BIツール、BIシステムとはなんですか?!簡単にさわりだけご紹介?!情報を手に入れる仕組みです?!

11373社会人へのアドバイス
11373
スポンサーリンク

BIツール、BIシステムとはなんですか?!簡単にさわりだけご紹介?!情報を手に入れる仕組みです?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「BIツールとはビジネスの意思決定に利用するツール」などと言われております。

逆に「ビジネスの決定に利用できない」場合は、「BIツール」ではないという事となります。

すこし、屁理屈でしたね。

「BIツール」や「BIシステム」があっても、利用できないと意味がないという意味です。

ご自身のお仕事に役立つ「BIツール」や「BIシステム」をご利用して頂きたく、今回は簡単に触れたいと思います。

[スポンサーリンク]

BIツール、BIシステムとは

冒頭でも挙げましたが、「BIツール」や「BIシステム」とは、「ビジネスの意思決定に利用するツール」となります。

BIですが、「ビジネス・インテリジェンス」の略となります。

「ビジネス」とは、「お仕事」という意味で何となくイメージが湧くと思います。

問題は「インテリジェンス」となります。

「インテリジェンス」は、英語で「Intelligence 」となります。

「Intelligence」は「AI」でも使用されていますが、直訳すると「知識」という意味となります。

そして、「インテリ」などの言葉がある通り、「知識」のイメージから「知的」や「賢い」などの意味としても利用されています。

さらに「知識」その物はもちろんですが、「知識を与える物」「知識を授ける物」という意味も含まれています。

ここから、「情報収集」や「分析」も「インテリジェンス」という言葉で表現されています。

お話しが脱線しますが、アメリカの諜報機関で「CIA」という組織を耳にした事はないでしょうか?

これは、日本語で「中央情報局」で、英語にすると、「Central Intelligence Agency」で、略して「CIA」となります。

「CIA」は、国防に関する国外の情報を収集し、分析する機関となっています。

お話しを元に戻しますが、このように「インテリジェンス」には、「情報収集」や「分析」という意味も含まれています。

そして、「ビジネスインテリジェンス」とは、「ビジネスにおける情報収集と分析」となります。

この「ビジネスにおける情報収集と分析」を可能にするツールが、「BIツール」や「BIシステム」と言われている物となります。

さらに、「BIツール」は「情報収集」と「分析」をするだけではありません。

一番の肝は「分析結果」を「理解しやすい形で表現をする」事となります。

「理解しやすい形で表現をする」事が、理解力を早め、意志決定までの時間を短縮する事となります。

情報収集と分析、そして結果の出力

「BIツール」や「BIシステム」は「情報収集・分析・結果の出力」を一貫しておこなう仕組みとなります。

したがって、この仕組みを「表計算ソフト」などを利用して、作る事も可能です。

しかし、「表計算ソフト」では難しい点があります。

まずは、「情報量」となります。

「どれくらいの情報量が必要なのか?」は、「欲しい情報」である「結果の出力」から、さかのぼる事となります。

「結果として、何を知りたいのか?」をはじめに考えます。

例えば、「ある商品の1ヶ月分の売上」が知りたいのなら、ある商品の1ヶ月の売上のみの情報収集だけで済みます。

しかし、「ある商品の1ヶ月の利益も知りたい」となると、「売上と原価と費用の情報」が必要となります。

「全商品」となった場合は、さらに「情報量」が膨れ上がる事となります。

そして、「商品の1ヶ月の利益を知りたい」というのは、過去の実績となります。

それでは「未来はどうなるのか?」という疑問も企業では必要な情報となります。

これは「過去の実績」から「未来を予測」をする事となり、「環境の変化」「物価の変動」など、さまざまな情報がさらに必要となります。

こうして集められた、たくさんの情報を「ビックデータ」と言います。

このように、「分析」を深めれば深めるほど、「情報量」は多くなります。

この「情報量」の多さが、表計算ソフトでは扱う事が難しい点となります。

そして、この「多くの情報を分析し表現する能力」も表計算ソフトでは、力不足となります。

したがって、「情報の保存領域」「分析をする処理能力」「結果を表示する表現力」を考えると、「BIツール」や「BIシステム」が必要となります。

最近では、こうした「BIツール」や「BIシステム」は、クラウドサービス化されています。

「どの様な情報を知りたいのか?」によって、あらかじめテンプレートが用意されています。

そのテンプレートに従って、データを集めて投入すれば、自動的に分析され、結果が表示される仕組みとなっています。

特殊な分野でない限り、「BIツール」や「BIシステム」を扱っている会社には、ほとんどの業務をカバーできる、テンプレートが用意されています。

「BIツール」や「BIシステム」を選択する機会がある時は、「欲しい情報のテンプレートがあるか?」が基準となります。

そして、「多くのテンプレートが用意されている」というのも選択をする基準として頂きたいと思います。

スポンサーリンク

simacatから一言

「BIツール」や「BIシステム」を提供している会社の広告をみると、「一般にどのような情報が利用されているのか?」を知る事ができます。

ご自身のお仕事の中で、「必要な情報」について悩んだ時は、こうした会社の広告も「情報源」として利用して頂きたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました