社会人としての自覚とは?!自覚が持てない?!自覚が足りない?!具体的に何を意識すれば良いのか?

10476社会人へのアドバイス
simacat.com
スポンサーリンク

社会人としての自覚とは?!自覚が持てない?!自覚が足りない?!具体的に何を意識すれば良いのか?

聞き流し用動画(YouTube)

はじめに

「社会人としての自覚を持て」「社会人としての自覚が足りない」などと、言われる場面があります。

主に職場で、お説教を受ける時などでしょうか。

色々な事を言われ、そして最後の締めとして「社会人としての自覚」が登場します。

「お説教を受けている点」「ダメだった点」は理解できても、「社会人としての自覚」については、疑問を持つ人が多いと思います。

「社会人としての自覚とは何か?」と聞きたいのですが、そういう空気ではありません。

「社会人としての自覚」について、簡単に触れますので、理解の足しにして頂ければと思います。

なお、お説教をされる原因により、色々な意味が含まれます。

したがって、「一般的な社会人としての自覚」となりますので、あらかじめご了承ください。

[スポンサーリンク]

自覚とは

「自覚」とは、「自分自身を自分自身で知る事」となります。

これは、「状態」「能力」「価値」など、「自分で自分を認識する事」「自分で自分を意識する事」などとなります。

また、「自分で感じ取る事」という意味でも使用され、「病気などの症状を感じ取る事」で「自覚症状」などの言葉もあります。

また、「自覚」は、「自分自身を自分自身で知る事」なのですか、「その結果、どう考えているのか?」「その結果、どうするのか?」などの答えを求められます。

言い換えると、「自分の事を伝える為には、自覚をする必要がある」という事となります。

社会人とは

「社会人」とは、「責任を持って、経済的自立をおこなう事」となります。

この「責任を持って、経済的自立をおこなう事」ですが、その前に「日本国民の三大義務」を挙げます。

  • 教育の義務
  • 勤労の義務
  • 納税の義務

この「三大義務」にて、日本で暮らす以上は、「勤労の義務」と「納税の義務」が課せられる事となります。

この、「勤労の義務」と「納税の義務」ですが、「教育の義務」により、より良い状態で「義務を全うする事ができる」為、この「三大義務」の関係性は、深いつながりがある物となっています。

ただし、「義務」とは、「道徳上、法律上で、おこなわなくてはいけない事」という意味なのですが、この「三大義務」については、「人権の保証」も憲法に存在している為、「強制」ではありません。

したがって、「三大義務」は、「可能な限り、できる範囲で果たす事柄」となります。

「責任を持って、経済的自立をおこなう事」に、お話しを戻します。

「社会人はお金を稼ぐ存在」と考えますが、その理由が「経済的自立」となります。

そして、「経済的自立」とは、「勤労の義務」と「納税の義務」を果たす事で成り立ちます。

この、「経済的自立」を継続的に続ける為には、「責任」が必要となります。

いくら、「勤労の義務」があっても、「責任を負えない人」に、お仕事を任せる事はできません。

したがって、「責任を負えない人」は、「経済的自立の継続が不可能」という事となります。

「社会人」とは、「責任を持って、経済的自立をおこなう事」でもありますし、これを「継続する事」でもあります。

そして、「社会人」について考える時、まずはこの「義務」を「根底」としてください。

「社会人」についての考えには、「哲学的な領域」が存在します。

この「哲学的な領域」を考えに加えてしまうと、考えをまとめる事が難しくなる場合があるので、注意をしてください。

なお、責任には「責任の重さ」という物があります。

例えば、入社早々の若い人に対して、「100億円の仕事の責任」は、荷が重過ぎます。

この場合、「社会人歴」が考慮されます。

「社会人歴」が長ければ、それまでの「経験」により、「ルールや常識が身についている」と思われる事となり、その「社会人歴の長さ」に応じた「責任」が課せられる事が、一般的です。

したがって、「責任」は、「社会人歴に見合う重さ」で、「ある」「なし」を問われる場面もあります。

社会人としての自覚とは

それでは「社会人としての自覚」をする為、「具体的にどのような事柄を意識するべきか?」となります。

これも、「哲学的な要素」が多く取り込まれる部分となりますので、「基本的に意識をするべき点」を挙げます。

これらの点を「自覚」して、お仕事をおこなって頂きたいと思います。

なお、あくまでも基本的な事柄となり、掘り下げていくと、さらに様々な事柄があります。

したがって、まずは「社会で円滑に活動する事を目的」として、一つ一つを意識して頂ければと思います。

「意識する事」が「自覚をする事」となり、「意識をしないと、自覚する事ができない」からとなります。

  • お仕事に対する責任感の意識:任された事は投げ出さず、自分のミスは自分のミスと意識する。
  • 仕事をしている意識:より良い物、より良いサービスを提供できるように努力を続ける事を意識する。
  • 自分に関わる全ての人や物に配慮する意識:人や物を傷つけない、壊さないようにして、関係や環境の悪化を防ぎ、良好な状態を続ける事を意識する。
  • 1人の人間として自立している意識:金銭的な事柄や体調管理など、自分自身で良好な状態を維持する事を意識する。
  • ルールを遵守する意識:法律、社会秩序、社則などの様々なルールを守り続ける事を意識する。
スポンサーリンク

simacatより一言

「社会人としての自覚はないのか?」と言われ、無理難題を押し付けられる事があります。

「社会人としての自覚」は、残念ながら「法律」に記されている物ではありません。

社会で活動する人の「個々の倫理観」に委ねられている部分があります。

したがって、自分自身でも、常に「社会人としての自覚」について、考えるようにして下さい。

そして、もし「倫理観」に疑問がある時は、納得ができるまで、お話し合いをするようにして下さい。

これは、「相手の倫理観が、間違っている可能性がある為」となります。

特に、社会人歴の長い人は、「誤った倫理観」「時代錯誤な倫理観」となっている場合があります。

「言われたから」と、その「誤った倫理観」「時代錯誤な倫理観」を自分に取り込んでしまうと、「社会人として意識するべき事」を間違えてしまう可能性があります。

そして、この間違いは、「社会人として自覚している事」に、影響してしまう事となるので、十分に注意をする必要があります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました