ロールプレイングとは?!役割と設定を決めて行う教育や訓練の方法です?!

7726社会人へのアドバイス
simacat.com

ロールプレイングとは?!役割と設定を決めて行う教育や訓練の方法です?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「ロールプレイング」という言葉をご存知でしょうか?

「RPG(ロールプレイングゲーム)」を思い浮かべる人が多いかと思います。

「RPG」は、その「世界観」にどっぷりハマると、実際にその世界に存在するような気がして、なかなか抜け出せなくなる場合があります。

「RPG」の魅力はまさに、「世界観」が重要となり、キャラクターや環境などの「設定」により、面白いか面白くないのかが、左右されます。

お話しを「ロールプレイング」に戻します。

お仕事では、「ロールプレイング」を欠かす事ができません。

なぜなら、この「ロールプレイング」は、教育方法や訓練方法として、強く根付いているからです。

プレゼンや商談の前に「練習やリハーサル」を行っておくと、本番は緊張せずに、スムーズにお話しが進められる可能性が高くなります。

そして、この「練習やリハーサル」に、キャラクターや環境など、しっかりと「設定」をする事が、「ロールプレイング」の発想を取り込む事となり、より本番に近い状況を想定する事ができます。

[スポンサーリンク]

ロールプレイングとは

「ロールプレイング」とは、「役割を演じる」という意味です。

「ロール」が「役割」で、「プレイング」が「演じる」となりますが、「役割になりきって演じる」という事となります。

例えば、「自分」と「お客」の2人が存在し、「ロールプレイング」にて、「自分」が「お客」への応対を練習するとします。

事前に「お客」への応対については教えられているのですが、実際に「お客」と向き合った時、どのようになるのか分かりません。

したがって、「ロールプレイング」の「役割」を演じる事により、どのようになるのかを確認します。

何事もなければ良いのですが、「お辞儀ができなかった」「うまく話せなかった」などの問題点があった時、そこが「練習を重ねなくてはいけないポイント」となります。

また、「役割を演じる」事で、相手である「お客」の「考え方や行動」についても、考える必要があります。

「自分」が発した言葉により、「お客」がどの様に感じるのかも考える必要がありまし、「お客」がどのような事を疑問に思うのかも、想定しておく必要があります。

この様に、事前に「お客」について、考えたり、想定しておく事で、実際に「お客」を目の前にした時、予期しない出来事で「頭が真っ白」になってしまったり、「失礼な対応」をしてしまう事を防ぐ事ができます。

ロールプレイングのやり方

実際に「ロールプレイングのやり方」とは、どのようにするのでしょうか?

まず、必要なのが「想定」する事となり、これは「シミュレーション」と呼ばれています。

「シュミレーション」とは、「実際に起きた事」や「起こる可能性のある事」を前提に考える事です。

この、「シミュレーション」で考えられた状況が、「ロールプレイング」を行う際の、「設定」となります。

この「設定」が、「本番の状況」に近ければ近いほど、「ロールプレイング」での効果は高まるといえます。

特に、誰かを相手にする場合の「設定」で重要なのが、「立場」「状況」「望み」となります。

相手が「どのような立場で、どのような状況で、何が望みなのか?」を考える事で、多少なりとも「事前に相手の考えを把握する」事ができます。

「ロールプレイング」を行う効果として、事前に「相手の考えを把握する」事ができるのも、特徴の一つとなります。

次に、「設定」をもとに「ロールプレイング」をおこないますが、「本番の状況」に近い形で行う必要があります。

したがって、「ロールプレイング」を行う時は、「練習やリハーサル」ではなく「本番」と考える必要があります。

例えば、「資料」や「会話の内容」が挙げられます。

「練習やリハーサル」だからと、「資料」の準備がされてなければ、それは「本番」と考える事はできません。

「何を話せば良いのか分からない」場合も、「本番」と考える事はできません。

そして、これらの準備をしていたとしても、「本番」では失敗をしてしまう事があります。

「本番」で「資料」に不備がある可能性もありますし、「本番」で「無言」となってしまう可能性もありますので、これらの失敗に備える事も「ロールプレイング」の効果となります。

「ロールプレイング」を行う時は、常に「本番」だと思って行う必要があります。

ただし、「本番」ではないので、時間が許す限り、何回でも行えるのが「ロールプレイング」の良いところです。

問題なく、「ロールプレイング」が終わるようになるまで、何回もおこないましょう。

なお「ロールプレイング」をおこなった際は、必ず「振り返り」をおこなってください。

「良かった点」「悪かった点」を必ず確認をして、「悪かった点」については、直す必要があります。

何回も「ロールプレイング」を行っていると、初めの方で改善した「悪い点」が、復活してしまっている事があります。

「良かった点」「悪かった点」はしっかりと記録し、「振り返り」の時は、初回からの記録を見直すようにしてください。

なお、「ロールプレイング」には、注意をしなくてはいけない点があります。

それは、「ロールプレイング」にて、「恐怖」を感じてしまう事です。

これは、過去に同じような思いをした人が、相手役をつとめる場合に多いのですが、「ロールプレイング」では設定が重要となります。

しかし、相手の設定が「面倒な人」や「怖い人」の場合、より「本物」に近づけようとする為、「責めたり」、「恫喝したり」する場面があります。

もちろん、「あやふやな設定」では「ロールプレイング」を行う意味がないので、必要な場面もあります。

しかし、少々、度を超えた表現があるのも事実です。

もし、「ロールプレイング」を取り入れた「練習やリハーサル」にて、心を折られ、「恐怖」を感じてしまった場合は、「本番」を辞退するのも、一つの選択肢となります。

事前に「本番」に「心」が耐えられない事を知れるのも、「ロールプレイング」の特徴となります。

もし、「難しい」と感じた時は、必ず、管理者や上司に相談をしてください。

simacatより一言

実は「練習やリハーサル」を「ロールプレイング」で行っても、「本番」で失敗をする事はあります。

理由は、「シュミレーション」からの「設定」は、本物ではないからです。

したがって、「想定外の言動や行動」に対して、備えておく必要があります。

しかし、「想定外の言動や行動」には、キリがありません。

よって、「有識者や先輩や上司などの他人を頼る」、もしくは「一旦持ち帰る」など、「想定外の言動や行動」をされた時の対応を決めておきましょう。

「本番」で一番怖いのは、「頭が真っ白」になり、焦ってしまい、「恐怖」を感じてしまう事です。

「ロールプレイング」による「練習やリハーサル」は、この「恐怖」を減らす事が目的でもあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました