【ざっくり解説】品位や品格とは?!社会人として品位や品格を身につける努力は必要です!!

8257社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

【ざっくり解説】品位や品格とは?!社会人として品位や品格を身につける努力は必要です!!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「品位・品格」は社会人にとって必要なものです。

これは、人との結びつきで「大きな影響を与える物」となっている為です。

「品位・品格」のない人には、誰も従いません。

「品位・品格」のない人を信用したり信頼する事はできません。

したがって「品位・品格」は、お仕事に大きく影響する為、社会人として「身につけるべき事柄」となります。

そして、「品位・品格」は「女性」に求めてしまう事が多いかと思いますが、本当に必要なのは「男性」です。

なぜらば、「男性」に「品位・品格に欠けている人」が多くみられるからです。

自分には「品位・品格がある」と思っている人でも、改めて自分を見返して頂きたいと思います。

今回は、「品位・品格」について、ざっくりと解説をいたします。

品位・品格とは

「品位」も「品格」も、同じ意味となります。

あえて、どうしても使い分けをしたいならば、「品位は見た目で想像される、品の高さ」、「品格は行動により想像される品の高さ」で、どちらも「人間的に優れていると、他人が想像する事柄」となります。

「品位・品格」は、「正しい礼儀や作法やマナーが、身についている人」となります。

このような人に対して、「悪い印象」を持つ人はいません。

そして、「正しい礼儀や作法やマナー」により、人は「知性の高さや感性の高さ」を感じ取り、「人間性の良さ」を感じます。

「知性や感性の高さ」から、「安心したお付き合い」が期待できるので、社会的地位が、高ければ高いほど、求められる事柄となります。

品位・品格を身につけるには

「品位・品格」を身につけるには、「正しい礼儀や作法やマナー」を身につける必要があります。

「正しい礼儀や作法やマナー」については、多くの事がありますが、一般的な事柄を挙げます。

  1. 姿勢:綺麗な背筋を保ち、人と話す時は、その人の目を見る。
  2. 言葉使い:敬語はもちろん、「若者言葉」や「汚い言葉」は使わず、老若男女が理解できる言葉を使う。そして、声の大きさにも気を付ける。
  3. 所作:落ち着いた動きをして、無駄に大きな音をたてないようにする。
  4. 礼儀:挨拶はもちろん、感謝をする事も忘れない。

「正しい礼儀や作法やマナー」に不安な人は、これらの事柄を参考にして、直してみましょう。

「正しい礼儀や作法やマナー」を身につけても、日々、振り返りを行う必要があります。

振り返りは、自分の行動や言動について、「無礼な態度」「誤った作法」「不適切なマナー」がなかったのかの確認となります。

そして、常に自分と接する人が、「どのように感じているのか?」を考えてください。

どのように「礼儀や作法やマナー」が正しくても、「人を思いやる気持ち」に欠けていては、「品位・品格が欠けている人」と思われてしまいます。

「品位・品格」は、自分が決める事ではなく、「人が感じる事」である事を意識してください。

そして、もし自分が誰かに「品位・品格」を感じたならば、その人をマネするのも良いでしょう。

やはり、お手本となる人がいた方が、イメージがしやすくなります。

「見て、やって、振り返り、また、やって」を繰り返すようにしてください。

なお、お手本となる人の「悪い部分」が見えてしまった時、そこまでマネる必要はありません。

自分の判断で、「吸収すべき部分と不要な部分」を考えて、選択をしてください。

諦めずに続ける

「品位・品格」を身につける事は、諦めずに続ける必要があります。

何事もそうですが、始めるよりも、「諦めずに続ける事」が重要ですし、難しい事となります。

「自分を変える事」は、非常に「ストレスのかかる行為」ですので、途中で「諦めよう」と考えてしまうかも知れません。

もし、諦めそうになった時でも、諦めるのは「吸収する事のみ」としてください。

「品位・品格」は、「簡単に失ってしまう物」です。

一度、「品位・品格」を失ってしまうと、とり戻すのに、「今まで身につけてきた時間の数倍の期間」が必要となります。

それほど、「品位・品格」は、「人の信用や信頼」に強く結びつく存在となっています。

「諦める」選択をしたとしても、最低限、今まで身につけた「正しい礼儀や作法やマナー」は、保つように心がけてください。

スポンサーリンク

simacatより一言

「品位・品格を疑う」、「品位・品格の欠如」などは、「人間性に誤りがある」事を指摘した言葉となっています。

自分と全く関わりがなく、関係のない人に「品位・品格」を疑われても何とも思いませんし、その人に対しても、特に思う事はありません。

しかし、自分と「少なからず関わりがある人」に「品位・品格」を疑われてしまう事は、「自分の人間性を疑われている」事となります。

そして、「人間性を疑われている人」からは、人は離れていきます。

もし、「自分の人間性を疑われている状態」であれば、これは直さなくてはいけない事柄となりますので、少しでも「品位・品格」を身につける努力を行うようにしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました