お仕事が遅い?!早くさせる工夫とは?!心のケアも忘れずに長い目で見て付き合う必要があります!!

10893社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

お仕事が遅い?!早くさせる工夫とは?!心のケアも忘れずに長い目で見て付き合う必要があります!!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

お仕事をお願いしても、いつまでも完了の連絡がこない人がいます。

いわゆる、「お仕事が遅い人」です。

この「お仕事が遅い人」により、影響を受ける人も少なくはないと思います。

そして、この事を「同格の同僚」が指摘をすると、最悪、喧嘩になる場合があります。

したがって、指摘をするとしたら、「上司や管理者」がおこなうべきとなります。

ちなみに、「お仕事が遅い人」にも、性格があります。

「お仕事が遅い事について悩んでいる人」もいれば、「お仕事が遅い事に気がついていない人」もいます。

まず、はじめに「お仕事が遅い事」は悪い事と考えないでください。

できれば、「それも個性」と受け入れて頂きたいと思います。

その上で、「どうするべきか?」を考えて、工夫をするべきです。

「お仕事が遅い人の特徴」と「お仕事が遅い人に対する工夫」について触れたいと思います。

[スポンサーリンク]

お仕事が遅い人の特徴と状況

「お仕事が遅い人の特徴と状況」で主なものを挙げます。

  • 自分の考えがまとめられない:軽いパニックとなっている
  • 他人の事を気にする:自分のお仕事に集中できない
  • 相談ができない:一度悩むと止まってしまう
  • マイペース:周りの状況に合わせる事ができない
  • 細かい点まで気にする:不要な点まで気にする
  • 完璧主義:自分の考えが第一優先
  • 無責任:期限が守れない、品質に問題がある
  • 自分で決められない:いちいち確認が必要となる
  • 成長意欲がない:お仕事を早くおこなう努力をしない
  • 自分はデキる人と思っている:大した事はしていないのに時間だけがかかる

「お仕事が遅い人の特徴」は、「性格的な部分」が影響をしています。

そして、「性格的な部分」だからこそ、指摘をしても、なかなか「なおす事が難しい部分」でもあります。

ただ、これを放置していても、まわりの人は困りますし、本人も可哀想な状態が続く事となります。

したがって、「なおせる部分」については、できるだけ早く、なおしてあげる必要があります。

お仕事を早くさせる工夫

「お仕事が遅い人」に対しては、「お仕事を早くさせる必要」があります。

とはいえ、ただ「早くしろ」と言っても、早くなる事はありません。

一番、良くないのが「怒鳴る事」や「ネチネチ言う事」となります。

これらは、逆効果となり、「焦りや緊張」で、余計にお仕事が遅くなります。

したがって、「お仕事を渡す側の工夫」にて、ゆっくりとした変化に期待をするようにしてください。

「お仕事が遅い人の特徴」にあわせて、「お仕事を早くさせる工夫」を挙げます。

  • 自分の考えがまとめられない:お仕事をできるだけ細分化して渡す
  • 他人の事を気にする:他人から距離を置かせる、他人に距離を置いてもらう
  • 相談ができない:相談する事を当たり前にさせる
  • マイペース:他人のペースでお仕事をさせる、作業期間を短くする
  • 細かい点まで気にする:おこなうべき点と不要な点の線引きをする
  • 完璧主義:お仕事で求めている事を明確にする
  • 無責任:常に状況を確認して、遅延させないようにする
  • 自分で決められない:相談する事を当たり前にさせる、ある程度のルールを作る
  • 成長意欲がない:早くできれば褒める、お仕事について改善を求める
  • 自分はデキる人だと思っている:お仕事の完成の基準を明確にする

そして、一番重要な事は、お仕事が終わった時に、「お仕事の速さ」や「お仕事の質」について、「評価をする事」となります。

「お仕事を早くさせる工夫」をした所、「その効果があったのか?」を把握する必要がある為です。

そして、効果がなかったとしても、「次は頑張ろう」という前向きな姿勢で、接するようにしてください。

ここで、少しでも「後ろ向きな姿勢」をしてしまうと、「お仕事が遅い人」は悩む事となってしまいます。

冷静に、諦めないで、工夫を続けるようにしてください。

心のケア

「お仕事が遅い人」に対して、「お仕事を早くさせる工夫」をしている時、「心のケア」も同時におこなってください。

「お仕事が遅い人の特徴」は、「性格的な部分」が影響をしています。

この「性格的な部分」が影響している為、「お仕事を早くさせる工夫」をしていると、「性格を否定されている」と勘違いをさせてしまう場合があります。

「性格」と「お仕事」は別物で、「否定をしているわけではない事」を常に強調する必要があります。

工夫を続ける中で、「元気がない」「落ち込んでいる」、このように感じる時は、ペースを落としてください。

場合によっては、休暇の取得を促したりする事も、必要となります。

「お仕事が早い人」からすると、「特別扱いをしている」ように感じさせてしまうかも知れません。

しかし、「お仕事を早くする工夫をしている事」は、秘密にしてください。

「お仕事が早い人」には別のケアをして、「お仕事が遅い人が浮かないような配慮」をする必要があります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「お仕事が遅い人」について触れましたが、「お仕事が早過ぎる人」もいます。

何事もなければ良いのですが、たいてい「ミス」をしています。

したがって、「お仕事が早過ぎる人」にも、何らかの工夫が必要となります。

「お仕事が遅い人」と「お仕事が早過ぎる人」のどちらが楽かというと、「お仕事が遅い人」となります。

「お仕事が早過ぎる人」は、「人の話しを聞かない」「思い込みが激しい」からとなります。

どちらにしても、感情的にならず、長い目で付き合う事を心掛けてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました