お仕事での挨拶は重要なマナー!!挨拶をしているだけで評価は上がる!!

【PR】スポンサーリンク
2892社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

お仕事で挨拶は重要なマナー!!挨拶をしているだけで評価は上がる!!

はじめに

お仕事をしていると多くの仲間と同じ時間を過ごす事となります。

仲間同士のコミュニケーションが存在しない職場では空気が重くなり、その空気に押し潰されてしまいそうになってしまいます。

しかし、コミュケーションが存在する職場では気軽に相談ができたりお願い事をしたりする事ができます。

明るい職場は、そこに居るだけでも気持ちを明るくしてくれます。

そんなコミュニケーションの原点となるのが「挨拶」です。

「挨拶」を交わすだけでも人同士の距離感を狭める事ができるのです。

挨拶とは

「挨拶」とは人同士が出会った時、もしくは別れる時に取り交わす礼儀的な動作です。

この「挨拶」にて人間関係を上手に構築する事ができます。

また、一般的に言葉に出すのもが挨拶と言われていますが、言葉に出さなくても頭を下げる「会釈」なども挨拶となります。

表情も挨拶の一つ

そして、忘れてしまいがちなのですが「表情」も挨拶の一部とされます。

もちろん、その場の空気もわきまえずに笑っていると「ヘラヘラしている」と言われる場合もありますが、近所の方々に朝の挨拶をするならば「無愛想な顔」よりも「笑顔」の方が適しています。

使い分けは必要なのですが、「表情」も挨拶に含まれている事を忘れてはいけません。

活気のある職場

活気のある職場とは働く人同士の繋がりが適度に良い職場です。

働く人の関係が悪い職場には活気がありません。

そして、活気のある職場では働く人同士が気持ち良く仕事をしている為、作業効率が上がるのです。

その活気を生むのが「挨拶」なのです。

朝、笑顔で「おはよう御座います」を言い、何かをして頂く時は「お願いします」と言い、やって頂いたら「有難う御座います」と言う。

この「常識的」な事を働く人の間で徹底するだけで職場の雰囲気は良くなるのです。

「挨拶とは常識的な事」と言い換えて良いのかも知れません。

評価が上がる理由

挨拶ができる人の評価は上がります。

これは単純に「常識のある人」と言えるのですが、もう一つ、人が近づいても問題がない人だからです。

お仕事は人と繋がる事が多くあります。

人とは「同僚」や「上司」はもちろん「お客様」です。

挨拶ができない人では「これらの人と繋がる事」が難しいのです。

逆に言えば「挨拶ができるだけで人と繋がる事ができる」のです。

人と繋がる事により、「同僚や上司」はもちろん、「お客様」とも接する機会が増えます。

特に「お客様」に対しては自社の看板を背負ってお会いする事となるので、挨拶もできない人を連れていく事はないでしょう。

従って、社内で活躍できる範囲が広がる事により、評価も上がっていくのです。

挨拶ができない場合はどうすれば良いのか?

挨拶ができない場合はどうすれば良いのか?と言う疑問を持たれる方が居るかも知れません。

人と接する事が苦手だったり、口下手だったり、性格による物が原因の方もいらしゃると思います。

また、挨拶をしても挨拶を返して頂けない職場に長く居ると、挨拶をする意味が分からなくなり、その内に挨拶をしなくなったと言う方もいらっしゃるかも知れません。

挨拶には様々な物があります。

言葉にする物もあれば行動で示す物もあります。

言葉にする挨拶は口パクで良いので、しっかりと口を動かして練習をしましょう。

そして言葉で挨拶ができない代わり、行動で示す挨拶をマスターしましょう。

行動で示す挨拶は大抵、頭を下げたり、上下に振ったりと言う動作でしょう。

この際に顔の表情にも気をつける様にしてください。

挨拶のパターンを覚えておく

日常生活における挨拶の種類はそれほど多くはありません。

毎日、自分が活動した事を振り返り、言葉を探してパターン化しておくのも良いと思います。

ただし、敬語もあります。

敬語により言葉が変わる挨拶もありますので、そこは気をつける様にしてください。

難しい挨拶を覚えておく

社会人になると様々な場面に遭遇します。

突然のお祝いや訃報などにも対応できる様に、少し難しい挨拶のレパートリーを増やしておく事をお勧め致します。

この難しい挨拶を知っているか否かで「社会人としての常識」を試される事もあるのです。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

朝の挨拶はウザいと思われる方も多いでしょう。

特に一番早く事務所に来られた方は「何回、おはようございますって言わなきゃいけないんだ」と思われるでしょう。

その様に考えている大抵の方は既にお仕事を始めていらっしゃる方でしょうか?

ウザいかも知れませんが、なるべく挨拶を返し、挨拶をした方の顔を確認して頂きたいと思います。

顔をみて、その人の体調や機嫌などを想像するのも楽しいと思います。

是非、参考にして頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました