お仕事ではマクロとミクロの視点が必要!!2つの視点の使い方を解説します!!

【PR】スポンサーリンク
2848社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

お仕事ではマクロとミクロの視点が必要!!2つの視点の使い方を解説します!!

はじめに

「マクロ」と言う言葉を聞いた事があるでしょうか?

マイクソフトのExcelにて「マクロ」という物がありますし、「マクロ経済」なんていう言葉もあります。

「マクロ」とは色々な所で使用されている言葉です。

一方、「ミクロ」という言葉をご存知でしょうか?

「ミクロの世界」など極小の物を捉えた時にどの様に見えるのか?といった事で使用される言葉です。

「マクロ」「ミクロ」と聞くとなんとなく難しい分野の言葉の様ですが、実は普段のお仕事でも利用できる考え方なのです。

今回は「マクロ」と「ミクロ」の視点についてご紹介致します。

マクロの視点とは

「マクロ」とは「巨大な物」という意味となります。

お仕事に於いては全体像というイメージとなります。

全体を俯瞰して見ると言い換えても良いでしょう。

お仕事の中には様々なお仕事があります。

例えば「人事」「総務」「営業」などがあります。

人事では「働く人の労務管理」や「働く人の雇用」などがあり、総務では「社内の連絡」や「購買の管理」などがあり、営業では「顧客の管理」や「営業活動」などがあります。

あくまでも「どの様な組織や体制があるのか?」「どの様な機能や特徴があるのか?」「組織同士や体制同士でどの様な繋がりがあるのか?」と言った概要的な点のみを取り上げる視点となります。

ミクロの視点とは

「ミクロ」とは一言でいうとマクロとは逆となり「極小の物」と言う意味となります。

お仕事に於いては作業内容の詳細のイメージとなります。

お仕事の一つ一つには「やり方」と「結果」があります。

「マクロの視点」にて「人事」「総務」「営業」のお仕事を例えとして挙げました。

どのお仕事も「お仕事の名前」はありましたが「どの様に行うのか?」と言う事には触れていません。

「どの様に行うのか?」を掘り下げた物が「ミクロの視点」となります。

「ミクロの視点」では、「どの様な人が」「どれくらいの時間をかけて」「どの様な結果を出して」「どこに提出をする」と言う作業の細かな点を取り上げる視点となります。

マクロの視点とミクロの視点をまとめると

それでは「マクロの視点」と「ミクロの視点」ですが、実際にどの様な場面で必要となるのかについてですが、貴方がとある会社に就職をしたとします。

その会社は「どの様な事業内容なのか?」「どの様な組織や体制なのか?」を知り、そこから「事業内容の詳細」や「組織や体制の詳細」について把握していく筈です。

これが「マクロの視点」となります。

そして就職した貴方はとある部署に配属され、とある作業のやり方を教えられ任されます。

その作業を行う事により、「作業のやり方や意味」を知り、「次の作業」へ繋がって行っている事が理解できていく筈です。

これが「ミクロの視点」となります。

「マクロの視点」とはトップダウンの様に上から徐々に詳細を把握していく視点で、「ミクロの視点」とはボトムアップの様に下から徐々に状況を把握していく視点なのです。

業務の改善にはミクロの視点が必要

業務を効率的かつ合理的に行える様に変更を加える事を「業務の改善」と言います。

「業務の改善」により作業時間を減らしたり、担当をする人数を減らしたり、何か良い効果を得る事を目的としています。

作業の一つ一つを確認し、無駄と思える作業を洗い出し、整理をする必要がある為、「業務の改善」を行うには「ミクロの視点」が必要となります。

「ミクロの視点」にて「業務の改善」を行う事を繰り返していく事によって仕事量を増やし、作業時間を減らして効果を上げていくのです。

組織や体制の改善にはマクロの視点が必要

同じ組織や体制が長く続くと「組織や体制の独自のルール」の様な物が生まれてきます。

そして、組織同士または体制同士の繋がりが薄くなり、関係性が悪くなってしまうのです。

それでも業績が良ければ問題はないのですが、大抵は業績が悪化します。

その殆どの原因は「組織同士または体制同士の風通しの悪さ」なのです。

そして、「組織や体制」を改善する為には「個々の組織や体制がどの様な機能や特徴を持っているのか?」を知る必要があります。

この為に必要なのが「マクロの視点」なのです。

そして個々が持っている機能や特徴を整理し、効率良く再構築するのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

「マクロの視点」と「ミクロの視点」についてはお仕事の考え方にも役立ちますが、ドキュメントの作成などにも活かす事ができます。

本で例えると目次が「マクロの視点」となります。

目次は何が書いてあるのかを俯瞰する事ができます。

そして本の内容が「ミクロの視点」となるわけです。

この様な事を貴方も意識する事で分かり易いドキュメントを作成する事ができますので、是非参考にして頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました