お仕事のやり方を見て盗む?!お仕事をより良くする為に優秀な人をトレースしてマネしましょう?!

11054社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

お仕事のやり方を見て盗む?!お仕事をより良くする為に優秀な人をトレースしてマネしましょう?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「お仕事は見て盗むもの」と言われています。

「盗む」という言葉は、「人の所有物を取り上げるイメージ」が強く、「印象の悪い言葉」です。

もちろん、「お客様を奪う」「技術を奪う」「市場を奪う」など、本当に「取り上げてしまう事」もあります。

これには、いろいろな主張や問題がありますが、今回の「見て盗むもの」は、「お仕事のやり方」となります。

これは、「自分より優秀な人を見て、お仕事のやり方を自分に取り込む」事となります。

そして、この「見て盗む」方法には、「トレース」や「マネする」という行動があります。

「トレース」や「マネする」事について触れますので、「お仕事を見て盗む」を実践して頂ければと思います。

自分のお仕事を「より効率的におこなう事」、そして「より高品質な成果となる事」を目標にして、やり方を改良して頂ければと思います。

[スポンサーリンク]

トレースとマネするの使い分け

「お仕事を見て盗む」為には、お仕事のやり方について、自分より優秀な人を「トレース」して「マネする」方法が一般的です。

「トレース」には、「なぞる」「追跡する」「痕跡を辿る」「動きをチェックする」などという意味があります。

すごく簡単にいうと、「対象を追う」「対象を観察する」事で、「対象を考えや行動を写し取る」という事となります。

お仕事のやり方での「トレース」は、「対象と同じ行動をする事」となります。

したがって、「トレース」には、「自分の考えは不要」となります。

これは、「自分より優秀な人の行動をどれだけ再現できるか?」となります。

そして、そのお仕事のやり方が「正しいのか?」「間違っているのか?」は、別のお話しとなります。

「マネする」とは、「真似をする」という行動で、「対象と似たような動作をする」「対象と似たようなフリをする」という意味になります。

「マネする」も「トレース」と同じように、「対象と同じ行動をする事」となります。

しかし、重要なのは、あくまでも「フリである事」です。

この「フリ」とは、「実際、どうかは分からない事を現実であるかのように行動する事(振る舞う事)」という意味です。

したがって、「マネする」とは「トレース」に比べて、「同じ行動の度合いが低い状態」となります。

しかし、「マネする」は、「同じ行動の度合いが低い状態」なので、「自分の考えを反映させる余地」があります。

お仕事を「マネする」とは、「対象となる、自分より優秀な人と同じ行動」を「自分の考えを元にして、フリをする事」となります。

そして、「トレースとマネするの使い分け」となります。

「トレース」は、「まったく同じ行動を目指す事」となるので、「自分の考えは不要な為、思考停止の状態」となります。

これでは、「お仕事のやり方を見て盗む」ではなく、単なる「あやつり人形」です。

「あやつり人形」とならない為に、「トレース」は、「対象を追う」「対象の観察をする」など、「情報収集を目的」と考えてください。

そして、この「トレース」により「収集された情報」を、「マネする事」に役立ててください。

「お仕事のやり方」は、あくまでも「自分の考え」に従うべきです。

「現状の自分の考え」では、「お仕事のやり方」に問題がある為、「自分より優秀な人をトレースする」事となります。

この「トレースをして得た情報」を「自分の考え」に取り入れてください。

もちろん、「自分の考えに間違いがある」なら、「考え方を変え、やり方を変えるべき」となります。

また、「自分の考えにはない発想があった」のならば、大いに「やり方に取り入れるべき」となります。

「トレースとマネする」を使い分けて、「自分の考え」に取り入れ、「やり方」に反映させて頂ければと思います。

お仕事のやり方を見て盗む時の注意点

「お仕事のやり方を見て盗む時の注意点」となります。

「お仕事のやり方を見て盗む」時、「トレース」により、「情報収集」をおこないます。

この「情報収集」が問題となる事があります。

当たり前ですが、「お仕事のやり方を盗む対象」は「自分よりも優秀な人」となります。

そして、これも当たり前ですが、「自分より優秀な人」は、自分ではありません。

さらに当たり前ですが、「考え方」も違います。

何よりも、「知識や技術は、自分よりも上の存在」となります。

したがって、「トレースによる情報収集」をおこなっても、「同じ行動をする事は、そもそも不可能」となります。

しかし、「そもそも不可能な事」について、例えば「能力不足に悩まされる事」があります。

これは、それでも「同じ行動をしよう」と考えてしまい、それができず、「自分の能力不足を痛感してしまう」事となります。

「自分の能力不足を痛感する」事は悪い事ではありません。

しかし、そこで「能力不足を補う行動」ができなくなる事が、一番の問題となります。

「自分の能力不足を痛感した」時は、「どこから自分の能力が不足していたのか?」を整理してください。

「不足している能力」が分からないと、「補う事」が難しくなります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「お仕事のやり方を見て盗む」事は、難しい事だと思います。

逆に、これが簡単にできる人は、「優秀な人」だと思います。

そもそもの「考え方の理解」ができていて、ある程度、「やり方の想像」もイメージできているはずです。

「考え方の理解」と「やり方の想像」は才能もあるのかも知れませんが、「日頃の努力の積み重ね」もあります。

「日頃の努力の積み重ね」は、「重い言葉」に感じますが、これは普段から「お仕事のやり方を考える事」「お仕事のやり方を想像する事」となります。

この「日頃の努力の積み重ね」に慣れておけば、これが「習慣」となります。

そして、この「習慣がある人」が、まわりから「優秀な人」と思われ、「お仕事のやり方を見て盗まれる存在」となります。

とはいえ、このような存在を目指す必要はありませんが、「日頃の努力の積み重ね」は、「自分が辛い想いをする事への対策」となります。

できれば、「日頃の努力の積み重ね」を実践して頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました