褒め方とは?!コツを掴めば褒め上手?!コミュニケーションが苦手なら褒める事を考えてみよう!!

7686社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

褒め方とは?!コツを掴めば褒め上手?!コミュニケーションが苦手なら褒める事を考えてみよう!!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

人と関わる時、どうしても「コミュニケーション」が必要となります。

この「コミュニケーション」が苦手な人は、何を話したら良いのか分からなくなり、沈黙が続き、居心地の悪い雰囲気になる事もあるでしょう。

とは言え、変な事を口にして、さらに居心地の悪い雰囲気になるくらいなら、無理にお話しをする必要はないのかも知れません。

しかし、相手がお話しをしているのに、「表情」や「相づち」だけでは、相手は良い気分ではなくなります。

精一杯の「表情」や「相づち」で「反応」していても、相手には「無反応」と受け止められるからです。

従って、「言葉で返す」事が重要となります。

では、「何を話せば良いのか?」となりますが、まずは相手を「褒める」事が無難です。

「褒める」事で、相手は「自分や自分の考えが認められた」と感じます。

その結果、「悪い気分」になる事はありません。

まずは「褒め方」を知り、人を「褒める事」に慣れましょう。

コツが掴めれば、「褒め上手」となり、「コミュニケーション能力」の向上にも役立つ事となります。

褒めるとは

「褒める」とは、「相手の考え方や行動について、良い評価をする」事です。

「相手の発した言葉や行動」を「褒める」事で、「相手を認め、肯定する」事となります。

人は誰でも、「認められる事」に「喜び」を感じます。

もし、「褒める」という行為に違和感を感じるならば、「認める」という言葉に置き換えると、理解がし易いと思います。

そして、「褒められる」とは、「正しいと信じる自分の考えや行動」を、「人から認められ、高い評価だと伝えられた」事となります。

関連投稿
https://simacat.com/wp/?p=2863

褒め方

「褒める」やり方、「褒め方」という物があります。

まずは、「具体的なポイントを褒める」事が、一般的となります。

例えば、プレゼンの資料について、「わかり易い資料ですね」と褒めるとします。

これだけでも「喜びを感じる人」はいますし、それ以上、踏み込む必要がなければ、この一言でもよいでしょう。

しかし、コミュニケーションを深めたいと考えている相手であれば、「どの点が分かり易い資料なのか?」を具体的に伝えてください。

分かり易い資料のポイントが、「グラフ」かも知れませんし、「文章」かも知れません。

あくまでも、自分が感じた正直な気持ちで良いので、「具体的なポイント」を褒めてください。

そして、今後、その褒めた「具体的なポイント」がコミュニケーションの話題となり、「考え方、やり方の意見交換」をする事も可能となります。

次に、「間接的に褒める」という方法があります。

人は、「噂話し」で耳にする評価にも関心があります。

従って、「部長が言ってけど、今回のプレセンの資料、分かり易いみたいだね」など、誰かが言ってた褒め言葉を伝えるという方法です。

もちろん、嘘はダメです。

本当に聞いた事をコミュニケーションを交わす時の「キッカケ」とします。

実際、どのような資料なのかを見せてもらうなど、コミュニケーションのネタとしても、利用する事ができます。

次が、少し難しいのですが、「ダメな所を褒める」となります。

誰にでもコンプレックスはありますし、そのコンプレックスに触れる事は、避けた方が良い場面が多くあります。

しかし、相手が怒られたり、落ち込んでいたりするなら、慰めの気持ちも込めて、褒める事も悪い事ではありません。

例えば、「理屈っぽい人」がいます。

管理者や上司から、その事で、怒られてしまった人がいるとします。

その人に対して、「色々なリスクを考えていて、参考になります」などと、「理屈っぽい」部分を「他の前向きな行動」に置き換えて褒めます。

最後に「本人も意識していない部分を褒める」です。

これは、本人には当たり前となっているので、本人も気付いていない部分を褒める事となります。

例えば、一緒にお仕事をしている時、「机の上がいつも綺麗ですね」などとなります。

そもそも「癖」なので、本来は褒められる事でもないのですが、敢えて指摘され、褒められると、嫌な気持ちになる事はありません。

他にも、「褒め方」は色々とあります。

色々な「褒め方」を知り、実際に行ってみる事が重要となります。

関連投稿
https://simacat.com/wp/?p=6866

褒める時の注意点

「褒める」事は良い事なのですが、それでも「注意点」があります。

まず、「褒める」のは、「褒める人が、何かをした結果の行為」である必要があります。

従って、会話に困ったからと言って適当な事を褒めても、相手には何も伝わりませんし、最悪、悪い印象を与えてしまう可能性があります。

例えば、「そのネクタイ、良いですね」と、突然言われても困ります。

また、男性が女性に対して、「スタイルが良いですね」と言ったら、セクハラ案件となります。

次に、「悪口になってはいけない」となります。

例えば、「あの人と比べて凄いですね」は、「あの人」が劣っているという悪口です。

人を褒めているつもりが、人の悪口を言っている事となります。

次が、「強調を多用しない」となります。

例えば、「凄く、凄く、凄いね」など、わけが分からない強調です。

そもそも、「凄い」事を褒めているのです。

「凄い」のは分かっているので、「何がどの様に凄いのか?」を具体的に伝えないと、何を褒めているのか、相手が理解をする事ができません。

最後に、褒める相手の性格によって、「喜びの感じ方」は異なります。

褒める時は、「相手の仕草を観察」し、もし不愉快な様子を感じたら、「余計な事を言って、ごめんなさい」と謝り、悪気がなかった事を伝えてください。

褒めた結果、コミュニケーションが途絶えてしまう事だけは、避ける様にしましょう。

関連投稿
https://simacat.com/wp/?p=7164
スポンサーリンク

simacatより一言

「褒める事」は、「相手の良い部分を見つける行為」となります。

「相手の良い部分を見つける行為」は、人を前向きに見る行為の為、精神衛生上、とても良い行為です。

しかし、あまり無理をして、「褒める事」ばかり考えてしまうと、目的を見失ってしまいます。

お仕事を行う上での「褒める事」はあくまでも、コミュニケーションのツールと理解をしてください。

相手とのコミュニケーションが必要な時、上手に関わる事ができない時に、「褒める事も手段の一つ」と考えてください。

どうしても「褒める事ができない」場合もあると思います。

無理に言葉を絞り出しても、「嫌味」となってしまう場合があります。

そのような時は「相手を認めている」事だけを伝えてください。

「自分は、相手のどの部分を認めているのか?」ならば、自分の言葉で伝えられる筈です。

コミュニケーションが苦手でも、「自分の気持ちを伝える事」はできるように、普段から練習をしておきましょう。

とはいえ、言葉に出すのは恥ずかしいと思います。

まずは文章に書き出して、整理をしてください。

まわりの人の「自分が認めている部分」を探し、書き出す事で、お話しをする時の備えとする事ができます。

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました