【2019年度最新版】仕事や勉強、おすすめの休憩方法とは?!

猫 社会人へのアドバイス

お勉強やお仕事で集中力が切れた時、合間に休憩をとると集中力が回復します。

人それぞれに自分にあった休憩方法があると思いますが、まだ知らない休憩方法があるかも知れません。

今回はGoogle検索にて「集中力が回復する休憩方法」というキーワードで検索を行い、上位5位でどの様な休憩方法が記載されているのかをご紹介致します。

各サイトの宣伝を目的としておりません、また順位の記載は致しません。

気になる方はGoogleの検索にてお調べ頂ければと思います。

【2019年度最新版】仕事や勉強、おすすめの休憩方法とは?!

体を動かす

座りすぎて体を動かさないと血流が悪くなり、脳に酸素が回らず、機能低下により集中力が切れてしまいます。

従って、体を動かす事は血流が良くなり脳の働きが回復する事で集中力も回復します。

体を動かすと言っても色々ありますが「立つ」「歩く事」や「ストレッチ」が気軽にできるので良いでしょう。

時間がある様でしたら外へ散歩に出掛けるなども良い方法の様です。

だいたい5分ほど体を動かすと血流が戻り効果的に休憩が得られるので、集中力を継続的に維持させる為には「55分毎に5分間」休憩を挟み体を動かす様に心掛けましょう。

瞑想

お勉強やお仕事の間、脳をフルに使用しています。

瞑想は疲れた脳を休憩させ、集中力を回復させる効果があります。

瞑想の方法ですが、本来であれば座禅を組むのが良いと言われていますが、お勉強中やお仕事中にその様な姿勢をとる事は難しいと思われます。

従って、座っていても良いので楽な姿勢でゆっくりと息を吸い、息をはくを繰り返します。

意識は呼吸に集中をさせて5分ほど、その状態を維持させましょう。

瞑想とは少し違うのですが「ボーッとする」事でも同様の効果はあると思われます。

昼寝

お勉強やお仕事の合間と言うよりも、お昼休みの時間の有効な休憩方法と言えます。

昼食を摂ると眠くなる方が多いのではないでしょうか?

理由は食べた物の消化に体力が集中する為と言われています。

その様な状態で無理に起きている必要はありません。思い切って寝てしまいましょう。

ただし、上限は20分です。

それ以上、寝てしまうと体内時計が狂ってしまい、夜に眠れなくなる可能性があります。

面白い記述がありました。それは昼寝をする前にコーヒーを飲む事です。

コーヒーにはカフェインが入っており、覚醒の効果があるとされていますが、その覚醒の効果が出始めるまでに20分ほどかかるそうです。

従って、昼食時の食後にコーヒを飲み、昼寝をする事により20分後に気持ち良く起きれると言う事です。

もちろん、個人差があると思いますが、試してみる価値はあるかと思います。

水を飲む

人は水分が不足すると集中力が低下すると言われています。

従って喉が乾いていなくても合間合間で水分の補給をする事で集中力を維持させる効果があるとの事です。

お勉強やお仕事の合間で1日に最低でも0.5リットルの水分は摂る様に心掛けましょう。

そして、気をつけなくてはいけないのが「糖分」です。

甘い飲み物は糖分を多く摂ってしまう可能性がある為、出来ればお水を飲むのが良いと思われます。

しかし味がないと寂しいと感じる様でしたら、なるべくシュガーレスの飲み物を選ぶ様にしましょう。

スマホはいじらない

休憩中、スマホでメールやSNSなどのチェックをしてしまいがちですが、スマホをいじってしまうと脳や目を休ます事ができなくなってしまいます。

結果、休憩をしている筈なのに疲れが取れておらず、集中力が回復しない状態となってしまうのです。

休憩は脳や目などの体を休め、集中力を回復させる事が目的ですので極力、スマホなどの外的な入力は避ける様にしましょう。

糖質を摂る

前述の「水を飲む」に対して反対の方法と思えますが、こちらは「糖質」です。

糖質は脳のエネルギー源と言われおり、炭水化物やヨールグルトなどから摂る事ができます。

休憩の合間に摂取すると集中力の回復に繋がりますし気分転換にもなりますので是非、お試しください。

くれぐれも「糖分」と間違えない様に注意してください。

コーヒーを飲む

「水を飲む」のと同じ様ですが、こちらはカフェインによる「覚醒」を目的としています。

また、水分も同時に摂る事ができるので効果的な方法と言えます。

繰り返しとなりますが、コーヒーを飲む際に砂糖などを入れてしまうと糖分の取り過ぎとなりますのでコーヒーを頻繁に飲む場合はシュガーレスを意識しましょう。

また、コーヒーは刺激性の高い飲み物です。

最悪、胃の粘膜を破壊してしまうので、お腹に違和感を感じる時はコーヒーを飲むのは控える様にしましょう。

音楽を聴く、テレビを観る

休憩中に音楽を聴いたりテレビを観る事は気分転換となり集中力の回復に繋がります。

尚、「音楽を聴きながら」や「テレビを観ながら」は逆に集中力が散漫となってしまう為、休憩である事を自覚していないと行なってはいけない方法となります。

どうしても淋しいと言う方は興味のない音楽やラジオを気にならない音量で流す様にしましょう。

掃除

意外かも知れませんが、掃除も休憩の良い方法です。

掃除をする事で無心となり脳に休息を与える事ができますし、体を動かす事もできます。

従って、お勉強やお仕事の合間に掃除の時間を挟む事で集中力の回復が行えます。

また、掃除をする事により身の周りが綺麗になります。身の周りが綺麗になる事により集中力を更に上げる事ができます。

食事

休憩の方法と言うと違和感があるのですが、人のエネルギーの源は食事により得る事ができるので、どの様に忙しくても食事を摂る様にしましょう。

また、食事を摂る事でお勉強やお仕事から離れる事ができます。

そして、脳や体を休めてエネルギーを補給し、集中力に必要な要素を蓄える事ができるのです。

食事をすると直ぐに眠くなる方がいます。

前述の通り、「食べ物の消化に体力が使われる」のは原因の一つなのですが、良く噛まないで食べる方がいらっしゃいます。

この様な方は食べ物の消化に「余計に体力を奪われる」為に通常よりも強い睡魔に襲われる様です。

もし、食後にどうしても眠くなると言う方は「良く噛んで食べる事」を試してみては如何でしょうか?

最後に

Google検索における5位までの休憩の方法でした。

知らなかった方法が有りましたら是非、お試しください。

休憩はあくまでも休憩です。本来、行うべき事がある上での行為と言う事を忘れない様にして下さい。

そして、集中力は25分ほど切れると言われています。

休憩を上手く挟んで上手に集中力を維持して頂ければと思います。

関連投稿

コメント

タイトルとURLをコピーしました