発言するのが不安?!怖い?!自信がない?!発言できるように練習しましょう?!

11801社会人へのアドバイス
11801
スポンサーリンク

発言するのが不安?!怖い?!自信がない?!発言できるように練習しましょう?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「ある問題」について考えます。

その考えた事柄が、「自分の考え」となり、これを「意見」と言います。

会議などで、この「意見」を伝える為に、「発言」をします。

「自分の考え」を膨らませる為には、「他人の考え」も重要な要素となります。

したがって、「他人の発言」を聞き、「意見」を聞き取る必要があります。

これが「意見交換」となります。

この「意見交換」により、「自分の意見」と「他人の意見」が組み合わされる事となります。

「他人の意見」の中に、「自分の考えにはない発想」があるかも知れません。

「自分の考えにはない発想」は、「自分の考えに対して刺激を与える物」となります。

しかし、「発言」ができず、「意見を伝えられない場面」があります。

また、「意見を伝える事が苦手」な為、「発言ができない人」がいます。

できれば、「意見は交換をする物」と考えて、できるだけ「発言」によるキャッチボールをして頂き、「自分の考え」に刺激を与えて頂きたいと思います。

[スポンサーリンク]

発言の不安

「発言」に「不安を感じる人」は、少なくないと思います。

この「不安」を感じる要因には、「空気が読めない」「話しの流れをさえぎる」「内容の脱線」など、さまざまな物があります。

確かに、このような「不安」には、恐怖を感じます。

この「不安」を感じる大きな原因には、「過去の経験」「知識の不足」「コミュニケーション技術の不足」などがあり、その結果、「自分に自信が持てない」と考えるようになります。

とはいえ、この「不安」は捨てる必要はありません。

この「不安」があるから、「自分に自信が持てない」と考え、だから「慎重になる事ができる」為です。

この「慎重になる」とは、「他人に伝える工夫をする」という意味です。

しっかりと、「自分の考え」をまとめ、「分かりやすい言葉を選ぶ」という行動となります。

逆に、「不安」がなく、「慎重」ではない人の発言は、「要点」が分からず、言いたい事が伝わらない「言いっぱなしの発言」となります。

これは、「発言」により、考えに刺激を受けるどころか、逆に「混乱」をしてしまう事となります。

したがって、「不安はそのまま残しておくべき物」となります。

「不安」があるから、「慎重」になれます。

「慎重」になるから、「他人に伝える工夫」ができます。

あとは、「言葉を発する事」ができれば、「発言」となります。

とはいえ、この「発言」に「不安」を感じてしまい、「やはり難しい」と感じる場合、これは練習をして慣れるしか、解決方法がありません。

「発言ができるようになる為の練習」をおこない、「発言」する事に慣れて頂きたいと思います。

発言ができるようになる為の練習

「発言」ができるようになる為には、「練習」が必要となります。

「大勢の人の前でお話しをして練習をする」という方法をよく見かけます。

これはこれで、間違ってはいないので、できる場面や気持ちがあるならば、試してみるのも良いと思います。

しかし、「過去の経験」から「不安」を感じるようになった場合、これは逆効果となり、「恐怖心」から、ますます「発言」ができなくなってしまいます。

もし、「発言」に「恐怖心」があるならば、「遠過ぎず、近過ぎない間柄の人」と「少人数」で、「お話しをする練習」をしてください。

できれば「先輩や上司」と「面談形式の意見交換」をしてください。

ちなみに、これは「会話」に慣れている事が前提となります。

もし、「会話が不安」という場合は、「普通に職場の人と会話ができるようになる練習」からはじめてください。

「面談形式の意見交換」は、「会話」に慣れてから、おこなうようにして下さい。

「なぜ、面談形式にするのか?」というと、「ちゃんとお話しをする場」となるからです。

緊張をしてしまうかも知れません。

しかし、「発言」ができるようになる為には、「ちゃんとお話しをする場」において、「ちゃんとお話しをする姿勢」で、「発言をする内容」を考え、「言葉にする」必要があります。

少し、息苦しいかも知れませんが、「少し引き締まった雰囲気」の中で、練習をしてください。

そして、この「意見交換」の内容ですが、「発言に不安を感じている事」とすると、「相手もそれに合わせた発言」をしてくれるはずです。

特に、「過去の経験」「知識の不足」「コミュニケーション技術の不足」などに不安を感じている場合は、これらの内容を中心に、お話しをしてください。

なお、「先輩や上司」については、「悪い噂のない人」を選ぶようにしてください。

これは、「過去の経験」がさらにつらい物にならない為の工夫と考えてください。

そして、「面談形式の意見交換」は、できるだけ、多くの人とおこなうようにしてください。

ちなみに、「先輩や上司」がいない場合もあると思います。

その時は、「先輩や上司」でなくても構いません。

お話しができる人と、お仕事について、「雑談」として、お話しをしてください。

ただし、この時に気をつけて頂きたいのが、「ちゃんとお話しをする姿勢」と「発言をする内容」となります。

いくら「雑談」であっても、本当に談笑してしまうと、練習になりません。

「お仕事のお話し」とするのは、これを防ぐ為となります。

もし、可能なら相手に事情をお話しして、練習に付き合ってもらうのも良いと思います。

練習の中で、「自分の考え」をまとめ、「分かりやすい言葉を選ぶ」、その繰り返しで、「発言」に慣れる事ができます。

スポンサーリンク

simacatより一言

「発言」が苦手な場合、参加者を味方にしてください。

たとえば、打ち合わせの場合は、一番に「打ち合わせの場所」に行き、可能であれば入り口付近の席に座り、参加者全員に「お疲れ様です」などと声を掛けると、気持ちが楽になります。

あと、これも気持ちの問題となりますが、「発言をしている人の顔」を見るようにしてください。

できれば、目を合わせる事で、「聞いていますよ」の姿勢となり、これがリアクションとなります。

実は「発言」で一番怖いのが、「ノーリアクション」となります。

聞いているのか、聞いていないのか分からない状態です。

これでは「自分の発言」が、正しいのか間違っているのかも分かりません。

余計に不安が増す事となります。

したがって、「聞いていますよ」の姿勢を取り、リアクションしている事を意識させてください。

これにより、「自分の発言」に対しても、「ノーリアクション」の人が減り、不安に感じる事が減る事となります。

これらが、「発言をする場所の空気」を味方にするという事となります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました