指導する事は難しい?!後輩の指導や部下の指導で気を付けるとは?!

【PR】スポンサーリンク
5571社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

指導する事は難しい?!後輩の指導や部下の指導で気を付けるとは?!

はじめに

ある日突然、部下や後輩の面倒を見なくてはいけない日が来ます。

自分も毎日のお仕事に不安を感じる中で、人の面倒までみる事となると、不安な気持ちは増してしまいます。

しかし、「面倒を見る」事も与えられたお仕事なので、しっかりとやり遂げる必要があります。

そんな時、どうしますか?

彼らも人間ですので、様々な個性を持っています。

そして、必ずしも自分との相性が良いとは限りません。

しかし、お仕事をする上では、とにかく教えた事を行って頂く事が、最優先のテーマとなります。

相手が作業を理解してくれないと、ミスが起こり、教えている側は、焦りや怒りを感じ事もあるでしょう。

しかし、その様な時に、決して感情を出してはいけません。

しっかりと、相手の事を考えて、相手に合わせた指導をするべきです。

人間性の指導

指導には、色々あります。

中には、「人間性」にまで触れてしまう事があります。

指導をするのは、あくまでも「お仕事で必要な事」のみです。

お仕事を行う上で、問題となる「人間性」がある場合は、お仕事に必要な部分のみを「お仕事仕様」にする必要はあります。

しかし「人間性」の根本的な部分から直す必要はありません。

極端な例えですが、「挨拶」があります。

お仕事に関係する人たちに対して、「挨拶」は非常に重要な事で、これができない場合、社会人失格とまで言われます。

これは、「挨拶」は最低限のマナーであり、「まともな人間性」をイメージさせるからです。

従って、「挨拶」をするように指導はするべきです。

しかし、お仕事から離れた場面まで、指導をする必要はありません。

初めから「普段から、癖をつける様に」という指導をすると、お仕事から離れた場面まで指導をする事なります。

なお、「指導をされる人間」が、「挨拶ができるようになれない」と悩んでいるなら、アドバイスとしては良いでしょう。

例えが「挨拶」なので、「人間性」の部分に触れても、影響はわずかですが、中には「指導をされる人間」には非常に厳しい事柄もあります。

「人間性」が変わる事は良い事ばかりではありません。

その責任を「指導する人間」は取れるのでしょうか?

当然、責任は取れないでしょうし、そこまで責任を持つ必要はありません。

従って、「人間性」に対する指導は、あくまでも「お仕事に関する部分」のみとする様にしましょう。

怒りは自分に向ける

「指導をする相手」に対して、指導がなかなか定着しない時があります。

この様な時、「指導をする人間」は「なぜ、理解ができないのか?」と悩む事があります。

そして、その悩みが、「怒り」となる時もあるでしょう。

まず、その「怒り」は誰に向いている物なのかを自分自身で考えて下さい。

「自分の言葉使いが難しかったのか?」

「自分の話しのスピードが早すぎたのか?」

など、自分に対する能力に怒りを感じるのであれば、問題はありません。

問題となるのは、「指導される人間」の能力不足に、怒りを感じる事です。

「メモを取らないから」

「物覚えが悪いから」

「分からない事を質問しないから」

など、これらは全て「指導をする人間」に問題があります。

「指導をされる人間」は「指導」を受けなくてはいけない程、未熟な存在なのです。

未熟だから、「指導」が必要なのです。

「指導」が、身に付くスピードは人それぞれです。

それを「指導をする人間」の物差しで計る事はできません。

「メモをとらない」ならば、メモをとる様に指導する。

「物覚えが悪い」なら、ゆっくりと丁寧に指導する。

「分からない事を質問しない」なら、こちらから理解度を確認する。

この様に、「指導をする人間」が考え、工夫をする必要があります。

「指導」の行き詰まりで、怒りが芽生えてしまった時は、「指導の方法」について振り返りを行って下さい。

相手の目線に合わせる

「指導をする人間」が「指導をされる人間」の目線に合わせるという方法があります。

「指導をする人間」が「指導をされる人間」の事を考える事により、同じ目線となる事で、指導をした事に対する理解度が深まると言われています。

この方法自体に問題はなく、「指導をされる人間」にあわせた言葉使いやジェスチャーを取り入れる事により、理解度は増します。

信頼関係も生まれる言われています。

この方法を利用する為には、「指導をする人間」が「指導される人間」を学ぶ必要があります。

お仕事での時間はもちろん、プライベートにも踏み込む必要があります。

そして、多くの時間を共有する事により、「指導される人間」を知り、考え方を理解しなくてはいけません。

従って、「相手の目線に合わせる指導」は時間がかかりますし、「指導される人間」の性格にも左右されます。

短時間で指導を終わらせなくてはいけない場合は、難しい方法となります。

とは言え、決してダメな方法ではありません。

状況により、利用する様にしましょう。

【PR】スポンサーリンク

simacatより一言

お仕事で指導をする場合、「指導をされる人間」がどの様な考えを持っているのかが重要となります。

「指導」を受け入れたいのか?

「指導」を受け入れたくないのか?

これによって、「指導をする人間」も力の入れ方に違いが出てきます。

ちなみに、「指導」受け入れたいと考えている人には若い人が多く、逆はお年を召した方が多いと感じます。

そして、「指導」を受け入れたいと考えている人は、何を教えても吸収が早く感じます。

これは単純に、やる気があるか無いか、「姿勢」の問題だと思われます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました