文章が長くなり分かずらい?!会話調を取り入れて簡潔な文章を作ろう!!

【PR】スポンサーリンク
4558社会人へのアドバイス
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

文章が長くなり分かりづらくなってしまう?!会話調を取り入れて簡潔な文章を作ろう!!

はじめに

文章を書くのは、難しい事です。

伝えたい事、記録しておきたい事、

様々な情報を取り入れるほど、表現に表現が重なり、

読みづらい文章が出来上がってしまいます。

それは、「結局、何が言いたんだろう?」とか

「読むのが面倒」と思わせ、

伝わらない物となってしまいます。

文章は、読まれる事が目的です。

読まれない文章では書く意味がありません。

絵や図形を入れて、なんとか分かり易くする工夫をしても、

文章が読みづらいと内容が伝わりません。

文章を簡潔にするにはどうすれば良いでしょう?

それは、会話調を取り入れた文章とする事です。

会話調を取り入れ、伝わりやすい文章を書ける様にしましょう。

会話調とは

「会話調」とは日常の会話で用いる言葉です。

会話で使用する言葉は、時代によって変化する場合もあります。

10年や20年で理解不能となる事はありませんが、

100年も経つと理解ができない可能性があります。

とはいえ、普段使いで難しい言葉を使わない限り、

誰にでも瞬時に伝える事ができるのが「会話調」の良い所です。

人に情報を伝えるという点に於いては、非常に便利な言葉となります。

文章に会話調を取り入れる

文章を書く時、どうしても丁寧な言葉を意識します。

「〜です。」「〜ます。」などを用いて言葉を締め括ります。

例えば、海の情景を

「空は青いです。」「雲は白いです。」「海が輝いています。」

という文章を書いたとします。

会話では、どの様に話しますか?

答えは複数あると思いますが、

例として「青い空、白い雲、輝いている海」で、

話す相手には伝わるでしょう。

そして、「〜です。」「〜ます。」を使用していません。

この様に、文章としてはかなりシンプルになります。

お仕事で文章を作成する場合、

やはり「〜です。」「〜ます。」は必要となりますが、

なるべく使用を控える事でシンプルで

伝わり易い文章とする事ができます。

会話調では一度に多くの情報を取り込まない

海の情景の「青い空、白い雲、輝いている海」では「青い空」「白い雲」「輝いている海」という3つの情報があります。

これくらいですと良いのですが、

さらに「高い波」「眩しい日差し」「強い風」「暑い砂浜」「多くの人々」「走り回る子供」「冷たい飲み物」「美味しい食べ物」

などの情報が加わると、

一気に意味が分からなくなりますし、

読むのも嫌になります。

日常会話でも、一つの会話の中に多くの情報は取り入れないでしょう。

多くても3つほどです。

おおよそ、人が瞬時に理解をできる情報はそれくらいなのです。

従って、「多くても3つ程度の情報」で

一つの段落にすると理解をしやすい文章となります。

なお、お仕事で解説書や説明書を書く際は箇条書きにするべきです。

海の情景として、以下の11個を挙げます。

  1. 青い空
  2. 白い雲
  3. 輝いている海
  4. 高い波
  5. 眩しい日差し
  6. 強い風
  7. 暑い砂浜
  8. 多くの人々
  9. 走り回る子供
  10. 冷たい飲み物
  11. 美味しい食べ物

多過ぎる情報は

「情報のテーマ」と「情報の内容」に

切り離す事で理解のしやすい文章となります。

作成した文章を読み上げる

文章に「会話調」を取り入れる為に必ず行って欲しい事があります。

それは「作成した文章を読み上げる」事です。

最終的に「会話調」として成り立つ文章

となっているのかを確認します。

もちろん、本当の会話の様に

「砕けた言葉使いは使用禁止」です。

「会話調」を意識する事により、

文章の「理解しづらいポイント」が見えてきます。

その部分を「話しやすい言葉」に置き換えることで

「理解しやすい文章」に修正をする事ができます。

その結果、誰にでも理解ができる文章となります。

できれば、声に出して読み上げた方が、

より「理解しづらいポイント」を見つける事ができます。

会話調で表現力をアピール

文章に「会話調」を取り入れるメリットとして、

「表現力をアピール」する事ができます。

「表現力」は「センス」や「個性」と言われている物です。

絶妙な改行位置や、絵や図の配置位置などは

「表現力」による物です。

同じ内容を現した文章でも

「表現力」の差で印象は大きく変わります。

「表現力」の高い文章は

ストレスなく読む事ができます。

もし、「表現力」に自信がない場合、

自分が理解できる文章を眺めてみましょう。

そして、その文章に近づける様に

文章を作成する練習をしましょう。

実際に手を動かさないと、

身に付ける事はできないのです。

文章作成能力から会話能力の向上へ

「簡潔な文章」を書ける様になる為に

「会話調」を取り入れます。

「会話調」を取り入れた文章に慣れてくると、

「簡潔にまとめられた会話」を行える様になります。

文章は「自分の頭で考えた結果」が

アウトプットされます。

会話も同様で「自分の考えた結果」を

アウトプットしているのです。

「書く」か「話す」かの違いなのです。

従って、「文章作成能力が向上すれば会話能力も向上」となり、

「会話能力が向上すれば文章作成能力も向上」していきます。

【PR】スポンサーリンク

simacatより一言

仕事で様々な文章を読んできましたが、

中には「お経」の様な文章を見かける事もありました。

記憶力が良い方は理解ができるかも知れませんが、

私には理解ができませんでした。

文章は書けば良い物ではありません。

誰にでも理解できる物である必要はありませんが、

せめて同じ職場の人間には理解ができる物である必要があります。

お心当たりのある方は、是非、「会話調」を取り入れ、

表現力を養って頂き、伝わる文章の作成に挑んで頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました