上手く喋れない?!言葉が出ない?!それでも黙ってしまうと気持ちが伝わらない!!

【PR】スポンサーリンク
5575社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

上手く喋れない?!言葉が出ない?!それでも黙ってしまうと気持ちが伝わらない!!

はじめに

お仕事では様々な場面で話す事を要求されます。

自分の作業、商品について、それらは言葉にしないと伝える事ができません。

一番、行ってはいけない事は聞かれているのに、黙ってしまう事です。

「考えがまとまらないから」

「言葉が浮かばないから」

理由は色々とあるでしょう。

しかし、何か言葉を発さないと、答える気がないと思われてしまいます。

もし、考えがまとまらないなら、その事を話しましょう。

もし、言葉が浮かばないなら、その事を伝えましょう。

言葉に詰まる事は誰にでもある事です。

まずは反応する事が重要です。

今回は言葉につまってしまう人をタイプ別に傾向と対策を投稿します。

相手の事を一番に考える人

話す相手の事を一番に考える人は、「どうすれば、分かりやすく伝わるのか?」を考えてしまいます。

なるべく、相手にストレス無く伝わる様に、相手の考えに合わせた言葉を選ぼうとする為、多くの事を考えてしまいます。

相手の事を考える事は大切な事で、思いやりのある事だと思います。

しかし、それでお話しが出来なくなっては、せっかくの思いやりが無駄となってしまいます。

もし、相手の事を考えるのであれば、相手にも考えさせるべきです。

自分の話しを相手にも考えて貰い、お互いがお互いの話しを噛み砕く事により理解が深まります。

従って、言葉を選ぶ時間は捨てて、自分の言葉で表現をする様にして、お話しのテンポを乱さない様にしましょう。

話す方も、話される方も、多少の言葉足らずで丁度良いのです。

話す相手を怖いと思う人

お話しをする相手が怖いと感じてしまうと、恐怖心から、お話しに集中する事ができません。

そして、恐怖心は勝手に頭に浮かぶ物なので、自然と言葉に詰まってしまいます。

これは意外に大きな問題です。

まずは「なぜ怖いと思う様になったのか?」きっかけや原因を探す必要があります。

きっかけや原因が見つかったとしても、恐怖心がなくなるわけではない為、恐怖心を克服する必要があります。

そして、恐怖心が排除されて、はじめて話す事を考えられる様になるのです。

話す相手を怖いと思う場合、お話しが出来る様になるまでの道のりは長く、そして、その間も怖いと思う人と接する必要があります。

お話しが出来る様になる事を考えるよりも、その様な場所から離れる事を考えた方が良いと思われます。

尚、元々人が怖いと思われている人もいらっしゃると思います。

その場合は、なるべく人と接する事が少ないお仕事を選ぶ事をお勧めします。

今の世の中、人と話さなくても済むお仕事はたくさんあります。

話す相手が嫌いな人

嫌いな人と話す事は苦痛です。

そもそも、お話しをしたいと思っていないので、相手に何かを伝える事を考える事ができません。

なるべく手短に、なるべく早く、会話を終わらせたいところです。

しかし、その様な考えでお話しをする為、相手が理解出来ない事が多く生まれ、会話が終了するまで、余計に時間が掛かってしまいます。

「嫌い」と感じる気持ちは、仕方がありません。

そして、それを素直に相手に伝える事は、角が立つ為、難しいでしょう。

この場合、詳細についてはメールなどの文章を作成し、会話は一言二言で済ませてしまいましょう。

無理に会話をするよりは、相手にポイントが伝わります。

体調不良の人

風邪、寝不足など、体調不良にも色々とあります。

体調不良になると頭が回らず、言葉を考える事も辛いと感じるでしょう。

咳など症状が見て分かる場合は、話す相手も、その状態を理解してくれますが、発熱や寝不足など、症状が見て分からない場合は、相手は貴方が体調不良である事が分かりません。

普通に会話をしているつもりなのに、反応が薄い、もしくは反応がない場合は、相手に不安を感じさせたり、不愉快な思いをさせてしまうかも知れません。

会話が難しい程に体調が悪い時は、人との接触を控えるべきです。

無理をした所で、自分にも、相手にも、良い事はありません。

「寝不足がちで頭が回らない」と言う方もいるかと思います。

まずは、生活を見直すべきですが、生活リズムが戻るまでは仮病をしましょう。

マスクをして、具合が悪い事を話す相手に伝えてから、会話を始めましょう。

相手に症状が伝わらない場合は、アピールをするしかありません。

寝不足を例えとしましたが、頭痛なども同様にアピールをしましょう。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

言葉が出ない状況として「緊張をしている場合」があります。

「緊張」により、話す内容がまとまらなかったり、言葉が浮かばなかったりします。

分からない事を考えたり、行ったりするので、考えが及ばないのは当たり前の事です。

しかし、考えが及ばない事が「緊張」に繋がってしまいます。

分からない事ですので、「考えられなくて当たり前」「出来なくて当たり前」と割り切り、失敗を前提に行動をする事も、時には重要な経験となります。

いつも「緊張」してしまい、これを治したいと思う方がいます。

治す方法は、多くの「緊張」する場面を経験したり、さらに「緊張」をする場面を経験する事です。

その結果、失敗をする事もあります。

「失敗を経験し、振り返りを行う」、こうした経験を繰り返す事で「慣れ」が生まれます。

「慣れる」事により、「緊張」をする場面は確実に減っていくでしょう。

ただし、失敗を前提とする前にお話しをする練習を行う必要はあります。

ある程度の言葉とお話しの流れは、準備をしておくべきです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました