お仕事で自己表現と自己主張は必要ですか??自分の存在意義や存在価値を得る為には必要です!!

10462社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

お仕事で自己表現と自己主張は必要ですか??自分の存在意義や存在価値を得る為には必要です!!

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「自己表現」や「自己主張」は得意ですか?

お仕事の場面でやり過ぎると、「変な人」や「面倒な人」と思われてしまいそうで、「ちょっと苦手」と思う人もいます。

たしかに、あまりにも「熱い」と「引かれる存在」となります。

しかし、お仕事の場面では「自己表現」や「自己主張」は、必要な能力です。

「自己表現」や「自己主張」が苦手という人は、ゆっくりでも良いので慣れて頂き、お仕事に役立てて頂ければと思います。

[スポンサーリンク]

自己表現と自己主張

お仕事では、「自己表現」も「自己主張」も、必要な能力となります。

「自己表現」とは、「自分の中にある事を別の形にして、自分の外に表現をする事」となります。

これは、「自分の考え」や「自分の思い」などを、「言葉や物などであらわす事」となります。

「書籍」「音楽」「絵画」「彫刻」などの芸術作品などは、「自己表現の代表」ですが、「自己表現」は芸術家だけの特別な能力ではありません。

自分が「好きだ」と感じる事に近づく事。

自分が「嫌だ」と感じる事を遠ざける事。

これらは、「自分の考え」や「自分の思い」を表現している事となり、これらも「自己表現」となります。

一方、「自己主張」という言葉があります。

「自己主張」は、「自分の考えを相手に伝える行為」となるのですが、「自分の考えを押し付ける」「人のお話しは受け入れない」というイメージがあります。

「自己表現」と「自己主張」の違いとなりますが、「自己表現」は、あくまでも「自分の考えや自分の思いの表現」となります。

したがって、「伝える事が目的ではない」ので、理解されなくても問題はありません。

しかし、「自己主張」は「自分の考えや自分の思いを伝える事」が目的となります。

「自己主張」は、「自分の考え」や「自分の思い」が伝わるまで、続く事となります。

「自己主張」も「自己表現」のひとつなのかも知れませんが、それぞれ「目的に違いがある」点について、理解をしておく必要があります。

ちなみに、「自己主張」は、イメージが良くないのですが、いけない事ではありません。

これは、「自己主張が必要な場面が、存在するから」となります。

どうしても、「自分の考え」や「自分の思い」を伝える必要がある時は、「自己主張をおこなうべき」となります。

とはいえ、「自己主張」には、「過ぎた自己主張」という、問題があります。

「過ぎた自己主張」とは、「相手の事」や「まわりの事」を考えずに、ただ「自分の考え」や「自分の思い」を主張し続ける事です。

「自己主張」をする時には、まず「相手の事」や「まわりの事」を考えください。

それが、「過ぎた自己主張」を回避する方法となります。

なお、「自分に存在意義がない」「自分に存在価値がない」と、悩む人がいます。

もし、「存在意義を得たい」「存在価値を上げたい」と思うなら、まずは「自分が認識される事」について、努力をしてください。

「自己表現」にしても、「自己主張」にしても、「自分の存在」をアピールする事となります。

「自分の存在」をアピールする事で、「自分が認識される」事となります。

自分が認識されていないと、何をしても、「自分の存在意義や存在価値」には、結びつきません。

「自分が認識される事」が積み重なる事で、「自分の存在意義や存在価値」が、変化をしていきます。

自己表現も自己主張も要らない場面

お仕事では、「自己表現も自己主張も必要がない場面」が存在します。

例えば、「お仕事のやり方」となります。

ある程度、やり方が決まっている事に対して、「自己表現」や「自己主張」をおこなうと、それは「邪魔な行為」となる可能性があります。

「自己表現」や「自己主張」は、「自分の考え」や「自分の思い」となります。

すでに、「品質やスピード」など、申し分のないお仕事に対して、「自分の考え」や「自分の思い」を取り入れると、「品質やスピードの低下」となる場合があります。

この、「品質やスピードの低下」が「邪魔な行為」となります。

もし、お仕事に対して、「自分の考え」や「自分の思い」を取り入れるならば、しっかりと「調査」をおこなう必要があります。

なお、「調査」をおこない、必ず「品質やスピードが向上する」事が判明した場合でも、勝手に「お仕事のやり方」に取り入れないでください。

お仕事には、責任者や監督者など、「管理をしている人」が存在します。

その「管理をしている人」に対して、「自己表現」や「自己主張」をおこない、「お仕事のやり方」に取り入れて頂けるような行動をしてください。

もう一つの例えとなりますが、「お客様のご要望」となります。

お仕事では「お客様のご要望」は優先されるべき事柄です。

なぜならば、「お客様が対価を支払うから」となります。

お仕事では、「お客様のご要望」を聞いて、そこに「自分の考え」や「自分の思い」を取り入れます。

これは、正しい形です。

しかし、「自分の考え」や「自分の思い」が強過ぎてしまうと、「その方が良い」と決めつけてしまう事があります。

もちろん、「お客様に本当に良い事」ならば問題はありません。

しかし、「価格の上昇」「納期の延長」など、「お客様に本当に良い事とならない可能性」もあります。

これを回避する為にも、「お客様に本当に良い事」であっても、「お客様との合意」が必要となります。

「お客様との合意」をして、お仕事を進め、その結果、お客様が満足した時、「自己表現」や「自己主張」が、「価値のある物」となります。

スポンサーリンク

simacatより一言

「自己表現」や「自己主張」が上手な人は、「デキる人」というイメージを持ちます。

実際に、「デキる人」だと思います。

「自己表現」にしても「自己主張」にしても、「考えを表現して伝える事」はすごい能力だと思います。

「自分には無理」と思うかも知れません。

もし、「自分には無理」と思う場合、隠れてでも良いので、「デキる人」のマネをして下さい。

マネをする事で、身につく事が必ずあります。

あと、「自己啓発本などの書籍」に頼るのも良いと思いますが、これも「著者のマネ」となります。

「職場のデキる人」のマネをした方が、「職場のトレンド」にも敏感になれるので、メリットがあると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました