求職活動をざっくり解説?!次のお仕事探すにはどうすれば良いのか?!

【PR】スポンサーリンク
392転職
simacat.com
【PR】スポンサーリンク

求職活動をざっくり解説?!次のお仕事探すにはどうすれば良いのか?!

はじめに

会社を辞める事を考える時、殆どの方が次のお仕事について考えると思います。

今までのスキルを有効活用したい方、これを機に新しい事にチャレンジをしようと考える方、次のお仕事を探すにあたって軸となる考えはあるかと思います。

今回は「求職」、お仕事探しについて触れてみます。

お仕事を探す前に

雇う側の事を考えると新しく人を雇う事はそれなりにリスクがあります

面接をして簡単な人となりは分かるかも知れませんが実際に仕事に就いた時にどの様な立居振舞をするのか分からないのが本当の所です。

場合によっては職場が崩壊してしまう事もあるかも知れません。

そう言った観点から経験豊富でも年齢が高い方ほど嫌われる傾向にあります。

また、投資と言う面もあります。人を雇う際は始めのうちは戦力とはなりません。

自社の事業内容などを理解しお金を稼げる(もしくはそのサポートが完璧にこなせる)様になるまではある程度の月日が掛かります。

この期間は会社として成果をあまり期待せず給与などは投資と考えます。

そして、せっかく投資をしても10年程で退職となると投資を回収出来ない可能性が高いです。

転職が多い方や高齢者の再就職が中々難しいと言うのもこの辺りにあります

主な仕事を探すツール

ハローワーク

会社を辞めた後、大抵の方が耳にする公共職業安定所です。

最近はハローワークと言われています。

このハローワークでは失業保険の申請の窓口もありますので仕事を辞めた方は大抵訪れる施設となります。

勿論、お仕事の検索や紹介、相談も可能ですし職業訓練の案内もして貰えます。

インターネット

いわゆる転職サイトと言われています。

現在の転職サイトは機能が豊富です。

求職者の過去の検索条件などを分析し、その方に合った求人情報を知らせてくれます

便利な機能としては一度サイトへ履歴書や経歴書を作成しておけば、その情報を様々な企業に対して流用できる点です。

応募する度に履歴書や経歴書を作成する必要が無くなります。

転職サイトによっては担当者がついて様々なアドバイスを受けられる事もあります。

ハローワークと違い面接まではパソコンやスマホで対応できる為、時間が取りにくい際も利用ができます。(注意:ハローワークでも求人情報の検索はインターネットでも可能ですが応募は窓口のみとなっています。)

街中のポスターや親類友人知人の紹介

街中の飲食店やコンビニで求人のポスターが貼ってある時があります。

または親類や友人や知人からの紹介などある場合があります。

メリットとデメリット

ハローワーク

企業がハローワークへ求人募集をする際、掲載料は無料となっています。

従って掲載数は非常に多く、大企業から零細企業まで幅の広い情報で仕事の紹介を受ける事ができます

また気になった求人情報に対しては現在の応募状況などを相談員が一次窓口となり確認をしてもらう事ができます

色々と就職に向けてお手伝いをして頂けるハローワークですが、行政機関である側面があります。

企業が求人募集をする際は雇用機会均等法などを遵守する必要がある為、求めていない層を条件として記載する事ができません

例えば職種が事務員だとします。

この事務員を本来の希望は女性なのですが「女性のみ募集」をする事ができないのです。

年齢も同様に理由がない限りは条件を指定する事ができません

よって職種によっては面接をして頂いても採用は難しい場合があります。

また、企業の求人募集の内容と実際の勤務条件が異なるケースもあります。

無料で掲載ができるが故に少々いい加減な内容も掲載されているのが実態です。

インターネット

インターネットの使用に抵抗がない方やお仕事をしている方には向いているツールとなっています。

面接までの段取りは転職サイト側で行なって頂けるので面接の時間のみ都合をつければ就職活動(転職活動)を行う事ができます

デメリットとしては複数の転職サイトに登録してしまうと転職サイト側は機械的に処理が行われている為、メールや電話の対応が増えて面倒になります。

また求人情報が重複する場合もありますので注意が必要です。

転職サイトは1つか2つくらいの利用で留めておく事をお勧めします

ちなみに転職サイトへの掲載は有料となっています。

従って企業側も本気で募集をしていますので採用率はハローワークに比べて高いと言われています。

街中のポスターや親類友人知人の紹介

街中のポスターや親類友人知人の紹介は自分の生活圏内が職場となる事を十分に考える必要があります

通勤の利便性が良くなったり少々の時間であれば融通がきいたりします。

反面、職場や職場の方々がプライベートに踏み込んでくるケースがある事を覚悟しておく必要があります。

【PR】スポンサーリンク

simacatから一言

現在の有効求人倍率の元となっているのはハローワークの求人情報となっています。

そういう意味では色々と問題を抱えている状態をハローワークのお世話になった方は実感できるかと思います。

最後にフリーランスという選択肢です。

フリーランスで有名なのは軽自動車貨物などでしょうか?

あとはプログラミング作業などもあります。

大事な事は色々な選択肢と情報を持つ事だと思います。

自分にとって優位な立ち位置でお仕事を探して頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました