いい意味で?!悪意がない事をあらわす魔法の言葉?!口癖になる余計な一言?!

10431社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

いい意味で?!悪意がない事をあらわす魔法の言葉?!口癖になる余計な一言?!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

会話の中で、「いい意味で」という一言を付けられる事はないでしょうか?

例えば、「いい意味で、個性的だね」とか「いい意味で、裏切られたよ」などです。

「いい意味で」の一言を付けられると、「悪い事は言われていない感じ」がします。

なんとも、「魔法のような言葉」です。

「魔法」が通じれば、会話をする相手に、「悪気がない事」を伝える事ができます。

これは、「相手に嫌な思いをさせない能力」となるので、「コミュニケーション」に利用する事ができます。

しかし、「使うタイミング」や「使う言葉」を間違えた場合、「魔法の効力」が発揮されません。

それどころか、相手を「不快な気持ちにさせる事」となります。

「いい意味で」とは、「コミュニケーション」に利用できる反面、「不快な気持ちにさせる事」があるなど、「リスクが存在する一言」となります。

すでに、口癖となっている人もいるかも知れません。

もし、口癖となっているならば、早めに癖を取り除く努力をするべきです。

そして、「リスクが存在する一言」は、利用しなくても済む会話を心掛けるべきです。

[スポンサーリンク]

いい意味で

会話の中で、「いい意味で」の使用は、相手に「悪い印象を与えないようにする事」が、目的となります。

会話では、お話しの流れから「良い事」なのか、「悪い事」なのかを「お互いが口にした言葉」から、「解釈」をしています。

そして、この「解釈の結果」で、「悪い事を言われた」とイメージすると、「不快」を感じます。

「不快」を感じると、「相手に対する印象が悪い状態」となります。

「相手に対する印象が悪い状態」になってしまうと、そのあとの「会話の解釈」は、「悪い印象」を受けやすくなります。

そして、ますます「相手に対する不快」が蓄積されていきます。

「相手に対する不快」により、会話は進まなくなります。

「相手に対する不快」により、できるだけ早く、会話の終了を望みます。

「相手に対する不快」により、その後も会話を避けるようになります。

この結果、会話をする機会がなくなってしまいます。

このような事をなくす為には、「悪い印象を与えないようにする事」が必要となります。

しかし、会話の流れの中で、「どのように解釈をして良いのか分からない言葉」があります。

当然、「悪い意味」で口にしたわけではありません。

しかし、「会話の解釈」は、言われた側がおこなう事で、「その人の考え方次第」となります。

したがって、会話は、相手が「良い事」にでも、「悪い事」にでも、「自由に解釈ができる状態」となります。

この時、「良い事」として、「解釈」をしてもらう為に、「いい意味で」をつけます。

「いい意味で」をつける事で、口にした言葉を相手に、「良い事として解釈をさせる事」ができます。

相手は、「良い事として解釈をする」ので、「悪い印象」を与えずに済んだ事となります。

「いい意味で」の一言をつける事で、相手に「不快と感じさる事」の回避が可能となります。

いい意味では万能ではありません

「いい意味で」を利用しても、「良い事として解釈をさせる事」が難しい場合があります。

例えば、「明らかに悪い事と解釈される言葉」には、「いい意味で」をつけても、意味がありません。

なぜならば、これらは、「明らかな悪口」となっている為です。

「明らかな悪口」は、すぐに「悪い事」と解釈され、そして、「悪い印象」となります。

「悪口」とは、「相手に対する罵り(ノノシリ)」「相手に対する蔑み(サゲスミ)」「相手に対する悪態(アクタイ)」です。

これらの言葉に、「いい意味で」をつけても「良い意味」にはなりませんし、相手はさらに「不快」を感じる事となります。

そもそも、「悪口」には、「良い意味」はありません。

もし、相手に対して「悪口」を口にしてしまった時は、すぐに謝ってください。

これは、「良い事」で「楽しい」と感じるスピードよりも、「悪い事」で「不快」と感じるスピードの方が早い為です。

すぐに誤ってから、「悪い事として解釈された言葉」について、言い訳やフォローをするようにしてください。

「いい意味で」が利用できないほど、「悪い事として解釈されてしまう言葉」は、忘れた方が賢明です。

「いい意味で」を使わなくても、「良い事として解釈される言葉」をたくさん覚えて、利用するようにしてください。

スポンサーリンク

simacatより一言

「いい意味で」と同じように利用されているのが、「普通に」となります。

「普通にカッコいい」「普通に美味しい」などです。

「普通に」がつく事により、少し「残念な感じ」になります。

「残念な感じ」とは、「悪い印象」となる言葉です。

「カッコいい」や「美味しい」は、「褒める言葉」で「良い言葉」となります。

それだけで「良い言葉」なのに、「余計な一言」を付ける事で、「悪い印象」になってしまいます。

こうした「余計な一言」は、「癖になりやすい言葉」でもあります。

オフィシャルな会話の中で、無意識に利用しないように、普段から使用しないように、意識をする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました