お手本とは?!見本とは?!お仕事でのお手本や見本は変化をするので注意が必要?!

9855社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

お手本とは?!見本とは?!お仕事でのお手本や見本は変化をするので注意が必要?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「お手本や見本」は、お仕事をする上で、欠かす事のできない物です。

なぜなら、それが基礎となり、「必要な知識や技術を得る」事ができるからです。

この「お手本や見本」がないと、何をどのようにしたら良いのか、分かりません。

「お仕事を早く覚える」為にも、「お仕事を間違いなくおこなう」為にも、必要な存在です。

しかし、一度知った「お手本や見本」について、ずっと信じてしまう事があります。

「お手本や見本は変化をする物」であることを意識してください。

状況に応じて、「お仕事のやり方や考え方」は変化をします。

ずっと同じ「お手本や見本」に縛られていると、この変化についていけなくなってしまうので、注意が必要となります。

お手本と見本とは

「お手本」とは「参考にするべき事柄や物」で、「見本」とは「具体例」となります。

もう少し、掘り下げたいと思います。

「お手本」ですが、「ある目的に対して、見習うべき物、見習うべき言動や行動」となり、簡単な言葉にすると、「マネをする為の物」となります。

例えば、「漢字練習帳」などは、「綺麗に正しい文字を書く事を目的」として、使用していたと思います。

お仕事での「お手本」とは、そのお仕事の「具体的なやり方や考え方」となります。

ちなみに、「模範(モハン)」という言葉がありますが、基本的には「お手本」と同じ意味となっています。

感覚的な使い分けとなりますが、「お手本」は「そのままマネができる姿や形」で、「模範」は「あるべき理想の姿や形」となります。

普通の会話で、「お手本」と「模範」を使い分ける場面は少ないと思いますが、解釈が必要な場合は、このようにお考えください。

そして、「見本」となりますが、「分かりやすく、具体的に示された物」となります。

例えば、「商品サンプル」となります。

「商品サンプル」を見る事により、「質や形状」を見た目で知る事ができます。

「お手本」や「見本」は、どちらも「技術や知識を得る事」を目的として、作られ、利用されています。

お仕事でのお手本や見本の注意点

お仕事での「お手本や見本」で、注意をするべき点が、「常識の変化」となります。

お仕事での「お手本や見本」は、変化をします。

「文字や礼儀作法など」は、そう簡単に変わる事はありません。

しかし、「お仕事のやり方や考え方の変化」は、異常な速さとなっています。

特に、「パソコンなどの道具を使用したお仕事」の場合は、性能やアプリケーションの変化は早く、5年も過ぎれば、環境は大きく変わります。

これは、5年前に「お手本や見本で学んだ事が、役に立たなくなる」という事です。

また、「お仕事の考え方」についても、「時間をかけてでも、高い成果があれば良い、結果主義」から、「お仕事の時間・品質・量で判断する、成果主義」へと、変化をしています。

「ドッシリと、腰を据えておこなう事」が、「お手本や見本」と考えられてきた事が、「なるべく短時間で、高品質で、多くの量をこなす事」に変化をしている事となります。

これらが、「お仕事のやり方や考え方」の「常識の変化」です。

何も知らない頃、「お手本や見本」にしたがい、考えたり、おこなったりする事は大切な事です。

特に、「知る時、覚える時」は、この「お手本や見本」により、効率的に学ぶ事ができます。

しかし、この「お手本や見本から学んだ事」に取り憑かれてしまうと、「常識から離れてしまう事」があります。

「常識」が変化をする事により、「お手本や見本」も、変化をしてしまうからです。

変化してしまった「お手本や見本」は、「常識」から離れ、「正しい事」ではなくなっている可能性があります。

お手本や見本の更新

「お手本や見本」を「常識の変化」にあわせる必要があります。

知識や技術の基礎は、「お手本や見本」となりますが、この基礎を「最新の常識」で、更新し続ける必要があります。

これは、「一度、覚えたから、おしまい」ではなく、覚えた後も、「他の人や企業が発信する情報を収集する事」となります。

これにより、常に「常識の更新」をおこなう事ができます。

一度、自分が身につけた知識や技術の「お手本や見本」は、「不要な物」と思ってしまいます。

しかし、これから「知識や技術を学ぶ人」にとって、「必要な物」となりますので、できる限り、「お手本や見本」の更新をするようにしてください。

この、「常識の更新」により、「自分自身のお手本や見本の更新」がおこなわれ、これにより、自分自身が「参考にするべき人間」「具体例を示している人間」となる事ができます。

「お手本や見本を必要とする、誰かの為の存在」になって頂ければと思います。

スポンサーリンク

simacatより一言

「お手本や見本」は、「個人が管理する物?」と疑問を抱かれると思います。

もちろん、「手順書やマニュアル」があるならば、それを管理している人が更新をするべきです。

しかし、「誰かに、お仕事を教える事」があるかも知れません。

そして、その内容が「手順書やマニュアル」に存在しない時が問題となります。

特に、特殊なお仕事でない限り、「立居振る舞い」について、「手順書やマニュアル」に記載されているのは稀なケースとなります。

その時に、自分が知った当初の「お手本や見本」では、役に立たなくなっている可能性があるという事です。

「常識の更新」をして、「お手本や見本の更新」を行い、その時に備えてください。

なお、「お手本や見本の更新」は、お仕事の振り返りにもなります。

色々な情報と経験が積み上げられた自分の手で、当時よりも良い「お手本や見本」を作る事を目標にするのも良いと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました