます。

上手く人を動かす為にも褒める事を忘れては行けません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました